栗の栄養成分は?妊婦さんは食べても大丈夫なの??


秋の味覚の中から、今日はです。栗ごはん、栗おこわ、天津甘栗、栗の甘露煮。天津甘栗食べ始めたら、無くなるまで食べ続けちゃいますよね。

栗

栗ごはんもたまんないし、スイーツなら、やっぱりモンブラン。そういえば、実家の近くでは、栗拾いが楽しめる場所があったけど、東京の近くにもあるのかな?

今度調べてみよう。今日は、栗の栄養成分と、妊婦さんは食べても大丈夫か?を紹介します。栗拾いに行きたくなってきた♪

スポンサードリンク

栗の栄養成分は?

甘栗、美味しいですよね。食べ過ぎて太っちゃうよ?なんて言いながら、食べ続けるんですが・・。

野菜を食べるときって、健康になりそうな気がしますよね。それは、なんとなくでも、栄養があることを知っているからですよね。

栗って美味しいから、食べるって感じですよね。栗って、栄養ありそうだから食べてるって人見たことないです。では、栗の栄養成分を見ていきましょう。

スポンサードリンク

ビタミンB1

糖質をエネルギーに変え、神経の働きを調整しれくれる、ビタミンB1。なんだか力が出ないってときは、ビタミンB1が足りてないかも。

ビタミンB1は水に溶けやすいから、体の中でキープすることが出来ません。甘栗を食べるなら1度に沢山より、少しずつ毎日食べたほうが、ビタミンB1を採るには良さそうです。

ビタミンC

栗にビタミンCがあるって意外ですよね。ビタミンCと聞いただけで、口の中に唾液が出てくるけど、それはきっとレモンを想像してるよね。

レモンの酸っぱいのはクエン酸で、ビタミンCでは無いのであしからず。

カリウム

栗に含まれるカリウムは豊富。残暑が厳しくて、汗をかくと、汗とともにカリウムも出て行ってしまうから、そんな時は栗を。健康な人なら取り過ぎても、おしっこと一緒に出ていくから大丈夫。

葉酸

血液と関係の深い葉酸。人が成長するのに重要だけど、成人していれば、普段の食生活のなかで必要量は取れています。

栗を妊婦さんが食べても大丈夫なの??

先ほどの葉酸、食物繊維、カリウムなど、妊婦さんに必要な栄養素を沢山もっているので、妊婦さんが食べても問題はありませんが、美味しいので食べ過ぎに注意♪意外にカロリーあるからね。

葉酸については、妊婦さんになってからよりも、なる前が、本当は一番葉酸が必要な時だから、お腹が大きくなってきた時は、頑張って摂取しようとしなくても、大丈夫ですよ。

2013年07月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ