ピーナツに秘められた栄養 美容 効果


ピーナッツについてどんなイメージをお持ちですか? 歯触りと香ばしさのためお菓子などとの相性もよく、味については肯定的な意見を持たれる人が多いようです。

ピーナッツ健康

しかしそんなおいしさの反面カロリーの高さや、脂肪分の多さニキビができやすいことを気にして、ダイエット中には抵抗感を抱くのも事実ですよね。

マイナスイメージをもたれがちなピーナッツですが、私たちにとって体の健康を維持するのに貴重な栄養素を含んでいることをご存じですか。

またピーナッツには美容効果がある栄養素を多く含んでいることを知っていましたか。それではここでピーナッツの栄養素や美容効果について見てみましょう。

スポンサードリンク

ピーナッツに含まれる栄養

ピーナッにはビタミンB1やビタミンE・リノール酸・オレイン酸・食物繊維などなくてはならない数多くの栄養素が含まれています。これからそれらの栄養素について見ていきましょう。

まずはビタミンB1。こちらは一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える手助けをし、毎日元気に日常を過ごす手助けをしてくれます。

不足をして足りなくなると、食欲不振や疲労・肩こりを引き起こし元気がなくなってしまいます。

次にビタミンE。この栄養素は細胞を強くして動脈硬化を予防し、老化を防ぐ効果があり、さらに血流をよくして冷え性を改善する効果があります。

ビタミンEは自分で作りだすことができないため、食物などから効率よく摂取する必要があります。

またピーナッツに含まれる脂肪はリノール酸やオレイン酸といわれる善玉コレステロールで、悪玉コレストロールを減らし動脈硬化を防ぎます。

さらに便秘解消や肌荒れ防止に効果がある、女性にうれしい食物繊維も含まれているのです。

またナイアシンのように、肝臓内でたんぱく質や脂肪炭水化物の代謝を助け二日酔いを解消する栄養素。

渋皮に多く含まれており、がん予防にも効果があるレスベラトロールもふくまれています。

本当にピーナッツは栄養の宝庫ですね。

ここまで体の健康維持に必要な栄養素を、説明してきましたが次にピーナッツに含まれる美容効果の高い成分について説明します。

スポンサードリンク

ピーナッツの美容効果

ピーナッツには高い美容効果が期待できるものがあることをみなさんはご存知ですか。

ピーナッツにはビタミンEやリノール酸をはじめ、ビタミンCやコエンザイムQ10・ビタミンFが含まれます。

そしてなんと「美のビタミン」といわれているビタミンB2が多く含まれているのです。それではこれらの美容効果について見ていきましょう。

まずはビタミンC。日焼けによるしみを抑え、肌のみずみずしさを保つ作用があります。

つぎにビタミンEとコエンザイムQ10。抗酸化作用をもち、肌の老化を抑えてくれます。

リノール酸は抗酸化作用で肌の老化を防ぐ作用と、血液の老廃物を排除し美容成分が肌に行き届きやすくなります。

ビタミンFは血液の老廃物を取り除くだけではなく、皮膚の粘膜を活性化し肌にハリをもたせ、しみやニキビを改善することができます。そしてなんといってもビタミンB2。

ビタミンB2は肌や髪爪の新陳代謝を促し皮膚に潤いを与えるという効果があり、まさに若返りの栄養素なのです。

ピーナッツ 健康

実際私の母はかなりの高齢になりシミがとても増えてきて気にしていました。しかし化粧をしようとしても肌の張りもなく、化粧をしても浮いてしまい最近は化粧をするのをためらうようになってきました。

しかし先日ピーナッツが肌にいいということを友人から聞き、早速試してみることにしました。すると1か月後、化粧のりがよくなり本人もびっくり。

はりがでてきたのです。さらにシミが薄くなってきたため、化粧が逆にいらなくなってきました。

私も便秘がひどかったため積極的に摂取したところ、毎朝快調にお通じがあるようになり、吹き出物がほとんどできなくなりました。

ピーナッツの高い栄養と美容効果を取り込もう

ピーナッツの栄養価の高さと美容効果については、お分かりいただけたのではないでしょうか。それではどれくらい摂取すればいいのでしょうか?

ピーナッツは栄養価が高いですがカロリーも高く、目安としては一日20~30粒が、ちょうどいいといわれています。

摂取しすぎるとカロリーオーバーになりますので食べすぎには周囲してくださいね。

ピーナッツで上手に美容と健康を取り入れ、あなたも素敵な美魔女になってくださいね。

2015年05月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ