人参の食べ過ぎは生でだと体に良くないの?酸化酵素の影響はあるの?


人参というと五寸ニンジンや金時ニンジン(京ニンジン)が一般的ですが、黄色や紫色の人参やリコピンを多く含んだものもあり、種類が多いです。

そして御存知の通り人参は栄養が豊富!以前の記事で人参の栄養と皮についてお話しました。

%e4%ba%ba%e5%8f%825

人参は加熱をすれば離乳食初期から食べれますし、年間を通じて比較的値段も安定しているので、使い勝手の良い野菜の一つですよね♪

我が家では煮物などにしても喜んで食べてくれますが、人参のスティックが大人気です。

おやつにもいいですし、ディップに味噌を入れたりピリ辛味にしたりすると、おつまみにもなりますよね。

そんな栄養もあって食べる機会の多い人参ですが、特にの状態で食べ過ぎるのは良くないと聞きました。

どのような理由でそう言われるのか、実際はどうなのかとても気になる所です。

そこで、人参の食べ過ぎは生の場合、体に良くないの?人参の酸化酵素やβーカロチンの体への影響を調べてみました。

スポンサードリンク

人参は生のまま毎日食べても大丈夫?酸化酵素はビタミンCを破壊するの?

生の人参は手軽に食べることが出来ますし、歯ごたえがあって美味しいですよね。少し薄めにカットすると子供達も喜んで食べてくれます。

また糖度が高く、フルーツのように甘くて生食にむいている品種もあるのですよ♪

お菓子の代わりに、生の人参スティックを食べる方も多いのですが、カロリーはMサイズ1本・150gで54kcalほど。

カロリー的に人参を毎日1~2本食べても食べ過ぎにはなりませんし、栄養面でも害はありませんが、生の人参に含まれる酸化酵素の働きには注意した方が良いですよ。

以前は、生の人参に含まれる酸化酵素・アスコルビナーゼがビタミンCを破壊してしまうと考えられていました。

特にジューサーにかけたり、すりおろしたりするとこの酵素が盛んに働くんです!

しかし割と近年に、アスコルビナーゼはビタミンCを破壊しないという実験結果が出ました。

これはアスコルビナーゼはビタミンCを酸化し、違う型のビタミンCに変えているだけで、体内に入ればまた元の型に戻り、その効力は変わりないというもの。

効力に変わりがないならば、あまり気にしないで生の人参を食べれますが、はっきりとわからないこともあります。

しかし、この酸化酵素の働きを抑えることは出来ます!それはずばり、を加えること。

お酢はもちろんですが、レモンやオレンジなどもクエン酸を多く含むのでおすすめですよ~。

スポンサードリンク

人参ジュースの飲み過ぎで手が黄色くなったけど大丈夫?ビタミンA過剰症の心配は?

人参ジュースは甘味があって、野菜ジュースの中でも飲みやすいですよね♪

ところで、みかんの食べ過ぎで手や顔などが黄色になる方がいますが、人参の食べ過ぎや人参ジュースの飲み過ぎでも、肌が黄色っぽくなる方がいます。

これは柑皮症と言って、カロチンの摂り過ぎで皮膚に色素が沈着したもの。

人参の皮と栄養についてでもお伝えした通り、人参にはβーカロチンが多く含まれているんですよ。

しかし、この柑皮症は病気ではありません。カロチンが多く含まれている食品を控えることで、良くなっていきますので安心して下さいね。

また特に妊婦さんは、妊娠初期にビタミンAを過剰に摂ると、胎児の成長に影響が出る可能性があることから、人参ジュースなどの摂り過ぎを懸念するかもしれません。

%e4%ba%ba%e5%8f%824

人参に含まれるβーカロチンは体内で必要に応じてビタミンAに変わります。

体の中に充分ビタミンAがあれば、ビタミンAに変換されないので、過剰に摂ってしまう心配はないですよ。

人参は生でも冷え性の方におすすめなの?

この頃寒さも増してきて、私もですが冷え性の方には少し辛い時期ですよね。

薬膳で人参は体を温める食品に分類されていて、冷え性の方にもおすすめなのですよ~。

野菜ジュースは体を冷やすものも多いですが、人参ジュースは体を冷やさない飲み物です。

ただ、冷たくして飲むと体は冷えてしまいますので、常温で飲むか、寒い時期には少し温めて飲むのがおすすめ♪

あと飲み過ぎるとデトックス効果が強く出る場合があるので、注意して下さいね。

人参と同様に体を冷やさないりんごのジュースと混ぜても、飲みやすくなりますよ。

冬至になんきん(かぼちゃのこと)や人参や大根など「ん」のつく食べ物を食べると、幸運が呼び込めると言われています。

これは、語呂合わせの要素も強いですが、にんじんは、生のままでも加熱しても適量なら安心して食べられる食べ物です♪いろいろな食べ方をしてみたいと思いました。

2016年11月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ