甘酒の保存は冷凍がおすすめ!酵素パワーの保持に最適♪


秋になった今でも冷たい甘酒は種類多く売っています♪そして、これからの季節は温かくして飲むのも美味しいですよね。

この頃は酒粕の甘酒を飲む事も多く、米麹のものとは違った味わいを感じています。

甘酒8

前の記事では甘酒について、夏バテの予防になること・飲むタイミング・その糖質の量などをお話してきました。

甘酒は夏バテの予防に効果的♪
夏バテ防止に甘酒を飲むタイミングは?
甘酒の糖質はどのくらいあるの?

甘酒は少量の紙パックなどであれば一度に飲みきれますが、ちょっと量が多いと飲みきれない場合も。

私は、この夏に炊飯器で甘酒を作りました。しかし、思ったより多くの量が出来上がり、正しい方法かわからないまま冷凍保存してしまったんです。

そこで、甘酒の保存は冷凍でもOK?正しい方法で、長期間美味しく飲めるコツをご紹介していきます。

スポンサードリンク

甘酒を冷凍するメリット♪保存期間はどれ位?

甘酒は発酵食品なので、手作りしたものを常温で放置すると、発酵が進んでしまい風味が落ちることに…。

そこで、冷蔵と冷凍の保存方法がありますが、長期間保存したい場合は冷凍がおすすめですよ。その理由は主に2つあります。

・甘酒の酵素の働きが抑えられる

・火入れしなくても冷凍できる

甘酒は夏バテの予防に効果的♪で甘酒の麹菌から生み出される酵素のパワーは凄いことをお話しました。

しかし、ほとんどの酵素は冷凍庫のような低い温度の所では活動できないので、発酵が進まず新鮮さが長持ちするのです。

そして、解凍した時に成分が変わることなく飲めるので、一石二鳥ですね♪

冷蔵保存の場合は日持ちさせるために、火入れという加熱処理をする場合があります。

しかし、火入れをすると甘酒が70度以上になるので、多くの酵素が壊れてしまい、効果も減ってしまうんです。

一方先程お話したように、冷凍すると酵素の働きはストップするので、冷凍保存の場合は火入れする必要がありません。

米麹の甘酒も酒粕の甘酒も、手作りでも市販品でも火入れをしないで冷凍保存することが出来ますよ♪また、濃縮タイプの甘酒もそのまま冷凍してOKです。

保存期間は?

ご家庭の冷凍庫の機能や使う頻度によって違いはありますが、いずれの甘酒も保存期間は2ヶ月以内が目安です。

今、我が家では米麹で作った甘酒を2種類冷凍していますが、2ヶ月近く経った今でも問題なく保存できていますよ。

ただ風味が落ちたり、冷凍やけしたりしないようなるべく早く飲みきるのがおすすめ!

また、甘酒メーカーさんの商品には、冷凍でも保存期間が1ヶ月のものもあります!チェックしながら冷凍してみて下さいね。

ちなみに、酒粕は比較的長く冷蔵保存ができますが、の米麹はあまりできません。

しかし、生の米麹は3ヶ月程度ならば冷凍できます!ゲットしてすぐに使わないようでしたら、早く冷凍するのもおすすめですよ。

スポンサードリンク

甘酒の冷凍保存!小分けするのがおすすめ♪

甘酒を冷凍するのって敷居が高いように思うかもしれませんが、方法はとても簡単です。次の2つがポイント♪

・小分けして冷凍する

・製氷皿やジプロックなどに入れて冷凍する

品質の低下を防ぐためにも、甘酒は再冷凍できません。少量で使うことも多いので、小分して冷凍すると便利ですよ。

また甘酒の濃度によって、どのように小分けすれば良いかおすすめも変わってきます!それはコチラ。

粘度の低いもの…製氷皿

粘度の高いもの…ジプロック

ストレートの市販品や米麹と精白米飯で作った甘酒などは、比較的さらっとしているものが多く、製氷皿に入れるのに向いています。

特にシリコン製の製氷皿は取り出しやすいのでおすすめ。また凍ったら製氷皿から取り出し、タッパーなどに入れて冷凍すると匂い移りも防げて良いですよ。

甘酒9

一方、餅と米麹で作った甘酒などは、ねっとりとしたペースト状のものが多く、私はジプロックに入れて保存していますよ。

ジプロックに平らに入れ、菜ばしで強めに折り目を入れます。カチカチには凍らないので、比較的スムーズに取り出せるはずですよ。

また甘酒は、加える米麹・米や餅・酒粕・水の量や発酵時間によって濃度が変わってきます。甘酒の状態を見ながら冷凍して下さいね。

甘酒の解凍に電子レンジはNGなの?

甘酒の冷凍は気軽に出来て、酵素のパワーを消さないためにも良いのですが、解凍や温めるのは短時間で出来る電子レンジででも大丈夫なのでしょうか?

電子レンジでの解凍は、温度の上がりやすい一部分が集中して加熱され、高温になってしまう怖れがあります。

手作りの甘酒などで、酵素の効果を期待する方は、電子レンジでの解凍や加熱は避けて、冷蔵庫などで時間をかけて解凍するのがおすすめですよ~。

また、冷たいのが不得手な方もいらっしゃると思います。酵素のパワーが失われないよう、温める温度は60度までにして下さいね。

今年になって、甘酒の良い所を多く知る事が出来て良かったです♪上手に保存して、飲むだけでなく料理にも使っていきたいと思っています。

2017年10月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ