おでん 関西と関東 具の違いは?


まだまだ暑い日が続きますが、夏休みが終わるころには、コンビニに、おでんが出始めるかもしれませんね。

関東煮1

セブンイレブンのおでんは、地域によって出汁も具も違うようですね。今日は、そんなおでんの違い、おでんの具 関西と関東の違いを紹介します。

スポンサードリンク

関西で人気のおでんの具は?

そもそも関西では、おでんのことを関東炊き、または関東煮と呼びます。ですが、見た目はおでんそのものなのですが、良く見てみると関東のおでんと関東煮は、微妙に違うことに気付きます。まずは出汁の色。

関西のおでん、関東炊きの出汁の色は、関東のおでんに比べると、かなり薄く透き通っています。

お出汁と薄口しょうゆ、みりん、塩で味付けされていて、具材からの味もしみだして、ほんのりとした甘みを感じます。

コンビニで販売されているおでんは、関西風の味付けだとも言われていますが、大阪で食べたおでんのだし汁はもう少し色が薄かったような…。

スポンサードリンク

おでんの具 関西と関東の違い

おでんの具も、関東と関西では違うんです。関西のおでんに入っている定番の具は、コロと呼ばれるクジラの皮、タコ足、関東でも人気の高い牛筋串。

大根、こんにゃく、ゆで卵、ちくわよりも、これらの具の存在感が高い気がします。コロと牛筋ははずせないよぉ!おでんの具のランキング?コロが一番でしょ。

と関西人の友だちが、キッパリと言い切りました。コロを食べたのは初めてでしたが、確かに旨い。おでんの出汁が良く浸み込んでいて、口の中でジュワッっと。

ちくわぶ はんぺん

しかし、何か物足りない。何かが欠けている気がする。何だろう?そのおでんには、ちくわぶとはんぺんが入っていなかったのです。

おでんの具として、関西にはちくわぶが無い?ちくわぶと、はんぺんは?と聞いてみたら、友だちは「えっ?」という表情で私を見返しました。

どうやら、ちくわぶがどういうものかも知らない様子。小麦粉でできている筒状の食べ物で、おでんに入れて、もっちりとした食感で、美味しいヤツと説明したのですが「知らん」と言われてしまいました。

もう一つ、関東のおでんの具として定番のはんぺん。出汁がしみ込んだ、ふわふわの食感が、たまらなく好きなのですが、

関西では、はんぺんそのものを食べる機会が少ないようで、当然のことながら、おでんの具のランキングにも入っていないようです。

ちくわぶとはんぺんが入っていなければ、おでんじゃないっていうのは、どうやら私の思い込みだったようです。

今度東京に来たら、ちくわぶと、はんぺんが、入ったおでんをご馳走してあげるねと、友だちに約束しました。

2013年08月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ