チアシードの効果がある食べ方は?プルプル食感がポイント♪


最近よく話題になっているチアシード。美容にいいと評判で、女性の間で大人気ですね。

8b5cc19789792f2c6430cbe69daabe09_s

私も初めて見たときは、ゴマのような小さな粒で、「この種食べて、何かいいことあるの?」と半信半疑でしたし、飲み物に入れるなんて…とちょっと抵抗がありました。

勧められて、ドリンクに入れたものを飲んでみると、プルプルした食感が面白くて、デザート感覚で飲むのにいい♪

でもせっかくだから、チアシードの何が良いと言われているのか、ちゃんと知りたいし、できるだけ効果が上がる食べ方をしたいですよね。

チアシードの効果がある食べ方は?食べ方のポイントもお知らせします。

スポンサードリンク

チアシードの効果!ポイントはα-リノレン酸とグルコマンナン

チアシードは、中南米原産のシソ科の植物の種で、水につけると、水分を含んでゼリー状になるのが特徴です。

チアシードはたくさんの栄養分が含まれているんですよ。タンパク質、鉄分やマグネシウムなどのミネラル、ビタミンBなどを豊富に含んでいます。

その中でも特に注目されているのが、α-リノレン酸とグルコマンナンです。

α-リノレン酸は、オメガ3脂肪酸の1つで、体内では作ることができない必須脂肪酸です。だから、食事からとらないといけないんですね。

α-リノレン酸には、血中の中性脂肪を下げて、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞などを予防する働きがあるんですよ。他にも脳細胞を活性化したり、アレルギー疾患の改善にも効果が!

もう一つのグルコマンナンは、食物繊維で、こんにゃくなどにも含まれている成分です。便秘解消や体内の毒素を出してくれるので、美容やダイエットにも効果的!

水に浸すと膨らむ性質を持っていて、チアシードが水分を含むとプルプルになるのは、このグルコマンナンが多く含まれているからなんですよ。

水分を含むと10倍ほどに膨れて、腹持ちがよくなり、空腹を抑えてくれるんですよ。ダイエットにはピッタリ♪

つまり、チアシードは、血液を健康に保ち、アレルギー疾患を抑え、脳を活性化する健康的効果と、デトックス効果やダイエットも期待できる美容的効果があるんですね。

では、どうやって食べれば、チアシードの効果がより発揮されるのでしょうか?

スポンサードリンク

チアシードの効果的な食べ方は?

チアシードに含まれるグルコマンナンは、水分を含ませた状態で食べると効果があると言われているんですよ。水分を含むことで、活性化するんです。

水を含ませるときには、チアシード:水=1:9の割合で、2~12時間ほど浸しておく必要があります。寝る前に水に浸しておけば、翌朝はちょうど食べられる状態に♪

チアシードは無味無臭で、飲み物や食事に入れてもそれほど味は変わりません。食感はプルプル、ツブツブに変わるので、ちょっとしたアクセントになりますよ。

また、α-リノレン酸は熱に弱く、40℃以上の熱を加えると破壊されてしまうんです。ですから、チアシードは水を含んだ生の状態で食べるといいんですよ。

ダイエットのためには、スムージーやスープ、味噌汁などに入れるのがおススメ♪食前に食べると、お腹にたまるので、食事の量を減らすことができます。ドレッシングなどに混ぜて、サラダにかけるのもいいですよ!

少し塩分高めの食事をするときには、チアシードに含まれる食物繊維やカリウムが塩分を排出するお手伝いをしてくれるので、あんかけのようにして食べてもいいかも♪

便秘には、腸内環境を整えるヨーグルトと一緒に食べると効果的です。食感も変わっていいですよ。ヨーグルト100gに対して、チアシードのジェルが大さじ1杯程度が目安です。

3896822ba447f314843124e1351f10ae_s

私は手軽に、フルーツジュースなどに入れて飲んでみました。プルプル食感のデザートみたいで、美味しいですよ♪いろんな食べ方を試してみてくださいね。

発芽毒や食べる量に注意!

栄養豊富で、いろんな食べ物と合うチアシードですが、注意しないといけないことがあるんです。

実は乾燥したままのチアシードには、発芽毒と呼ばれるアブシジン酸が含まれています。玄米などにも含まれていて、乾燥した状態で発芽するのを抑制する働きがあるんですね。

これを摂取し続けると、免疫が低下したり、冷えやむくみが起こったりしやすくなると言われているんです。

アブシジン酸を無毒化するためには、10倍量の水に12時間浸しておくといいですよ。ジェル状にして食べることが大事なんですね。

長時間浸さないといけないなら、毎日作るのは面倒…という方は、まとめて作り置きしても大丈夫♪冷蔵庫で1週間ぐらいはもちます。

食べる量については、1日の摂取量は、乾燥したチアシードで大さじ1杯までにしておきましょう。食物繊維を多く含むため、食べ過ぎると消化不良を起こして下痢になることに!

それに、実は結構カロリーが高いんです。大さじ1杯で50kcalあるので、食べ過ぎるとかえってダイエットにはよくないですね。

正しい食べ方を守れば、身体にいい栄養がたくさん含まれているチアシード。うまく取り入れて、美容と健康に活かしてくださいね♪

2016年01月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ