すいかは食べ過ぎると下痢になる!?水分のとり過ぎと体の冷えに注意!


暑くなると食べたくなるすいか。切り分けたすいかをみんなで分け合って食べる風景は、夏の風物詩ですよね。

さっぱりとした甘さとみずみずしさで、食欲がないときにも食べやすく、喉の渇きや暑さを癒してくれます。

それに「スイカの栄養と気になる効果は?高血圧や夏バテの予防におすすめの理由は何?」にもあるように、夏の体にはとっても効果的な果物なんですよ♪

すいかって大きなものを切り分けることが多くて、目の前にたくさんあると、ついつい食べ過ぎてしまうこともありますよね。

でも食べ過ぎて下痢になってしまったことはありませんか?何が原因なのでしょうか?上手にすいかを食べる方法があれば知りたいですよね♪

どうしてすいかは食べ過ぎると下痢になるの?食べる時に気をつけたいこともお知らせします♪

スポンサードリンク

すいかに含まれる水分で消化に影響が!

すいかといえば、水分の多さが特徴ですよね。切っただけでジュースのような果汁が滴り落ちます。

実に90%程度が水分!果汁がたくさん取れる柑橘系の果物と同じくらい多く含まれているんです。

だからすいかを食べると夏の暑い体がクールダウンして、水分補給ができるんですね♪

ただ、水分を一気にたくさん取り入れると、消化を助ける胃液が薄まってしまうことに!すいかを消化する力が弱って、胃に負担がかかるんです。

食物繊維が多く含まれていて、未消化の状態で水分が十分に吸収されないまま腸に送られると、腹痛や下痢を引き起こすことになります。

さらに、すいかは冷えた状態で食べることが多いので、胃腸を冷やして働きが鈍くなってしまうんです!

冷たいジュースやかき氷を食べた時と同じように、体温を下げて水分過剰な状態になるということですね。暑いからと言って、食べ過ぎてはいけないんですね。

スポンサードリンク

カリウムの利尿作用が内臓を冷やすことに!

すいかには、βカロチンやリコピンなど体にいい栄養素が含まれているのですが、カリウムも多く含まれています。

カリウムには、体内の塩分を適量に保つように排出する働きがあり、それに伴って余分な水分を排出する利尿作用があります。

体内から水分を排出する時に体の熱を奪うため、夏の暑い時には体温を下げるのに役立つのですが、これを繰り返すと内臓を冷やし過ぎてしまうことに!

水分とカリウムの作用で、胃腸を直接的・間接的に冷やしてしまうことになるんですね。夏の暑さを凌ぐにはぴったりの果物なんですが、食べる量には気をつける必要がありそうです。

下痢になりにくい上手な食べ方は?

ところで、すいかを食べることで、体を冷やすだけではなく、血流をよくして血圧を下げる効果やダイエット効果、肌荒れ予防、夏バテ防止などの効果があると言われています。

血流がよくなることで、冷えやむくみの症状を改善したり、脳の働きを高めて集中力や記憶力をよくしたりする効果も期待されているんですよ♪

体にうれしい効果があるすいか、上手に食べるために気をつけることはあるのでしょうか?

まず、一度にたくさん食べないようにすることが大事!少しずつ食べることで、胃液が薄まって消化が悪くなるのを防ぐことができます。

下痢や腹痛を防ぐためには、すいかを食べる量は1日に200g程度(大きめの1切れ分)を目安にしておきましょう。

また、食事の前にすいかを食べると、消化が悪くなってしまうため、腹痛を起こすことも!間食や食事の後のデザートに食べるといいですよ♪

ただし、脂っこい食事をしたあとに、さっぱりしたくてすいかをたくさん食べてしまうと、食事の油分が消化しにくい状態になるので注意!

天ぷらとすいかは食べ合わせが悪い、とよく言われますが、そういう理由だったんですね。

さらに、すいかを食べることで体が冷えすぎるのを防ぐためには、すいかを冷やしすぎないこともポイントです。

実は、すいかの甘さがより感じられる温度は、10℃~15℃程度だと言われています。たらいにいれた冷水で冷やす昔ながらの方法が、おいしく食べられて胃腸にも優しいのかもしれませんね。

冷蔵保存していると冷えすぎてしまうので、普段は冷暗所で保存しておき、食べる2~3時間前に冷蔵庫に入れると、ちょうどいい温度になりますよ♪

冷たい飲み物やアイスで涼をとるのもいいですが、やっぱり果物の方が栄養もあって、果糖の自然な甘さがちょうどいいですよね。

食べ過ぎには気をつけながら、ほどよく冷やしたすいかを食べて、夏を健康に乗り切れるといいですね♪

2018年05月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ