冷麺のカロリーと糖質は多いの?ダイエット中の食べ方はコレ!


今年もまた、暑いがやってきましたね。地域差はありますが、もうほとんどの場所で真夏日や猛暑日になったというところもありますよね~。

これからもっと気温が上がって真夏になっていきますが、暑すぎるせいで食欲も落ちますよね。

何か食べなくてはならないのは分かっているけれど、面倒だから手軽に済ませたいと感じることもあります。

その理由からなのか、夏はよく冷麺で軽く済ませようということもよくあります。

冷麺 カロリー 糖質

たしかに冷麺だとさっぱりしていて見た目からもヘルシーに感じますよね。そのせいか、冷麺はダイエットにもつながりそうと思われがちなんです。

しかし、それは大きな勘違いです!冷麺はカロリーや糖質が意外と高く、驚かれることも多い食べ物なんです!

食べ方によってはインスタントラーメンよりもカロリーが高くなるので、注意が必要です。

そこで今回は、冷麺のカロリーと糖質が高い理由について、ダイエット中と夏バテ対策の食べ方と合わせてご紹介します。

スポンサードリンク

冷麺のカロリーが高い理由とは?

手軽に食事を済ませたい夏には欠かせない冷麺ですが、見た目と軽いのどごしから低カロリーだと思われがちです。

しかしこれは大きな間違いで結論から言うと、冷麺はカロリーの高い食べ物なんです!

冷麺を食べるときに韓国冷麺や盛岡冷麺を食べるというこだわりがなければ、たいてい中華麺を使いますよね。

韓国冷麺であればそば粉が主に使われた麺であったり、盛岡冷麺であれば白いコシのある麺を使うので違いがあります。

しかし、中華麺の原材料はほとんどが小麦粉なんですよね。そのため、1玉あたり約500kcalと菓子パン並みに高カロリー食品だというわけです。

もちろん量にもよりますが、1玉の量が大きいものは揚げて売っているインスタントラーメンよりもカロリーが高いということもあるので驚きですよね。

なのでのどごしが良くてさっぱりするからという理由で、食事の締めに冷麺を食べるというのは太る原因にもなるんですよ!

麺だけで約500kcalもあり、具をのせると約200kcalは上乗せされることを考えると冷麺だけで相当なカロリーになります。

1日2000kcalくらいの摂取量でちょうど良いという人であれば、冷麺だけで十分1食分に相当しますよね。

食事の締めに冷麺を食べるのは確実にカロリーオーバーであることが分かりますよね。

冷麺の糖質が高い理由とは?

冷麺によく使われる中華麺は小麦粉が原材料であることが多いとご紹介しました。

大半は小麦粉から作られていて、その他、韓国冷麺には主にそば粉が含まれているので見た目は黒っぽいです。

そして盛岡冷麺は白いコシのある麺を使うとご紹介しましたが、この麺も原材料は中華麺同様、小麦粉が多く使われています。

ここまでいえば、冷麺には炭水化物、つまり糖質が高いことが想像できますよね。

冷麺の糖質が高い理由は、原材料が炭水化物の多く含まれているものから作られているからなんですね。

手軽に食べられることから一見ダイエットに効果があるように感じますが、冷麺はカロリーも糖質も高いのでダイエットには不向きなんです。

スポンサードリンク

冷麺のオススメの食べ方をご紹介♪

冷麺がカロリーも糖質も高いことは分かったけれど、夏になるとやはり1度は食べたくなりますよね。

そこでダイエット中だけどどうしても冷麺が食べたいという時には、上にのせる具を一工夫することをオススメします。

要は栄養素のバランスがとれているかどうかなので、ダイエット中であればカロリーの低いワカメなどの海藻類やトマトやキュウリなどの野菜を多く使うのが理想ですね♪

または具材も一工夫しつつ、使う麺を中華麺ではなく低カロリーなものに変えるというのもアリです♪

そして、夏バテ対策で冷麺を食べる時にも工夫のしかたがあります。ダイエットの時と同じく、具材の栄養素のバランスを整えることがポイントです♪

炭水化物ばかり摂りすぎてビタミンB1を同じくらい摂らないときちんと糖質を代謝できなくなります。

すると、筋肉を分解してエネルギー源を作り出すことになるので、結果として夏バテということになるんです。

そうならないように、冷麺を食べる時にはビタミンB1を多く含んだ豚肉を具材に使うのがオススメです。

冷麺 カロリー 糖質2

夏なのでさっぱりと食べたいというのであれば、豚肉をしゃぶしゃぶ風に火を通したものを麺の量に合わせてのせられてみるといいですね。

さらに夏向きのさっぱりした味付けなら、味噌だれの他に梅肉を使われるのもオススメですよ♪

ということで夏に1度は食べたくなる冷麺ですが、ダイエット中でも夏バテ対策でも栄養素のバランスを考えて食べるようにしたいですね♪

2016年07月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ