牛乳の栄養は吸収されにくいのって本当なの?乳糖とカゼインとカルシウムについてご紹介♪


冷たいままでも美味しいですが、ホットミルクの美味しい季節になりました♪牛乳は幅広い年代で飲まれている飲み物ですよね。

スーパーやコンビニエンスストアや病院の売店には、必ずと言って良いほど様々なサイズの牛乳が置いてあります。

%e7%89%9b%e4%b9%b33

また、小学校で給食に牛乳がでる所も多いですし、中にはミルクスタンドがある駅も♪

牛乳が長年愛されている理由の一つは、栄養がとてもあるからなんですよ。

ただとてもポピュラーな牛乳なだけに、「牛乳の栄養は吸収されない」などマイナスな言葉も聞きます。

私は、牛乳を飲んでお腹の調子が悪くなったことはないのですが、日本人は乳糖などが吸収されにくいのでしょうか?

そこで、牛乳の栄養が吸収されにくいのは本当?主に三大栄養素とカルシウムの吸収について調べてみましたので、ご紹介していきます。

スポンサードリンク

大人は牛乳を飲んでも栄養を吸収できないというのは本当?乳糖や脂質やタンパク質の吸収は?

牛乳とヨーグルトで栄養に違いはあるの?でお話しましたように、牛乳は糖質・タンパク質・脂質がバランスよく入っていて、ビタミンやカルシウムを豊富に含んでいます。

ビタミンの中でも、ビタミンA(レチノール)やビタミンB2やパントテン酸などはかなり多いですよ。

そして、牛乳の糖質の吸収についても少しお話しましたが、今回はさらに詳しく♪

牛乳の糖質はほぼ乳糖です。乳糖は分解酵素「ラクターゼ」によって分解されて、小腸で吸収されます。

しかし、大人になるとラクターゼの分解が弱くなってしまう人も多いです。これは乳児期以降この酵素の活性が低くなってしまうから。

乳糖を分解できないので、牛乳の栄養を吸収できないかもと思うかもしれませんが、一度に過剰な乳糖を摂らない限り、乳糖を分解できる方も多いのですよ。

私は、一度にそう多くの牛乳を飲んだことがないので、今まで牛乳でお腹の調子が悪くならなかったのかもしれません。

また、乳糖は他の成分の吸収に関わっていますし、牛乳には吸収が良い成分もあるので、飲んでも無意味ということはありません。

消化・吸収が良いのが特長なのは脂質です。脂質は牛乳の中で、脂肪球となって分散して浮かんでいるので、消化酵素の働きを受けやすく、消化吸収率が高いのですよ。

そして、牛乳のタンパク質は約80%を占めるカゼインと約20%を占めるホエイから成っています。

牛乳のタンパク質の大部分のカゼインは、消化吸収の速度がゆっくりという特徴があるんですよ。

そして、カゼインから出来た物や、他の成分がカルシウムの吸収を助けてくれるんです!次でご紹介していきます。

スポンサードリンク

牛乳の栄養素でカルシウムの吸収を助けてくれるものは?

骨や歯を作るもととなったり、精神を安定させたりなど働きの多いカルシウムですが、もともとカルシウムの吸収率ってあまり高くないのですよ。

そんな中牛乳はカルシウムを多く含み、その吸収率は40%ほど。牛乳や乳製品がカルシウム源と言われるのも納得ですね。

これには、CPP(カゼインホスホペプチド)が大きく関わっているんです。

CPPは、カゼインから酵素によって分解され出来たもの。カルシウムを溶けやすい状態にしてくれ、カルシウムの吸収を助けてくれる働きがあります。

サプリメントでも、カルシウムの吸収を促進する効果があるとして、CPPを配合したものが売られていますよ。

また、先ほどお話してきた乳糖にも、カルシウムの腸内での吸収を高める作用がありますよ。

ところで、牛乳にコーヒーや紅茶を混ぜると、牛乳中のカルシウムの吸収率が下がるように思う方もいるかもしれません。

%e7%89%9b%e4%b9%b34

コーヒーや紅茶にはタンニンが含まれていて、鉄分の吸収を妨げる場合もありますが、カルシウムの吸収には問題ないですよ。

牛乳の栄養の吸収率を上げるにはどんな方法がおすすめなの?

牛乳の乳糖・脂質・タンパク質・カルシウムの吸収についてお話してきましたが、吸収率を高めるために次のような方法がおすすめです。

まず、月並みなことですが、よく噛むようにして飲んでみて下さい。温めて少しずつ飲むようにすると乳糖不耐症の方でも大丈夫な場合も多いですよ。

また、牛乳を料理に使うのもおすすめです。これらの栄養素は加熱によって損なわれることがありません。

さらに、カルシウムの吸収を高めるために、ビタミンD・タンパク質・マグネシウムの多い食品を一緒に摂るのも手です!それぞれ多く含まれている食品はこちら♪

  • ビタミンD…魚類や干ししいたけなど
  • タンパク質…肉類・魚介類・卵・大豆製品
  • マグネシウム…ゴマ・ナッツ類・大豆製品

牛乳は日常的に飲んでいるものです。これからは栄養の吸収にも気にしながら飲んでいきたいと思っています♪

2016年12月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ