白菜の栄養と効果♪鍋には白菜だけどどんな効能がある?


鍋のお供と言えば、白菜、春菊、マロニーと、この辺が揃っていれば、あとは肉でも魚でも大体なんとかなりますよね。

白菜

我が家では、マロニーは鍋には必須です。家族全員で、マロニー争奪戦が始まります。今日は冬の野菜、白菜にスポットを当てて白菜の栄養と効果を紹介します。

スポンサードリンク

白菜の栄養は?

白菜は淡色野菜と言う分類で、緑黄色野菜ではありません。そう聞くとなんだ栄養ないのか、なんて思いがちですが、冬場には貴重な野菜の白菜は、意外にもビタミンを筆頭に栄養がバランスよく入ってる。

白菜に含まれるビタミン群は、ビタミンB1、B2、Cの水に溶けやすい水溶性ビタミンと、脂に溶けやすい脂溶性のビタミン、A、D、E、U、など、

他には、ベータカロテン、トマトでお馴染みリコピンも、それからカリウムやカルシウム、聞きなれないところでは、ガラクタンや、エルゴステリンも白菜には入ってるよ。

スポンサードリンク

白菜の効果

白菜は、水溶性と脂溶性の栄養分があるから、炒めたり焼いたりすれば油に脂溶性のビタミンが溶けて、鍋にすれば水溶性のビタミンが鍋のだしに溶けだして、効率よく栄養を取ることが出来ます。その効果を。

水溶性ビタミンC
白菜を食べれば、風邪知らず。とまではいかないけど、免疫力アップの効果は期待できるし、お肌にハリを。

水溶性ビタミンB2
美容ビタミンの名を持つビタミンB2。冬になりやすい肌荒れを防ぐ効果。

ガラクタン
この聞きなれない、栄養は、植物繊維の一つ。ガラクタンも水溶性で、生活習慣病の予防効果と、もちろん植物繊維だから、消化を助ける効果もあります。

お鍋で白菜を食べる時は、この水溶性ビタミンは水に溶けて、お出汁の中に沢山いるから、白菜だけでなくスープも残さず飲みましょう。

脂溶性ビタミンU
ビタミンUは、キャベツにいっぱい入ってる、あれ。そうキャベジンです。胃腸の薬に入っているぐらいだから、お鍋とお酒の時は、意識して白菜をとれば、少しは2日酔いもましになるかも。

エルゴステリン
プロビタミンと言って、身体の中でビタミンになる、ちょっと変わったビタミン。エルゴステリンは紫外線に当たるとビタミンDに変化

脂溶性ビタミンD
骨や歯の成長を助ける効果があり、成長期の子供にはとっても大切なビタミン。

煮ても焼いても、栄養が採れる白菜をたくさん食べて、冬も元気に乗り切ろう♪

2013年07月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ