お盆の料理で肉や魚を食べないのはなぜ?お盆の風習をご紹介♪


そろそろ近づく夏休み。夏休みの思い出といえば、海水浴、セミ採り、家族で旅行、里帰り、お盆の墓参り、などなどありますね。

特にお盆の時期の帰省は、家族が集まる一大行事になっている家庭も多いのではないでしょうか。私は、両親のふるさとで夏休みを過ごすのがとても楽しみでした。

5333eff7b08b3b3cf77b50cb79c53e3b_s

最近では、お盆にはみんなで集まってご馳走を食べるというのが定番になっていますね。でも私の子どもの頃は、お盆と言えば質素な食事で、豪勢なお正月に比べて物足りなく感じたものです。

地域によって細かい習慣は異なりますが、日本では昔から「お盆には肉や魚は食べない」という風習がありました。それってどうしてなんでしょうか?

最近では気にせず食べている人も多いですが、昔ながらの習わしからは離れがちな毎日、お盆の風習についてちょっと振り返ってみるのもいいですよね。

お盆の料理で肉や魚を食べないのはなぜ?お盆のいわれについてご紹介いたします。

スポンサードリンク

お盆ってなんだろう?

お盆とは仏教における「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の略称で、仏様や先祖の恩に感謝して、お墓参りやおもてなしをする行事なんです。

もともと日本には仏教を信仰する人が多かったこともあり、一般的な行事として定着していったと思われます。

旧暦では7月15日でしたが、新暦にかわり、夏休みの時期に合わせ、農業で忙しい時期を外すために月遅れの8月になることが多いです。

今は、一般的に8月13日~16日がお盆とされています。お盆には、亡くなった人の霊が帰ってくるといわれ、各家庭では家族みんなが集まってお迎えし、故人を偲ぶというならわしがあります。

13日に家の前に提灯を下げたりして「迎え火」をたいて霊を迎え入れ、毎日料理やお供え物を絶やさず、お経を上げ(棚経)、16日に「送り火」をたいて霊を送り出すのです。

そういえば、田舎のお盆はいつもこんな流れでした。長い間、脈々と受け継がれてきた風習なんですね。

お盆の料理にはこんな決まりごとが!食べてはいけない食材は?

お盆にはいろんな準備をするのですが、中でも料理は、住み慣れた家へと帰ってくるご先祖様や亡くなった人の霊を迎え、一緒にいただくためのごちそうです。

実はお盆のお料理には、仏教の習わしに準じたいろんな決まりごとがあるんです。どんなものを用意すればいいのでしょうか?

仏教には「五戒」という教えがあり、その中で生き物の殺生が禁じられています。ですから特にお盆の期間には、肉や魚といった動物を口にしないのが習わしになっているのです。

ですからお盆のごちそうは、肉や魚を使わず、豆や野菜、海藻、果物などを用いた精進料理を準備します。

出汁にも、鰹やいりこなどの動物性の食材は使わず、昆布や干しシイタケなどの植物性の食材を使うんですよ。

地域によって内容は異なりますが、精進料理は二汁五菜にご飯と漬物を添えるのが正式なお膳の形だと言われています。

精進料理には「五」の調理法というルールがあり、五つの食材の色や味付け、調理方法を組み合わせて調理します。

五味(味付け)・・・甘い、辛い、苦い、酸っぱい、塩辛い
五色(食材の色)・・・赤、黄、緑、白、黒
五法(調理法)・・・生、煮る、焼く、揚げる、蒸す

また、精進料理には「五辛(ごしん)」「五葷(ごくん)」と言って、食べてはいけない食材があるんです。

五辛は辛みのある野菜、五葷は臭みのある野菜のことで、「にら・ねぎ・にんにく・らっきょう・たまねぎ」のことなんです。

これらは食べると精力がつくので、修行中のお坊さんの情欲や怒りの感情が増してしまうのを防ぐためだと言われています。

ご先祖様をお迎えする料理には、品数や食べてはいけないものなど、いろんな決まりごとがあるんですね!

スポンサードリンク

お盆の料理はこんなものを用意しよう♪

こんなにいろんな決まりごとがあったら、料理を準備するのが大変!と思いませんか?でも実際には、和食でよくあるお惣菜などをイメージするといいんですよ。

主食には、白飯や赤飯、いなりずしなど、汁物はお吸い物やけんちん汁など、漬物は野菜の浅漬けやぬか漬けを用意しておきましょう。

おかずにはがんもどきや野菜の煮物、野菜の天ぷら、高野豆腐、酢の物、煮豆、白和え、胡麻和えなどがあるといいですね。

つまり、日ごろからよく食べている和食で、肉や魚を除いたものを用意すればいいということなんです。そう考えると、準備するのもそれほど苦にはならないかも♪

贅沢するのではなく、質素な食事をご先祖様と一緒にいただくことで、生かされていることを感謝するということが大事なんでしょうね。

お盆のお供えは他にも!ご先祖さまへの願いをこめて準備しよう♪

ご先祖様をお迎えするにあたっては、料理以外にも準備することがあります。まずは掃除!家の中、玄関、仏壇などをキレイにして、ご先祖さまを気持ちよくお迎えしましょう♪

430ca2d136b00322761a14b9275cc5ba_s

そして、お供えするのは次のようなものがあります。

<精霊馬>
きゅうりやなすを使って、割り箸やつま楊枝などで足を作り、馬や牛の姿にみたてて作ります。

きゅうりは迎え馬としてあの世から早くこの世へ戻ってこられるように、なすは送り牛としてたくさんのお供えを積んでゆっくり楽にあの世へ戻れるように、という願いがこめられているんです。

<お団子>
13日は「迎え団子」としてあんこ付き、15日はそうめん、16日は極楽浄土へのお土産である「送り団子」として白いお団子をお供えします。

<盆花>
ハスには「花をとしてご先祖さまが帰ってこられる」という願いが、ほおずきには「道を照らすちょうちんになる」という願いがこめられています。

<水の子>
なすやきゅうり、人参などの野菜をサイコロ状に切って水にひたしたお供えも用意します。これは、これまで自分へつながるご先祖さま皆にさかのぼって、お供えするものです。

この世に生を受けて、こうして生きてこられたことを感謝することはとても大切だと気付かされます。そして、もう誰も供養にきてもらえなくなった魂にも皆で供養しようという優しい心遣いを感じますね。

今では「まとまったお休みが取れる期間」ぐらいの認識のお盆ですが、こうやって古くから伝わり、受け継がれてきたお盆について少し知ることができると、また違った思いでお盆を過ごせそうですね。

年に一度、先祖に思いをはせ、感謝する心を思い出すことも大切なことかもしれません。おうちやご親戚のお盆の習わしを知って、供養してみてはいかがでしょうか。

2016年06月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ