さつまいもを レンジで簡単に!美味しくなるコツをご紹介♪


秋の味覚、さつまいも。焼き芋、ふかし芋、大学芋、スィートポテト、天ぷら・・・おやつからおかずまで幅広いメニューが作れますよね!うちの人気No.1は大学芋です。
d0032abce150b6e401f8e614cb1f35af_s
美味しいし、なんにでも作れる食材だけど、ひとつ難点といえば調理の手間がかかりがちなこと。皮むき、加熱時間の長さ、裏ごし、などなど。

もちろん手間と時間をかけた料理やお菓子はとっても素晴らしいですが、仕事や家事に追われる方にとってはとっつきにくいですよね。できるだけ簡単に時短できるレシピにしたい!

そんな方にとって、レンジを使った調理法は実に簡単で便利!私もふだんは忙しくて、ゆっくり調理時間がとれないので、今はもっぱらレンジ派です。

そこで今回は、さつまいもをレンジで簡単に調理する方法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

さつまいもをレンジで美味しく!あのアイテムを使うとホクホクに♪

実は私、知らなかったんです!こんな方法があるなんて・・・。この方法ならふかし芋がホクホクにできるんです。

使うのは、キッチンペーパー!これを濡らして使うだけで、失敗知らずのふかし芋が作れますよ。

キッチンペーパーを使ったふかし芋

用意するもの

  • さつまいも 1本(200g)
  • キッチンペーパー 適量
  • ラップ 適量

作り方

  1. さつまいもをよく洗います。
  2. 濡らしたキッチンペーパーでしっかり芋を包みます。
  3. 更にラップでくるんで、レンジで加熱します。
    (加熱時間の目安 600W5分くらい)

キッチンペーパーで適度に水分を閉じ込めたまま、余分な水分だけを飛ばすことで上手に加熱できるんです!これは是非試してみたいですね。

私は今まで、少量の水を入れてさつまいもをレンチンしていて、たまに芋がカチカチになったり、加熱ムラができたりという失敗もありました。

この方法なら、芋を水分で包むので水分は飛びすぎる心配がありません♪

スポンサードリンク

石焼き芋みたいにあま~いお芋にするには?カギは加熱温度にあり

キッチンペーパーを使ったら、加熱ムラがなくなる!では、さらに美味しくなるコツをご紹介いたします。

先ほど加熱時間の目安を600W5分くらいとしていましたが、これは簡単に作るためのシンプルな方法でした。これでも美味しいですが、さつまいもをあま~くするには低温で加熱するといいんです。

低温で甘くするふかし芋

  1. よく洗ったさつまいもを濡らしたキッチンペーパーで包みます。
  2. ラップでくるんで、600Wで1~2分加熱します。
  3. 更に、300Wで10~12分加熱します。

「300Wで10~12分」という低温加熱がカギになっています。

でんぷんを分解する酵素の最適温度は60~70℃
さつまいもの糖質はほとんどがでんぷんで、加熱されて麦芽糖に分解されることで甘みが増してくるんです。

そして、でんぷんを麦芽糖に分解するときに働くのが酵素!この酵素が活発に働けるのが60~70℃です。

あま~い石焼き芋の場合、ちょうど60~70℃あたりで、しかも時間をかけてじっくりと加熱されています。すると、酵素が活発に働いて、でんぷんを麦芽糖に分解していくのであま~くなるんですね。

普通にレンジで加熱すると、酵素が働きにくい高温に達してしまいます。短時間で蒸しあがりますが、十分に麦芽糖へ分解が進まないので甘みが増しにくいというわけです。

先ほどご紹介したワット数を低めに調理する方法なら、酵素が働いてあま~いお芋を作れますね!機種によってワット数を調整するのが難しい場合は、解凍モードを使って加熱するとできます。

レンジを使ったあま~いさつまいもの応用編!

あまくてホクホクのふかし芋が作れたら、応用してお菓子もおいしく作れそうですね♪
a31448e7aef7986a7951f41b5616c218_s

大学芋の作り方

  1. 洗って食べやすい大きさに切ったさつまいもを水にさらします。
  2. 耐熱皿に並べて水のついたままラップをして加熱します。
     (加熱の目安・・・500Wで6分)
  3. 砂糖大さじ2、みりん大さじ1、醤油大さじ1、水大さじ1を混ぜて加熱しタレを作ります。
  4. 蒸した芋に3のタレをからめて出来上がり♪
    *蒸し芋を分量外の油で軽く炒めておくと、さらに美味しくできます。

スィートポテトの作り方

  1. 洗って輪切りにしたさつまいもを水にさらします。
  2. 耐熱皿に入れてラップして加熱します。
     (加熱の目安・・・600Wで5分)
  3. 芋が熱いうちにバター10g、砂糖20g、牛乳20gを加えてマッシャーでつぶしながら混ぜます。
  4. 成形して、艶出しに卵黄をぬったらトースターで5~10分、焼き色がついたら出来上がり♪

この他にも、さつまいもはレンジを使って簡単に作れるメニューはたくさんあります。これからさつまいもが美味しくなる季節、是非一度お試しくださいね♪

2016年10月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ