美味しいさんまの焼き方! 開きを使いこなそう!


秋の味覚の代表格さんま。さんまには、血液の流れを良くしたり、脳梗塞・心筋梗塞などの病気を予防する効果があるとされています。

また体内の悪玉コレステロールを減らしたり、脳細胞を活発化させて、頭の回転を良くする効果もあるとされる優秀な食材です。旬の季節だけでなく、年中食べたいですね。

「身体にいいのは分かるけど、焼くのが面倒…」という人も多いのでは。確かに、魚を一匹買って捌いて焼く…。

これって難しそうで敬遠しがち。そこで、料理初心者の方でもできる、開きを使ったさんまの焼き方をお教えしましょう。

スポンサードリンク

誰でも簡単調理! さんまの開き

魚を捌く。料理初心者にとって、かなり高いハードルです。まず、どこをどう切ったらいいのかも分からないし、生臭いし内臓とか気持ち悪いし、さわれない…

魚焼き専用のこんなフライパンもあるようです。音にやられます~♪

ご安心ください。魚売り場には、さんまの「開き」というものが売っているのです!

頭も内臓も取って、あとは焼くだけにしてくれている何とも親切な状態のさんまです。「開き」には、一夜干しなどの干物と、生の状態のものがあります。

どちらも、フライパンやグリルで、焼くだけで食べることができます。まずフライパンを使った焼き方のコツは以下の通り。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ