しらすで摂れる栄養とその効果を知りたい!美肌効果も!?


テレビのグルメ番組で、タレントが、鎌倉・江ノ島の生しらす丼を美味しそうに食べているシーンを見る度に、「よし!鎌倉に生しらす丼を食べに行くぞ!」と、私は心を遠い地へ飛ばします。

まだ生きているんじゃないの?と思う程、新鮮で、透き通ったしらすが、ごはんの上にこんもりと山になっています。もう、よだれが止まりません♪

しらす 栄養 効果 のコピー

しらすは一年を通して、太平洋の広い海域で穫られています。春と秋の2回、美味しい旬の時期を迎えます。

春しらすは、秋に比べると少し小さめですが、身が柔らかく、その食感が好まれています。秋しらすは、適度に脂がのって、最も美味しいとされています。

ご存知のとおり、しらすは魚を丸ごといただける為、カルシウムが豊富なのは分かりますが、では、他の栄養素はいったい、どの様なものなのでしょう?

今回は、しらすでどんな栄養が摂れるのか、そしてその効果、そもそもしらすって何なのか、などをご紹介していきますね。

スポンサードリンク

しらすにはどんな栄養があるの?え!美肌効果も?

ところでしらすって、イワシの稚魚だって知ってました? 2~5cmのものを「しらす」と呼び、成長に伴って、「ジャコ」「イワシ」と呼び名が変わってきます。

また、加工法によって、生のままのものを「生しらす」。さっと塩ゆでしたものを「釜揚げしらす」。これを天日で半干ししたものを「しらす干し」。しっかり干したものを「ちりめん」と呼びます。

生のまま、または茹でてから干して、海苔のような形状に乾燥させたものを「たたみいわし」と呼びます。

なんだか一口にしらすといっても、奥が深いのですね。

そんなしらすですが、なんといってもその魅力は、なかなか摂る事が難しいカルシウムを、骨ごとたっぷりと摂取できる!というところですね。

カルシウム

なんと小皿1杯、100gほどで、1日分のカルシウム、約500mgが摂れちゃいます。

カルシウムは吸収率の低い栄養素ですが、ご丁寧にしらすには、その吸収を促進するビタミンDも多く含まれているのです。

よく、しらすをポン酢醤油などと一緒にいただいたりしますが、柑橘類やお酢に含まれるクエン酸が、カルシウムの吸収を助けてくれるという、美味しい相乗効果を発揮します。

しかも、しらすの魅力はカルシウムだけじゃありませんよ!実はカルシウムの他にも、豊富な栄養素の宝庫なのです。

DHA・EPA

DHAは、脳細胞に働きかけ、記憶力の向上、認知症などの老化防止効果があります。また、人間の痩せるホルモンに働きかけ、中性脂肪や、体内の悪玉コレステロール値を下げる作用があります。

EPAは、コレステロール値を下げ、血液をサラサラに保ちます。高血圧や動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病を予防します。

ミネラル

しらすには天然のミネラルである、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレニウム、鉄、などが豊富に含まれています。疲労回復、ストレス緩和、風邪などの免疫力低下を予防します。

エラスチン

エラスチンは、コイルのようにコラーゲンに絡み付き、お肌のハリと弾力を維持するタンパク質で、皮膚の真皮や血管に存在します。お肌のエラスチンは、歳と共に減っていき、シワやたるみの原因となります。

メチオニン

メチオニンは、必須アミノ酸のひとつで、お肌の細胞を作るタンパク質、ケラチンを形成しています。

肝機能を高めたり、アレルギー、老化の症状を緩和する作用もありますが、体内で作る事ができないので、食事から摂ることが大切です。

スポンサードリンク

大根おろしとしらすの食べ合わせってNGなの?

しらすおろしにポン酢醤油をかけて〜美味しくて大好きです♪

しか〜し!!この絶妙な組み合わせ、栄養学的にはバツなのだとか。。もうショックで、この先どうやって生きてゆけば・・・

しらすには、体の成長や修復に重要な働きを担うリジンという栄養素が含まれています。このリジンは必須アミノ酸のひとつで、体内で作る事が出来ないため、食事から摂る必要があります。

しかし、大根に含まれる成分が、このリジンの吸収を阻害するというのです!あんなに美味しいのに。。

でもここで朗報!リジンの吸収を阻害する成分は、熱や酸に弱いのです。ポン酢醤油をかければ、問題解決ですね♪やはり、この美味しい食べ方は理にかなっていたのですね。ポン酢醤油、グッジョブ♪

しらす 栄養 効果2 のコピー
私は子供の頃、父の仕事の関係で、日本を転々としていたのですが、母の出身地である高知からよく、しらす干しやちりめんじゃこが送られてきていました。

私の楽しみは、そのしらすの群れの中から、異生物を見つけることでした。タコやイカ。ときどきカニ。たま〜にタツノオトシゴ♪

珍しい生物であればある程、テンション上がります!

そんな楽しみ方もあるしらすですが、お肌が気になる女性にも、カルシウムが必要な子供やご年配の方にも、そして離乳食に使うと、赤ちゃんにも、たくさん食べてもらいたい手軽な食材です。

私の「生しらす丼を食べよう!鎌倉への旅〜」は、いつになることやら・・・

2015年08月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ