ココナッツオイルは肌にどんな効果があるの?トコトリエノールとラウリン酸がポイント♪


最近健康に良いと話題になっているココナッツオイル。スーパーなどでもよく見かけるようになりましたよね。

ココナッツオイルが流行りだしてから、食用油の代わりに使うとか、コーヒーなどに混ぜて飲むとか、いろんな食べ方が知られるようになって、身近な存在になりましたね。

23423dc83d7c390fa6049cb4953eb810_s

このココナッツオイル、健康だけではなく、美容にもいい効果があるって、知ってましたか?しかも食べるだけではなく、に塗ってもいいんですよね。

敏感肌で、乾燥や肌荒れが気になる私としては、天然素材で肌がきれいになれば、言うことないのですが、本当に効果があるのでしょうか?

ココナッツオイルは肌にいいの?どんな効果があるのか、お知らせします。

スポンサードリンク

ココナッツオイルって肌にいい?トコトリエノールとラウリン酸に注目!

ココナッツオイルには、身体にいい成分がたくさん含まれているのですが、中でも注目なのは、トコトリエノールとラウリン酸です。

トコトリエノールは、ビタミンEの一種で、パームオイルやココナッツオイルなど、特定の植物油にしか含まれていない、貴重な栄養素なんですよ。

トコトリエノールには、強い抗酸化作用があって、増えすぎた活性酸素を抑えてくれる働きが♪病気の予防や、アンチエイジングにも効果があるんですって。

もう一つの栄養素、ラウリン酸は、中鎖脂肪酸の一種。母乳にも含まれている成分で、抗菌作用が高く、免疫力を高めてくれるのが特徴なんですよ。

ココナッツオイルの肌にいい効果は、次のとおりです。

美肌効果:
活性酸素を除去することで、しわを改善する。また、肌の水分を保つための、ヒアルロン酸を作る働きもあるので、お肌しっとり♪

美白効果:
シミの原因であるメラニン色素を作る、メラノサイトの働きを抑える作用がある。

紫外線防止効果:
塗ることで、肌のバリア機能を保持して、紫外線があたった時に発生する活性酸素を除去してくれるので、軽い日焼け止めにも♪

毛穴の黒ずみ改善:
肌に浸透して、黒ずみに直接働きかけ、古い角質を取り除く効果がある。

ニキビ、アトピーなどの改善:
抗菌作用があるので、皮膚についたウイルスや菌をやっつけて、肌トラブルを改善する。ただし、肌に合わなくて、ひどくなることもあるので、様子を見ながら使う必要がある。

ココナッツオイルって、肌にいい効果がいろいろあるんですね♪では、どうやって使うと効果的なんでしょうか?

スポンサードリンク

食べても塗ってもよし♪ココナッツオイルの効果的な使い方は?

ココナッツオイルって、食用に使うこともあれば、肌に直接つけて使うこともありますよね。肌に効果的なのは、どちらなんでしょう。

ココナッツオイルに含まれているトコトリエノールは、細胞膜に浸透しやすい性質があるので、食べても肌に効果が現れやすいんですって!

便秘にも効果があるので、食べることで老廃物を出してくれるから、中から肌もきれいに♪

また、ラウリン酸は、私たちの皮脂に含まれている成分とよく似ているので、肌に直接塗っても浸透しやすく、さらっとしたつけ心地に♪皮膚を保護してくれるんです。

つまり、食べても塗っても、肌に効果が現れるということなんですね。

使い方としては、料理やスムージーなどに入れて食べる他に、他の化粧品や乳液などと一緒に使ったり、ニキビや黒ずみが気になるところに塗ったりするといいですよ。

お風呂上りの清潔な肌につけると、肌を保護しながらハリのある肌に♪老化防止やしわ防止に効果的です。

抗菌作用もあるので、肌トラブルにも効果的♪ニキビやアトピーだけではなく、やけどや傷のケアなどに使っているという人もいるんですよ。

さらに、洗顔前に使えば、軽いクレンジングオイルにも。保湿効果もあるし、洗顔後も突っ張りにくいんです。

皮膚に浸透しやすく、べたつかないので、マッサージオイルとして使うのもOK!老廃物を流しながらお肌のケアもできるなんて、便利ですよね。

ただし、ココナッツオイルは、低温で固まりやすいという特徴があるんです。20℃以下になると、白く固まってしまうので、使いにくくなるんですね。

使う時には、湯せんで溶かしてから使いましょう。酸化しにくいので、製造から2年は持ちます。あらかじめ小分けしておくと、使いやすいですよ。

ココナッツオイルの選び方♪3つのポイント

ココナッツオイルって天然素材なので、敏感肌の人や赤ちゃんでも安心して使えるのがいい♪と思っていたのですが、結構品質にばらつきがあるのも事実。

d624af045b4566d3aaf0394ad3de5db4_s

せっかくなら、品質の良いものを選びたいですよね。何を基準にすればよいのでしょう?

低温圧搾されたもの
熱を加えると、せっかくの栄養分が壊れてしまいます。発酵分離法は、劣化しにくく栄養価が高いものが抽出できるのでおススメ♪

オーガニック認証のバージンオイル
農薬や合成肥料、添加物が使われていないので安心です。

フィリピンやスリランカ産のもの
国を挙げて管理や製造を行っているので、信頼できます。

質の良いココナッツオイルを選んで、うまく使えば、肌がきれいになること間違いなし?!早速試してみてくださいね。

2016年01月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ