ピーナッツの栄養が皮にも含まれているってホント?レスベラトロールって?


ピーナッツというと、お酒のおつまみとして、食べたくなるものの1つですよね。

ピーナッツのみが袋詰めで売られていたり、スナック菓子と一緒に入っていたりなど、販売方法や種類などもさまざまです。

そのまま手軽に食べたり、料理に使ったりできるので、便利な食べ物でもありますよね!

ピーナッツ 栄養 皮1

そんなピーナッツですが、食べるときは、は剥いてから食べるということの方が多いですよね。

私はお酒も飲まないので、おつまみとして食べる機会自体は少ないのですが、料理のときにアクセントとしてたまに使います。

そのときも、ピーナッツの皮はたいてい剥いてから使うので、どのような栄養がどのくらい含まれているというのは、あまり考えたことがありませんでした。

いろいろ調べてみると、身体に嬉しい効果をたくさんもつ栄養が、多く含まれているんですよ!

そこで今回は、ピーナッツの栄養が皮にも含まれるのかどうかについて、その種類や効果も合わせてご紹介します♪

スポンサードリンク

ピーナッツの皮に含まれる栄養はコレ

ピーナッツに含まれる栄養と聞くと、真っ先に思い付くのは脂質ですよね。よく耳にするのは、食べ過ぎると太るだとか、ニキビができるという話です。

他にも挙げればいろいろ出てくる、ピーナッツに関する話ですが、これらはいたって、根拠があっての話ではないため、真実味に欠けます。

ですが、この話はあくまでピーナッツの実に関する話。今回、ご紹介したいのはについてですので、実の話はまた最後にご紹介します♪

皮にも栄養が含まれているのかどうかについてですが、結論から言えば、ピーナッツの皮にも栄養は豊富に含まれているんです!

その栄養というのが、レスベラトロールというもので、分かりやすく言うとポリフェノールの1つですね。

ワインをよく飲むという方は聞いたことがあるかもしれませんが、ポリフェノールなので、抗酸化作用をもっています。

抗酸化作用ってよく耳にはするけれど、あまり詳しいことは知らないですよね。

これは言い換えると、体内を酸化させたり、老化を早めたりする活性酸素を除去する効果ということです。

つまり、ピーナッツは身体が老化していくのを予防してくれる効果を、持っているということですね♪

ということは、特に肌の健康に気をつかっている女性にとっては、嬉しい効果だといえますよね!

ここで!えっ?女性だけ?と思わないでください!これ以外にも、レスベラトロールには、注目すべき効果があります。

その効果とは、メタボリックシンドローム、いわゆるメタボの予防や、血流の改善などです。

健診で指摘されたことがある、または生活習慣が乱れている人にも、ぜひ積極的に摂っていただきたい栄養です!

スポンサードリンク

そもそもピーナッツの皮は食べてもいいの?

ピーナッツには実にも皮にも栄養が豊富に含まれているのですが、ここで気になってくるのは、ピーナッツのがそもそも食べられるのかどうかということ。

私もあまりピーナッツは食べないので、知らなかったのですが、外側の殻を取ればすぐに薄皮のまま食べられるんですよね~。

ここで、手軽に作ることのできて、すぐに食べられる方法をご紹介します♪

1.鍋に水を沸騰させて、たっぷりの塩を入れます。パスタを湯がく時と同じ要領ですね♪

2.ピーナッツを殻つきのまま入れて、そのまま茹でます。時間はだいたい30分くらいですが、様子を見ましょう。

3.茹であがったら、殻を取って食べてみましょう。味見をして、茹で加減や塩味の加減が好みのものであれば、出来上がりです♪

こんなに簡単に作ることができるので、お酒のおつまみとしてもぴったりなんです。

これだと普段、お料理をし慣れないという方でも簡単に作れますよね。

たったこれだけで、手軽に食べられるピーナッツ。栄養満点なので、足りない栄養を補給したい時にもオススメの食べ方です!

ピーナッツの実にはこんな効果が!

では最後に、初めに触れていた、ピーナッツのに含まれる栄養の効果について、詳しくご紹介します。

実に多く含まれる栄養は、脂質ですが、ピーナッツに含まれているのは、飽和脂肪酸ではなく、不飽和脂肪酸なので、結論から言えば、身体には良い脂質ということです。

名前が難しくて取っ付きにくいかもしれませんが、こう言えば分かりやすいですよね!魚などに多い、DHAやEPAなどと同じ種類の脂肪酸です。

ピーナッツに主に含まれているのは、不飽和脂肪酸のなかでもオレイン酸というもので、そのほかの食品で言えばオリーブ油に多いです。

ピーナッツ 栄養 皮2

効果を簡単にご紹介すると、体内の中性脂肪やLDL、いわゆる悪玉コレステロールの量を減らしてくれるんです!

なので、自分が脂質異常症やメタボかも?と思われている方には、おすすめの栄養ということです♪

このように、ピーナッツには、皮にも実にも栄養がたっぷりと含まれているので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

2017年02月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ