全粒粉とは? 栄養とカロリー♪


全粒粉なんて読むのよ…っと焦ってしまいました。全粒粉は「ぜんりゅうふん」と読むらしく「ん?」と思ったんですが、全粒粉は英語でWhole Wheat Flourの事だと判明してやっとピンっと来ました。

ここアメリカでもWhole Wheat Flour の商品の人気は高く、ご飯・パン・クラッカー・シリアル・お菓子などにWhole Wheat Flourが用いられています。

a1180_010298

しかしジャンクフード大国アメリカ! 砂糖・油を大量に使っている食べ物が、まだたくさん世に出回っています。その影響から健康被害が出ており、肥満問題が重視されています。

最近では大人の肥満問題だけではなく、子供の肥満問題が問題になっており、学校の給食のカロリーの見直しやソーダやお菓子の自動販売機の排除などが進んでいます。

その影響からかスーパーにも健康的な食べ物が出回るようになってきました。息子の学校でも食べ物の選び方みたいな授業があります。

通常の小麦粉よりもWhole Wheat Flourを選ぶように進めているなど、健康に注目が高まっています。

でもなぜ健康的な食生活を考えるときに、Whole Wheat Flour(全粒粉)が注目されているんでしょうか? 全粒粉とは? 栄養とカロリーは? どうなんでしょうか?

スポンサードリンク

全粒粉とは?

全粒粉とは表皮・胚乳・胚芽をつけたまま製造され混ぜ合わせた小麦粉で、栄養価が高く食物繊維が通常の小麦粉の3倍以上はあると言われています。

全粒粉でパンを作ります♪

色も通常の小麦粉より茶色くザラザラしているのが特徴的です。パンケーキやワッフルを作るときに、Whole Wheat Flourを使用すると独特な歯ごたえが残り、小麦粉とは違う食感が楽しめます。

スポンサードリンク

全粒粉の栄養

全粒粉の人気の秘密はやはり安全面と栄養面だと思います。

安全面でいうと小麦粉の弱点として、倉庫に置かれていたり運搬されている間に、小麦粉に含まれているミネラルや食物繊維が失われてしまいます。

その弱点を考慮して工場で人工的に栄養を小麦粉に混ぜて製造していると言われています。

自然に栄養価が含まれているのではなく、人工的に栄養が足されるわけですから、安全なのか? という観点からいくと疑問が残ります。

そして残念な事に人工的に栄養を足しても、時間が経つと栄養が失われてしまいます。

人工的に栄養を足して製造される小麦粉とは逆に、全粒粉は人工的に栄養は足していなく、時間が経ってもミネラル・食物繊維・ビタミンは、失われにくいと言われています。

このような特徴から全粒粉は、小麦粉よりも栄養価が摂れると注目され。同じ食べ物を食べるなら全粒粉の商品のほうが健康的と注目されています。

全粒粉は健康的だけど…

全粒粉は健康的と注目されていますが、やはりトリックは隠されています。いくら全粒粉は健康的だからっといって、摂りすぎてしまっては炭水化物ですから逆効果です。

そして全粒粉と記載されている商品でも、全粒粉60パーセントで小麦粉が40パーセント含まれている商品もあります。

a1180_008055

購入する際にはしっかり確認して全粒粉100パーセントの商品を選びましょう。

全粒粉100パーセントを選んだら次はグルテンスターチ砂糖の分量の確認をしてください。全粒粉はグルテン量が少なく、足している事があります。

最近ではG-FREE商品としてグルテンフリー商品が出ていますが、グルテンフリーなのにスターチが大量に足されている場合があるので注意が必要です。

しっかり記載を確認して安心できる全粒粉100パーセントの商品を購入してください。

全粒粉のカロリー

全粒粉のカロリーは100g当り330カロリーと言われています。小麦粉は少し高めの368カロリー。あれ? カロリー同じぐらいじゃん!と思いませんか?

a1180_001748

しかし同じぐらいのカロリーでもミネラル・ビタミン・食物繊維・ポリフェノールは全粒粉のほうが小麦粉より多く含んでおり、同じカロリー摂取ですが栄養を多く摂取出来るのは全粒粉なんです。

そして全粒粉は最新のリサーチで糖尿病・高血圧そして癌の予防にも繋がると言われています。同じ炭水化物を食べるなら、断然全粒粉を選んだほうが健康的です。

全粒粉と小麦粉の違い

全粒粉と小麦粉の違いは大きく分けて3つあります。まず製造法・栄養そしてカロリーです。

小麦粉は表皮・胚乳・胚芽を取り除き製造され企業によっては栄養を人工的に足しているものです。

全粒粉は表皮・胚乳・胚芽を取り除かず製造されていて、小麦粉とは違い栄養価が失われにくい為、人工的に栄養を足される可能性が低いもの。

全粒粉にはミネラル・ビタミン・食物繊維・ポリフェノールが多く含まれているのに対して、小麦粉は時間が経つとミネラルや食物繊維の栄養価が失われていくと言われています。

カロリーは100g当り全粒粉は330カロリーに対し、小麦粉は368カロリー。

このような結果から最新のFood Plate ChartではWhite Flourは排除されWhole Wheat FlourやWhole GrainをWhite Flourの代わりに食べましょう! と呼びかけています。

何を買い何を食べるかは消費者が選ぶことが出来ます。その中で食べるなら健康的でヘルシーなのがいい! と誰もが思う事だと思います。

嘘や偽りのない信用できる食べ物を探すのが、私たちの今後の課題なのかもしれません。

2013年11月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ