新玉ねぎは水にさらすと栄養がなくなる? さらす時間と食べ方がポイント♪


産地によって違いはありますが、まもなく新玉ねぎが出回る頃になりますね♪

「新」とつくと値段が跳ね上がる野菜もありますが、新たまねぎはそれほど変わらないのも魅力。

1新玉ねぎ

普通の玉ねぎも好きですが、さらにみずみずしくて、甘さもあって、ちょっぴり刺激の強い辛さが苦手な私も美味しく食べれます。

ただ、時期が早い新玉ねぎなのか、生でそのまま子供が食べるにはちょっと辛すぎるかな?なんて思うことも…。

そこで、たっぷりの水に新玉ねぎをさらして辛味をとるのですが、「新玉ねぎを水にさらすのは栄養が逃げてもったいない!」とも聞きます。

限られた期間に生で美味しく食べるためにも、新玉ねぎの栄養面で効果の多い食べ方を知っておきたいですよね♪

そこで、新玉ねぎは水にさらすと栄養がなくなるの?新玉ねぎに多い水溶性の成分について調べてみました。

スポンサードリンク

新玉ねぎの栄養♪ 効果の多い硫化アリルってどんな成分?

新玉ねぎは、普通の玉ねぎと見てくれが違うので、全く違うもののように思うかもしれません。

しかし成分にほとんど違いはなく、新玉ねぎと普通の玉ねぎの主な違いは収穫の方法

普通の玉ねぎは、収穫後乾燥させている間に辛味が増しますが、新たまねぎは収穫後すぐに出荷されるので、品種にもよりますがそれほど辛くないのですよ。

ところで、玉ねぎは野菜としては糖質が多いこと、イオウ化合物が多く入っていることが特徴の一つ。

玉ねぎのツンとした匂いや辛味の正体はイオウ化合物なのですが、その中で代表的なのが硫化アリルです。

以前父が「玉ねぎは肝臓の解毒作用に良いんだ」と言って、毎日のようにスライス玉ねぎを食べている時期がありましたが、それも硫化アリルなどの栄養効果を期待してのこと。

また硫化アリルは、成人病やガンの発生を予防するなどの効果があるんですよ~。

さらにビタミンB1と結びついて、ビタミンB1の吸収を助け疲労回復を進める効果も♪

ただ、硫化アリルは水溶性なので、長く水にさらすとその分成分が流れ出てしまうのが難点。

そして新玉ねぎには、水に溶け出てしまう成分がほかにもあるんです…。

スポンサードリンク

水に溶け出すのを防ぐためにも水にさらすのは短時間で!

新玉ねぎには、ビタミンB1・B2・B6やビタミンC、カリウムなども入っています♪

中でもビタミンB6は割と多く含まれているのですが、そんなビタミンB群・ビタミンC・カリウムはどれも水溶性。

野菜の種類や切り方にもよるのですが、多くの場合5分間水にさらしただけでも、ビタミンCが20%~30%減少するというデータもあるんですよ!

このように、新玉ねぎには硫化アリルや水溶性ビタミンやカリウムなど、水溶性の成分が多く含まれているので、栄養のことを考えると、水にさらさない方が良いのです。

ちなみに、スライスした新玉ねぎを水にさらさないでなるべく広げて、15分間以上空気にさらす方法もおすすめ。

こうすると辛味が少しぬけるだけでなく、硫化アリルに酵素が働いて、さらに栄養効果が上がるというのです。良かったら試してみて下さいね♪

玉ねぎ2

でもそんなに待てなく辛味をもう少しとりたいし、新玉ねぎがシャキシャキするので、水にさらしたい。

そう思う方には、2~3分ほどなるべく冷たい水にさらすことをおすすめ!もともと辛味の少ない新玉ねぎなので、ちょっとさらしただけでも結構いけますよ♪

水にさらさず栄養の損失も防ぐ食べ方は?

今まで、新玉ねぎを水にさらすことが多かった私ですが、水にさらさなくても大丈夫というレシピもあるんです♪

それは新玉ねぎをできるだけ薄くスライスして、レンジでチンした豚肉と一緒にごまだれで食べるといというもの。

前に書いたように、新玉ねぎに含まれている硫化アリルは、ビタミンB1の効果をアップする働きがあるので、ビタミンB1の多い豚肉と栄養的相性もバッチリ!

また、新玉ねぎにドレッシングやポン酢をあえて食べるのも、水にさらさなくても食べやすくしてくれますね。

そして、一時期父がせっせと食べていた酢たまねぎも、水にさらさないで出来ますし、おかずのアクセントになりますし人気がありますよ。

切り方や調理方法によって、新玉ねぎの風味や食感が全く変わってきて、それも魅力の一つ。

でも、今年は栄養のことも気にして、水にさらさないで新玉ねぎを味わいたいと思います♪

2016年02月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ