こんにゃくのカロリーと炭水化物の関係は?ゼリーの糖質もチェック!


こんにゃくはおでんの定番の具の一つです!味がしみこんでいて美味しいですよね♪

板こんにゃくの他に、糸こんにゃくやカラフルな玉こんにゃくもお店で見かけます。

冷めても味が変わらないので、お弁当に入れることも多いですし、刺身こんにゃくは暑い時にぴったりです!

また、お手頃な価格で買えますし、独特の食感で食べ応えがあるのも魅力的ですね♪

そして、低カロリーなイメージが強いです。私がダイエットする時にはこんにゃくを積極的に食べるようにしています。

ただカロリーが低くても、炭水化物や糖質が比較的多い食品もあるので、気になる所です。

そこで、こんにゃくのカロリーと炭水化物はどう関係しているの?こんにゃくゼリーについても見てみました。

スポンサードリンク

こんにゃくが低カロリーな理由は?満腹感も♪

こんにゃくは、古くに伝来したと言われていますが、江戸時代に急速に普及しました。日本では昔からなじみの食べ物だったのですね。

栄養を見てみると、水分が約97%ととても多く、それ以外では炭水化物が多いです。炭水化物は食物繊維と糖質を合わせたもの言いますよ。

板こんにゃくには、こんにゃく粉を使った製粉こんにゃくと、こんにゃくいもを使った生いもこんにゃくがあります!

この2種の100g中のカロリーや炭水化物の含有量などを比較してみました。

項目 製粉こんにゃく 生いもこんにゃく
カロリー 5kcal 7kcal
炭水化物 2.3g 3.3g
食物繊維 2.2g 3.0g
糖質 0.1g 0.3g

これを見ると、どちらもカロリーが低く、炭水化物や糖質が少ないことがわかります。

こんにゃくは炭水化物がそもそも少なく、その多くが食物繊維なので、多く食べてもカロリーの摂り過ぎにはならないんですよ。

低カロリーの食品には、食べてもあまり満腹感を得られないものもありますが、こんにゃくは、食物繊維の仲間のグルコマンナンが豊富に入っています♪

グルコマンナンは水分を含むと膨らむ性質があるので、少しの摂取でも胃の中で膨らみ、満腹感を得ることが出来るんですよ。

スポンサードリンク

こんにゃくゼリーは糖質が多いものも!カロリーは?

我が家ではミニカップ(1個18~25g位)のこんにゃくゼリーをよく食べます。

ちょっとお腹が空いた時に食べたり、デザートにしたり♪後味がすっきりしていますよね。

また、パウチタイプ(1個120g~180g位)のこんにゃくゼリーも種類多く出回っています。

日本食品標準成分表2015年(七訂)追補2016年で、こんにゃくゼリーが新たに収載されました。主な成分の含有量(100g中)はこちらです。

・水分…83.2g

・カロリー…66kcal

・炭水化物…16.4g

・食物繊維…0.8g

・糖質…15.6g

どのような材料で作ったか明らかになっていないので、一概には言えませんが、こんにゃくに比べればカロリーが高いですし、炭水化物・糖質が多くなっていますよね。

ちなみに糖質の詳細を見てみると、ぶどう糖と果糖が多く、しょ糖がその半分位です。

材料にぶどう糖果糖液糖・砂糖・果汁などが使われているので、糖質が多くなったと考えられます。

また、0kcalの糖アルコールや甘味料で作られたこんにゃくぜりーは、カロリーや糖質がぐっと少なくなりますよ。そして、食物繊維が多いこんにゃくゼリーもあります。

種類によっては、カロリーが低いからと食べ過ぎると、カロリーや糖質の摂り過ぎになる場合もあるんですね…。

また、食べ過ぎや体調・体質によってはおなかがゆるくなると書いてある商品も。注意して適量食べていきたいと思います。

こんにゃくダイエットは有効なの?こんにゃく麺もおすすめ♪

お話してきたように、こんにゃくは低カロリーで満腹感も得られるので、ダイエットには魅力的な食品です♪

しかし、こんにゃくはたんぱく質・脂質・ビタミン類をほとんど含んでいません。

特にたんぱく質とビタミン類は、ダイエットの時には多く摂っていただきたいので、こんにゃくを中心とした食事でダイエットをすると体調を崩す可能性も!

高タンパクで低脂肪の肉(ささみなど)や魚や、野菜や果物などと一緒に食べて下さいね。

また、好みもあるかもしれませんが、こんにゃく麺もおすすめです。冷やし中華やラーメンの麺をこんにゃく麺に出来る時にはそうしています。

それほどこんにゃくの臭みも感じませんし、具だくさんにすればよりヘルシーに食べれますよ。

こんにゃくを適量食べる分にはダイエットの味方になってくれるので、煮物・焼き物・和え物・サラダなどに使っていこうと思います。

2018年07月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ