コーヒーを飲みすぎるとはげになる?それとも髪が生えてくる?本当のところは?


コーヒー。ご存じのとおり、カフェインが含まれている飲み物ですね。

コーヒー 飲みすぎ はげ

そのため、朝起きて眠気覚ましに飲まれる方や午後ちょっと一息入れたい時に飲まれる方など、いろいろですよね~。

ではなぜ、眠気覚ましといえばコーヒーなのでしょうか。それはコーヒーにはカフェインが含まれているからです。

カフェインがコーヒーや緑茶、ウーロン茶、紅茶に含まれている話は有名ですね。ですが、意外なことにココアやコーラにも含まれているんですよ~。

体にとってはどのような作用があるのかというと、覚醒作用が一番有名ですね。他には、一時的なものですが頭痛などを止める鎮痛作用もあります。

このように考えてみると、カフェインは体にとって良いのではないかと思います。しかし一方で、「コーヒーを飲みすぎるとはげになる」との情報を耳にしました!

反対に髪が生えてくるという情報もあるのですが、本当のところはどちらが正しいのでしょうか。

今回はコーヒーを飲みすぎるとはげになるのかどうか、どういう影響があるのかという点についてご紹介します♪

スポンサードリンク

コーヒーを飲みすぎるとはげになるって本当?

はげ。髪の毛が抜けてしまうことをそう呼びます。この原因は様々でそのひとつに亜鉛不足が挙げられます。

ではこの亜鉛不足とコーヒーの飲みすぎがどのように関わっているのでしょうか。

それはコーヒーに含まれるタンニンが亜鉛を体内に吸収する際に妨げてしまうからなのです。

コーヒーの飲みすぎで亜鉛不足に陥った結果、白髪や抜け毛の増加に繋がるんですね~。

他にも、コーヒーの飲みすぎは冷えを招いたり、睡眠の質の低下にも繋がります。

まず、身体の冷えとはげの関係についてです。カフェインには代謝を促進させる効果があります。

つまり、体温上昇効果があるということなので少量飲む分には体にも良いということですね~。

しかし、同時に利尿作用ももつ飲み物なので、

飲みすぎると反対に体温が低下し、結果的に冷え性の原因となります。

冷え性は手足の指先や頭皮まで血液がきちんと流れていないと起こります。

血流が悪いということは代謝が悪いことが原因です。そのため、毛根からの髪の成長が滞り、はげとなってしまうのです。

次に睡眠不足がはげにどう影響するかです。カフェインは摂りすぎると睡眠の妨げにもつながります。睡眠不足が髪の毛に与える影響とは、自分では分かりにくいものです。

髪の毛は日中は紫外線やストレスなど様々なダメージを受けていますが、そのダメージを回復するのは紛れもなく睡眠中です。

ということは、

睡眠時間が短い方やカフェインの摂りすぎによる睡眠不足の方の髪の毛は毎日きちんとダメージを回復できません。

よって結果的には睡眠不足もはげになる原因となりえるのです。

スポンサードリンク

上手に飲めば育毛の効果も♪

ここまでコーヒーの飲みすぎは髪の毛にとっても、身体にとっても良くないとご紹介してきました。

しかし、飲み方次第では実は育毛の効果も期待できるのです。この理由はアデノシンとクロロゲン酸が関係していると考えられています。

両方とも血行を良くする作用をもっています。特にアデノシンには育毛させる細胞に働きかけて髪の毛の成長促進作用があることが分かっています。

育毛

また、アデノシンは寝る直前や起きてすぐによく分泌されます。なので、分泌をカフェインに阻害されないように日中から寝る数時間前がコーヒーを飲む時間としてはベストです。

時間を守ったとしてもやはり飲みすぎると効果半減となってしまいますので、1日1~2杯を目途にしましょう。

今回はコーヒーの飲みすぎがはげとどのような関係があるのかについて、ご紹介しました。

コーヒーは飲みすぎなければ、はげには影響しない!むしろ、育毛効果も期待できるというわけですね~。

はげだけじゃなく、コーヒーの飲みすぎで、カフェインを多く摂取してしまうことで、身体が冷えたり睡眠不足になったりしてしまうので、摂りすぎにはご注意を!

カフェインは1日の摂取許容量が厳密に決められているわけではありませんので、きちんと自己管理をすることが必要となります。私もこれから、コーヒーで一息つきたいと思いまーす♪

2016年03月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ