緑茶の効果は薄毛にもあるの? カテキンと亜鉛の働きに注目♪


新茶も出回り、特に緑茶の美味しい時期になりました♪今の時期は温かい緑茶も良いですが、冷たくしてもさっぱりと飲めますよね。

この頃スーパーなどで、ペットボトルの緑茶をデモストレーションしているのをよく見かけます。

緑茶2

緑茶は風味が良いだけでなく、風邪の予防にもなり、肌への良い効果も期待できます。緑茶の効果は肌にもある?でもご紹介しました。

ところで、同年代のお友達から「緑茶は薄毛にも良いのよ」という話を聞きました。

髪の毛とタンパク質は大きく関係しているのはわかりますが、緑茶のどんな成分が髪の毛に良いのか気になります。

そしてそのお友達が言うには、緑茶は飲むだけでなく、髪をすすぐ時に使っても髪に効果があるそうですよ。

緑茶の茶葉は我が家に一年中あるので、気軽に試すことができそうです。

緑茶の効果は薄毛にも?緑茶のさらなるパワーを知るために詳しく調べてみました♪

スポンサードリンク

緑茶に入っているカテキンは薄毛対策になる? 活性酸素の発生と酵素の分泌を抑えるの?

髪の毛の悩みの内容は、性別や年齢によって変わってきます。私は髪の毛が以前より細くなってきたと実感中…。

男性も女性も薄毛を気にしている人が多く、男女とも幅広い年代で70%前後の人が、薄毛に悩んでいるというデータもあるんですよ。

薄毛に良いと言われている食べ物はいくつかありますが、飲み物で代表的なものは緑茶♪

緑茶に含まれているカテキン!このカテキンこそが薄毛に有効な成分なのです!

紫外線やストレスなどので活性酸素が過剰に発生すると、髪の毛を作るもとになる毛母細胞などの働きが弱まってしまい、それも薄毛の原因になります。

しかし、カテキンには活性酸素の発生を防ぐ抗酸化作用があるので、毛母細胞などがダメージを受けるのを防いでくれますよ。

また薄毛の原因には、偏った食生活や加齢もありますが、男性ホルモンも大いに関係しています。

男性ホルモン・テストステロンとⅠ型5αリダクターゼが結びついて出来たのが、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)。このDHTが作られることが薄毛の大きな原因に!

DHTが出来るのを阻止するためには、Ⅰ型5αリダクターゼの分泌を抑えることが大切になってきます。

そして、カテキンには酵素・Ⅰ型5αリダクターゼの動きを抑えてくれる働きがあるので、間接的に薄毛の予防になるのです。

ただ、緑茶だけを飲むのではDHTを減らすことが出来ないという説もあり、緑茶と豆腐などの大豆製品を組み合わせて、適量を摂るのがおススメですよ~。

スポンサードリンク

緑茶に含まれている亜鉛の髪の毛への効果は?

緑茶には抹茶ほど多くはないのですが、亜鉛が含まれています。そして、亜鉛は新しい髪の毛を作るのにとても大切な成分。

それは、髪の毛は主にタンパク質(ケラチン)からできていますが、ケラチンの合成には亜鉛が必要だからです。

したがって亜鉛が足りないと、新たに健康な髪の毛が作られないので、薄毛を招くことになりかねません。

そして亜鉛にも、先程出てきたⅠ型5αリダクターゼの分泌を抑える働きがあるのですよ♪

さらに亜鉛には、髪の毛の新陳代謝を良くする効果も。ただ亜鉛は体内で吸収されにくい成分でもあります。

吸収率を高くするには、緑茶だけを飲むのでなく、肉・魚・卵など動物性タンパク質を多く含んだ食品や、ビタミンCを含んだものを摂ると良いですよ~。

緑茶で髪をすすぐと薄毛に効果はあるの?

今まで緑茶を飲んだ時のお話をしてきましたが、緑茶を頭に直接かける方法もありますよ。

Ⅰ型5αリダクターゼの多くは頭皮の皮脂腺で分泌されるので、直接頭皮に緑茶をかけると、さらに5αリダクターゼの分泌を抑えることが期待できます。

緑茶1

また、カテキンには抗菌作用があるので、頭皮を清潔にしてくれますよね。

緑茶で髪の毛をすすぐ方法は簡単!人によって方法は違うのですが、シャンプーに冷ました緑茶で軽くすすいでいる方が多いです。

  • 緑茶を急須でいれる
  • 市販のペットボトルを使う
  • 粉末の緑茶を使う

緑茶はどのタイプでも大丈夫ですが、濃い方がカテキンが多く含まれているので良いですよ。

また肌に合わず、すすいだ後に頭皮が赤くなってしまう人もいるので、様子を見ながらやってみて下さいね。

個人差もあり効果もすぐには出ませんが、それほど費用もかからず、緑茶を飲んだりシャンプー後に使ったりで、薄毛の対策になるなら嬉しいですね♪是非試してみようと思います。

2016年05月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ