ぶりのカロリーは照り焼きにすると高くなる? 多く含む脂質などの成分に注目!


ぶりは大きさによって呼び名が違う出世魚で、おせち料理にも入れられていますね♪我が家のおせち料理にも欠かすことができません。

ぶりのは12月~2月ですが、特に西日本で多く養殖されていて年中食べられますよね。

ぶり1

そして冷めても美味しく食べれるので、私はお弁当のおかずにぶりの照り焼きをよく入れています。

ぶりの塩焼きもぶり大根も我が家では大人気ですが、ぶりの臭みを上手い具合に消してくれるものと言えば照り焼き♪ご飯にも合いますよね。

そして、つやがある照り焼きが出来た時には、何とも幸せな気分になります。

伝統的な和食のおかずは低カロリーなものが多い一方、ぶりの照り焼きは意外とカロリーが高いと言われることも…。

そこで、ぶりのカロリーは照り焼きにすると高くなるの? カロリーとぶりの栄養に注目して見てみました。

スポンサードリンク

生のぶりのカロリーは? 照り焼きにすると変わるの?

生のぶり100gのカロリーは257kcalほど。同じ重量の低カロリーなたらと比べて3倍以上のカロリーです。また他の魚と比べてもカロリーが高い方なのですよ。

これはぶりは水分が比較的少なく脂質が多く入っているから。脂質は生のぶり100g中17.6g含まれているのですよ。

ただ、次に挙げるように部位や獲れる時期によって脂質の量が違ってきます。

背側と腹側とでは腹側の方が多く含まれる

背側も腹側も尾に近いところは脂質が少ない

夏に水揚げされるものと冬に水揚げされるものとでは、冬に水揚げされた方が多い

養殖したものと天然のものでは、養殖したものの方が脂質が多い

私はぶりの刺身も大好きですが、生で食べるより照り焼きにした方が良いと言う方も多くいます。そこで気になるのが、照り焼きにした時のカロリー

中位の大きさのぶり・1切れ100g、醤油・料理酒・みりん各8g、サラダ油3gで作った時のカロリーは300kcalほどあります。

もともと生でもカロリーが高めなぶりですが、照り焼きにすると調味料や油の分カロリーがアップするのです。

しかしグリルなどで焼いた時余分な脂が落ちますし、大幅にカロリーがアップするわけではないですよ。

スポンサードリンク

ダイエット中にはぶりの照り焼きは食べない方が良いの?

上でお話したように、数字だけで見てみるとぶりの照り焼きは少々カロリーが高いので、ダイエット中は我慢した方が良いのでしょうか?

しかし、ぶりはたんぱく質がとても豊富な食品。たんぱく質は体を作る大事な成分なので、ダイエット中も不足なく摂りたい所です。

そして比較的高カロリーになる原因の一つである脂質ですが、ぶりにはEPAやDHAなどの多価不飽和脂肪酸が多く入っています。

EPAやDHAと言うと血液サラサラ効果が注目されていますよね。その他に中性脂肪を減らしてくれる健康効果もあるのですよ。

また、脂質を適量摂ると満腹感も長続きしますし、照り焼きのたれと共にコクある味わいにしてくれますよね♪

さらに、ぶりは次のようなビタミン類も豊富に含まれています。

ナイアシン ビタミンB1・B2・B6・B12 ビタミンD ビタミンE

上に挙げたどのビタミンも、1食に必要な量をほぼ満たす位入っていますが、特にナイアシンとビタミンB12は多く含まれているのですよ~。

ぶり2

そして、ナイアシンなどのビタミンB群は、エネルギーを消費するのに関わっていたり、糖質・脂質・たんぱく質の代謝のお助けとなったりします。

上でお話した理由でダイエットをしている時にも、ぶりの照り焼きは是非食べていただきたいです。次でおすすめの食べ方をご紹介♪

カロリーが気になる場合のおすすめのぶりの照り焼きの食べ方は?

ぶりの照り焼きの良い所は簡単に出来ること。切り身の状態で売られているので下処理の手間が省けますよね。

また、照り焼きのたれに漬けてから焼く方法と、たれに漬けないで焼いた後でたれをからめる方法がありますが、どちらにしても作業工程が少ない のが嬉しいです。

照り焼きのたれの配合ですが、醤油と料理酒とみりんを同じ量入れると失敗なく出来ますよ。

カロリーが気になる場合はたれをからめる前に、キッチンペーパーで余分な油を拭き取るとカロリーダウンにもなりますし、おすすめ♪

また、ぶり(100g程度)の照り焼きとご飯(茶碗1杯)と汁物だけでも500kcal位になります。

例えば、衣のたくさんついた天ぷらもおかずにしてしまうと、カロリーオーバーになってしまうかも…。

高カロリーにならないために、おかずの組み合わせをひと工夫してみて下さいね♪

私はフライパンでぶりの照り焼きを作る事が多いのですが、たれをからめる時、ゆでたもやしやピーマンや青菜類などを入れていますよ。

地域によって差はありますが、ぶりの消費量は昔より増えています♪身近にあるこの魚をこれからも美味しく食べていこうと思います。

2016年09月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ