松茸を保存するとき冷凍してもいいの?家でも簡単にできる方法はコレ!


秋は食欲の秋なんて呼ばれ方もするくらい、美味しい食べ物がそろう季節ですよね~。

%e6%9d%be%e8%8c%b8%e4%bf%9d%e5%ad%98%e5%86%b7%e5%87%8d1

そんな美味しい食べ物のなかでも、どうしても食べたくなるものといえば、松茸ですよね♪

松茸は、お店でも夏の終わりから秋が深まる頃に、よく見かけられるようになります。

見かけるたびに食べたくなるのですが、値段が高くて正直買えない方が多いんですよね。

そのため人からいただくとか、自分で松茸狩りに行くとかという機会がなければ、食べることはなかなか少ない食べ物でもあります。

そのせいか食べる機会があると、一気に食べてしまうより、少しずつ食べようとしたくなりますよね。

そうすると、松茸に限ったことではありませんが、当然保存することが必要になってきます。

そこで気になるのが保存の仕方ですよね。冷蔵庫で保存するのか、冷凍してもいいのか、期間はどのくらいまでOKなのかなど、疑問はたくさんあります。

そこで今回は、松茸の保存で冷凍してもいいのかどうかについて、誰でも簡単にできる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

松茸が冷凍保存できるってホント?

松茸といえば、国産のものは特に、とても香りが良いのが特徴の1つですよね。

となると、香りの最も良い時に1度で食べてしまいたくなるものですよね。しかし保存ができるのなら、高級食材だから少しずつ食べたくもなりますよね。

そこで気になるのが、保存する場所ですよね。常温なのか、冷蔵庫に入れるのか、それとも冷凍できるのかなど、いろいろな場所があります。


松茸はどの場所でも保存できそうですが、先に結論から言うと、冷凍保存できる食べ物なんですよね!

この事実を知らない方が多いのは、松茸が食べる機会の少ない食べ物だからなんでしょうね。

では早速、どのご家庭でも簡単にできる、松茸の冷凍保存方法をご紹介します。

スポンサードリンク

松茸の冷凍保存の方法がコチラ!

1.松茸の石突きをとります。といっても、普段キノコを扱う時のように、ざっくりとではなく根元のみを削り落とします。

2.松茸を洗います。キノコは全体の9割が水分で、洗うと旨味がなくなるので、普通は洗いませんが、松茸の場合は土などを落とす必要があるので、軽く洗います。

3.水気をきちんとふき取り、キッチンタオルで1本ずつくるみます。

4.その上から密封するように、ラップでくるんで乾いた容器に並べて入れて、冷凍庫へ入れるだけです。

この方法なら、家の台所にあるようなものしか使っていないので、簡単にできますよね。

ちなみに気になる保存期間は、約3ヶ月なんですよ。一見松茸は日持ちしないように思いがちですが、とても長く保存できるんですよね。

ただし冷凍保存すると、買ってきてすぐの頃よりは、多少は香りが落ちてしまいます。

せっかくの良い香りがもったいないので、買ってきて1週間以上使わない場合や、たくさんありすぎて困ったという場合だけ、冷凍保存されるのをおすすめします。

輸入品はほとんど香りがしませんが、国産のものは香りが命だとも言うくらいなので、買ってきてすぐに使うのがベストです。

なので、保存する期間も2、3日から長くても1週間以内であれば、先にご紹介した方法で、冷蔵保存することをおすすめします。

よく野菜室で保存すればいいということを耳にしますが、これは間違いです。野菜室では温度が高すぎます。

松茸は0℃付近の温度に適していますので、チルド室か、パーシャルで保存してくださいね♪

松茸は冷凍前にスライスした方がいいの?

松茸が冷凍保存できる食べ物だということが分かりましたが、その時にスライスするべきなのかどうかということを、よく耳にします。

この答えは、解凍してからの使い道次第なんですよね。というのも、松茸を冷凍保存して解凍すると、どうしても水浸しのようになってしまうんです。

そのため、焼き松茸を楽しみたいのであれば、冷凍保存せずにすぐに、使うことをおすすめします。

後で鍋物に使うために冷凍保存する場合であれば、冷凍前に特にスライスしておく必要はありません

水浸しのようになるのを防ぐために、半解凍したらそのまま、鍋に入れて使います。

鍋物ではなく、お吸い物など取り分けて食べるようなものでは、解凍せずにそのまま使うのでスライスしてから、キッチンペーパーとラップでくるんで、容器に入れて保存します。

%e6%9d%be%e8%8c%b8%e4%bf%9d%e5%ad%98%e5%86%b7%e5%87%8d2

このように使い道次第で、冷凍前にスライスするべきなのかどうかが分かれてくるので、どのように使うか考えてから冷凍保存することをおすすめします。

このように松茸は、注意点さえ守れば家庭でも簡単に保存できる食べ物なので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

2016年11月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ