お盆にはどんな料理やお供えをするの?願いや感謝をこめて準備しよう♪


そろそろ近づく夏休み。夏休みの思い出といえば、海水浴、セミ採り、家族で旅行、里帰り、お盆の墓参り、などなどありますね。私は、両親のふるさとで夏休みを過ごすのがとても楽しみでした。
37b4022aa275917352120dc63ae046f4_s
祖父母はお盆が近づくと、毎年同じ食べ物を用意していました。きなこをまぶした団子、新鮮な野菜を折詰につめたもの、小豆ごはんなどを記憶しています。

祖母は「これはご先祖さまにお供えするんよ」といつも話していました。野菜の折詰は、仏壇にそなえたり、近くの浜辺に持っていってお盆が過ぎると下げてくる、というのを毎年していました。

方法は地域によって異なりますが、日本ではこのような風習があります。昔ながらのならわしからは離れがちな毎日、お盆の風習についてちょっと振り返ってみたくなります。

そこで今回は、お盆の料理やお供えはどのようなものがあるのかについて、ご紹介いたします。

スポンサードリンク

お盆ってなんだろう?ご先祖の霊を迎える準備やお供え物は?

お盆とは、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の略称です。旧暦では7月15日でしたが、新暦にかわり、夏休みの時期に合わせたり、農業で忙しい時期を外すために月遅れの8月になることが多いです。

今は、8月13日~16日にお盆とされています。お盆には、亡くなった人の霊が帰ってくるといわれ、各家庭ではお供え物などでお迎えするというならわしがあります。

13日の夕方、家の前に提灯を下げたりして「迎え火」をたいて霊を迎え入れ、15日にお経を上げ(棚経)、16日に「送り火」をたいて霊を送り出すのです。

そういえば、田舎のお盆はいつもこんな流れでした。長い間、脈々と受け継がれてきた風習なんですね。

お盆の料理はどんなものを用意するの?精進料理でご先祖様をおもてなし!

お盆にはいろんな準備をするのですが、中でもお料理はどんなものを用意するんでしょうか?住み慣れた家へと帰ってくるご先祖様や亡くなった人の霊を迎えるためのごちそうです。

お盆のごちそう、それは二汁五菜の精進料理です。地域によって内容は異なりますが、殺生をしないという仏教を教えに従って、植物性の食材を使って料理を作ります。調理法には、あるルールがあります。

精進料理の「五」の調理法

  • 五味・・・甘い、辛い、苦い、酸っぱい、塩辛い
  • 五色・・・赤、黄、緑、白、黒
  • 五法・・・生、煮る、焼く、揚げる、蒸す

出汁にも、昆布や干しシイタケなどの植物性の食材を使って、使える植物性の食材を組み合わせて作ります。

主食には、白飯や赤飯、いなりずし、おかずにはがんもどきや野菜の煮物、高野豆腐、酢の物、煮豆、白和え、汁物などをそろえます。

スポンサードリンク

お盆のお供えは?ご先祖さまへの願いをこめて準備したい!

まず、お供えをする前にキレイに掃除をします。家の中、玄関、仏壇など、ご先祖さまを気持ちよくお迎えするためですね♪そして、お供えするのは次のようなものがあります。

精霊馬
きゅうりやなすを使って、割り箸やつま楊枝などで足を作り、馬や牛の姿にみたてて作ります。きゅうりは迎え馬としてあの世から早くこの世へ戻ってこられるようにという願いが込められています。

なすは送り牛としてたくさんのお供えを積んでゆっくり楽にあの世へ戻れるようにという願いがこめられているんです。

お団子
本来は毎日同じものはお供えしませんが、最近は日替わりではないことも多いです。13日は「迎え団子」としてあんこ付き、15日はそうめん、16日は「送り団子」として白いお団子をお供えします。

送り団子は、これを極楽浄土へのお土産にしていただこうという気持ちがこめられています。私たち日本人は、とても温かい心遣いを忘れないようにしてきたんですね。

ご先祖さまの道中を見守る盆花や感謝の気持ちを捧げる水の子

お盆が近づくと、ハスやほおずきなどをお店で目にするようになります。これらは盆花として飾られます。

ハスには「花を船としてご先祖さまが帰ってこられる」という願いが、ほおずきには「道を照らすちょうちんになる」という願いがこめられています。毎年目にするお盆の花も意味を知ると感慨深いですね。
a219a1b6b4cfbeae112127301742dcdb_s
また、水の子というなすやきゅうり、人参などの野菜をサイコロ状に切って水にひたしたお供えも用意します。これは、これまで自分へつながるご先祖さま皆にさかのぼって、お供えするものです。

この世に生を受けて、こうして生きてこられたことを感謝することはとても大切だと気付かされます。そして、もう誰も供養にきてもらえなくなった魂にも皆で供養しようという優しい心遣いを感じますね。

いかがでしたか?お盆の料理やお供えについて、ご紹介しました。古くから伝わり、受け継がれてきたお盆について少し知ることができると、また違った思いでお盆を過ごせそうですね。

是非、おうちやご親戚のお盆の様子も楽しんでくださいね。

2016年06月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ