なすに栄養はないの?効果、効能はどうなの??


私はなすが大好きなんですが、我が家の旦那さんは、なすが嫌いー。ナスなんて味も特徴ないし、味は料理次第なのに、
なす
なんで嫌いか聞いてみたら、なす汁の味がするらしいです。私には、よくわかりませーん。

うちの母に、ナスは栄養がないんでしょって聞いたら、ナスはどんな料理の味にも合わせられる、仲良しの力があるって言ってたなぁ。今日は、なすの栄養と、効果や効能を紹介します。

スポンサードリンク

なすに栄養はない!?

なすに栄養はないって聞いてたけど、ホントなんでしょうか?さすがに栄養がないってことはないけど、他の野菜に比べると、確かに栄養価は高くありません。

が、ナスの特徴でもある、あの紫色。あれは、ナスニンと呼ばれる色素。赤ワインでおなじみの、ポリフェノールの一種でもあります。

このナスニンには強い抗酸化作用があり、コレステロールを下げ動脈硬化を防ぐ働きがあります。また、生体調節機能もありました。

スポンサードリンク

なすの効能 生体調節機能とは?

体調を整える、免疫の調整、病気予防、健康増進などの働きをもつ機能性成分を含み、文字通り身体の機能を調節する働きを指します。

では、なすの生体調節機能はどんなものがあるかというと、夏野菜にも共通する体を冷やす効果があります。

なすも、キュウリと同じく90%以上が水分です。冷たい水も夏にはたまりませんが、胡瓜や茄子を食べて賢く身体を冷やせれば、夏バテ知らずで夏を過ごせるかも。

茄子の効果、効能

効果効能なんて書くと薬みたいですが、茄子の効果効能で初めて知ったことがあったので、あなたにも紹介します。

茄子のヘタを黒焼きと言って、空気に触れさせずに焼き、炭になったものを細かく砕きます。この炭の粉で歯をみがくと、歯槽膿漏や知覚過敏に効果が期待できるようです。

あくまで、おばあちゃんの知恵袋的なもので科学的に証明はされていませんが、実際に効果があったという人もいました。

2013年06月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ