豚肉のカロリーが気になる! 部位によって違うの?!


豚肉の種類はいろいろあるけれど、私が一番買うのが豚バラのスライス。ゲェあんな脂っこいもの良く買うね~? 豚肉買うならお買い得な「豚こま」じゃん。

豚肉 カロリー 部位

節約上手で健康管理をしてる賢い主婦なら、細切れ・切り落としを選ぶでしょう。それでも私は断然バラ肉を推しちゃいます。なんでって? お・い・し・い・か・ら!!

あの脂身が旨みの源なんですよ♪でも確かにね気になってはいるんです。豚肉のカロリーが気になる! 部位によって違うの?! 

スポンサードリンク

豚肉のカロリー

カロリーが少ないお肉と言えば? すぐ浮かぶのは鶏肉。特にささみは淡白。脂分が少なくてヘルシーさっぱり。

純粋な気持ちでトンカツが作れます~♪

逆に高カロリーな肉と言えば? 残念ながら我らが豚肉。バラ肉なんて、カロリーの塊り! って思ってる人多いでしょ。同じ豚肉でも部位によって、カロリーはばらばらみたいです。

どの部位が高カロリーなの? 健康に悪いの? 豚肉女子の私とあなたのために検証しました。

スポンサードリンク

部位ごとのカロリー

早速ドドンッと発表のお時間でーす。

【 豚肉カロリー 部位別100g当たり 】

豚肩肉 豚肩ロース 豚ロース
216 Kcal 253 Kcal 263 Kcal
豚もも肉 豚ヒレ肉 豚ばら肉
183 Kcal 115 Kcal 386 Kcal

豚バラ肉ダントツにカロリー高いじゃん。予想してたけどトンカツに使われているロース肉より高カロリーでした。ショックぅ。それにしても部位によってこんなにカロリーが違うなんて、驚きだなぁー。

豚肉カロリーの差は何から生まれるのか。それは脂質の割合に間違いありません! この中で一番カロリーの低いヒレ肉と、豚バラ肉の脂質量も比較してみましょう。

  • ヒレ肉100g…脂質 1.9g
  • バラ肉100g…脂質34.6g

わー!ヤバイっすね!バラ肉の脂質量ハンパない! 1/3は脂で出来てるんですねー。豚さんの体どうなってるんだ…。カロリーを考えるとこれから買いにくくなっちゃうなぁ。

カロリーと脂質の量は比例する。カロリーとタンパク質の量は反比例する

トンカツもロースよりヒレの方がカロリー低!

豚肉のカロリーを落とす調理法は?

部位の選び方でカロリーは大きく変わってきますが、調理の仕方によってもかなり脂を落とすことができますよ♪

今度はカロリーが低い豚肉の調理法を、カウントダウンで紹介していきまーす。

第3位 焼く

トントロ焼き・しょうが焼き・野菜炒め。味付けナシで焼いてで食べるだけでも美味しいよねー、ご飯にのっけて食べたいな。

豚肉 カロリー 部位2

豚肉を焼くと脂が外に溶け出し、自分の脂で身を焦がしカリカリと香ばしくなります。自作自演。自爆テロ? 言い方がヘタクソだけど自らを高める能力あり。豚肉ってすげぇ。

脂が出たならカロリーが減るんじゃない? そう思いがちですが実際に食べる時のこと、想像してください。ほら表面の脂分も一緒に口の中に入るでしょう?

まさか洗って食べるわけでもないし、フライパンに少しは脂が残るけど、結局高カロリーなのは変わりありません。

網焼きにしたら下に余分な脂が落ちるから、少しはカロリーOFFできるよ♪

第2位 蒸す

ヘルシーといえば蒸し料理でしょう。料理段階で油を足さないのはポイントですね。ただし蒸物は素材の栄養素を外に逃がさない料理方法なんです。

どの部位の豚肉を使ってもビタミンを逃がしません。脂も逃がしません。

味付けをせず蒸すだけで素材本来の美味しさ爆発「豚バラと白菜の温サラダ」味ポンをちょこっとかけていただきまーす!

幸せすぎて涙が出そう。全部私のもの。でもサッパリとして後くちもいいけど、意外とカロリーダウンにつながってないね。

第1位 茹でる

豚肉を茹でましょう。さぁさぁ茹でましょう。しゃぶしゃぶをゴマだれで? 冷しゃぶも美味しいです♪

茹でれば余分な脂が溶け出してカロリーを減らすことができますね。薄切りのロースバラ肉なんて、茹でても肉質が柔らかいままだから口あたりイイ♪

野菜炒めに使う豚こまやバラ肉も下処理としてサッと茹でておけば、脂を落としながら美味しさを閉じ込められて、一石二鳥なんですよ。試してみてください!

たぶたぶのぶたぶた

ぶたで回文作ってみました。豚肉を食べ過ぎて「たぶたぶのぶたぶた」の体になっちゃったー! 私も気をつけないとヤバイ。

豚肉の肉質とカロリーを上手く使い分けて、美味しくヘルシーな食事をを心がけよう♪

2014年03月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ