夏バテには甘酒が効果あり?その予防や栄養補給に優れている理由は?


今はの真っ只中!暑い時だからこそ盛り上がる行事やお楽しみがありますよね♪

私は夏が大好きです。しかし冷たいものを飲み過ぎたり、不規則な食生活をしていたりで夏バテしてしまったことも。

甘酒1

食欲があまりなく、胃腸の調子もいまひとつでなかなかだるさが抜けないんですよね…。

夏バテに良い飲み物の一つとして、甘酒が注目されています。この時期でも、スーパーなどで簡単に手に入れることが出来ますよね♪

種類も豊富ですし、お子さんでも美味しく飲めるものが増えてきました。

効果の多いことで知られている甘酒ですが、どんな所が夏バテに良いのでしょうか?

そこで、夏バテに甘酒は本当に効果があるの?含まれている成分の働きや、甘酒の酵素について見てみました。

スポンサードリンク

甘酒が夏バテに良い理由!3つの栄養素をチェック!

寒い時に飲むと温まりますし、私の中では「甘酒は冬の飲み物」という公式が出来上がっています。初詣に行くと振まう神社もありますよね。

しかし江戸時代にも夏に飲む習慣があったのですよ。京都や大阪や江戸では甘酒売りも多く、夏の風物詩になっていました。庶民でも気軽に飲めることから親しまれていたんですって。

そんな甘酒には、体に大切な成分が含まれているのですよ。主なものはこちらです♪

  • ブドウ糖
  • ビタミンB群
  • アミノ酸

ブドウ糖は脳などのエネルギー源になるもの。不足すると、頭がぼんやりするなど夏バテの症状になる可能性も…。

特に米麹からできる甘酒は、ブドウ糖を多く含んでいるので効率よく摂れますよ。

また、甘酒には次のようなビタミンB群が入っていて働き合っています!

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンB6

・ナイアシン

・葉酸

ビタミンB群の大きな働きは、三大栄養素などの代謝をサポートする事です。

しかし、水溶性で汗とともに排出されてしまうので、暑い時こそ意識して摂りたい成分ですよ。

そして、その中でもチェックしたいのがビタミンB1!ビタミンB1は、ぶどう糖などの炭水化物をエネルギーに変えるお助けをしてくれるので、足りないと充分にエネルギーを作り出せません。

また、アミノ酸は体を作るたんぱく質のもとですし、疲労回復効果がありますよね。

甘酒には、体で作ることのできない必須アミノ酸が全て入っているんですよ!

このように、甘酒にぶどう糖やビタミンB群やアミノ酸が入っているので、栄養補給や疲労回復も期待でき、夏バテの対策にもなるんですよ。

スポンサードリンク

甘酒は2種類♪両方に含まれる酵素やオリゴ糖やマグネシウムで夏バテの防止!

甘酒には、米麹から作られるものと、酒粕から作られるものの2タイプあります!

昔、母は酒粕が手に入るとよく甘酒を作っていました。独特の風味がありますよね♪

一方、米麹から作られた甘酒は、自然な甘味で、優しい味がします。この甘味はぶどう糖によるもの。

米に麹菌を繁殖させて米麹ができるのですが、麹菌のパワーが凄く、多くの酵素を産生します。代表的なのはこの2つ!

・アミラーゼ…米のでんぷんをぶどう糖に分解する

・プロテアーゼ…米のたんぱく質をアミノ酸に分解する

酵素の力によって分解された形で摂取できるので、消化や吸収もしやすく、疲れ気味の体にも優しいのですよ。

ちなみに、酒粕でできた甘酒も酵素を多く含んでいるので、夏バテ防止の他に様々な効果があるんです!

また、どちらのタイプの甘酒にもオリゴ糖が入っています。夏バテの原因の一つは腸内環境の悪化で、その環境を整えるにはオリゴ糖の働きも大切!

甘酒2

そして、汗をたくさんかくと、ミネラルが汗と一緒に出てしまうのですが、甘酒は次のようなミネラルを含んでいます♪

・ナトリウム

・カリウム

・銅

・マンガン

・マグネシウム

中でも、マグネシウムは神経を安定させ、疲れをとりやすくする効果があるので夏バテに良いのですよ。

もちろん夏バテだけじゃなく、1年を通して健康をサポートしてくれる甘酒。美肌や便秘解消にも効果があります。
甘酒の詳しい効能・飲む時間についてはこちら♪

甘酒はお子さんが飲んでも大丈夫?おすすめは?

 
夏バテ予防のためにも甘酒を飲もうと思うのですが、お子さんや高齢者の方は飲んで良いのでしょうか?

酒粕から作られるものはアルコールが入っています!しかしこのタイプの市販品は、アルコール度数が1%未満のものが多く、清涼飲料として売られている場合がほどんどです。

しかし、アルコール度数が低くても、体質に合わない場合があります!お子さんや高齢者の方やこれから車の運転をする方は確認して下さいね。

一方米麹が原料の甘酒は、アルコールが含まれていないので、どなたでも安心して飲むことができますよ~。

酒粕を使った甘酒は、比較的簡単に出来るので何度か作ったことがありますが、米麹の甘酒は難しそう…。

しかし、炊飯器でも出来るそうなので、是非チャレンジしてみたいです。

また、甘酒も作れるヨーグルトメーカーなどもありますよね。市販の甘酒も良いですが、より酵素のパワーを感じられる手作り甘酒を作って、この夏を乗り切ろうと思います♪

2017年07月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ