さつまいもの栄養って幼児にも効果的♪


秋が深まってきましたね。秋にはおいしい食べ物がいっぱいありますがそんな中でもさつまいもを思い浮かべる方もきっといますよ。

石焼き芋の音やさつまいもを使用したお菓子など音や匂いで本当に食欲をそそる食べ物ですよね。

さつまいも

うちの子供達も、幼稚園の頃に毎年秋になるとさつまいも堀に行っていたためすっかり秋の食べ物と認識しています。

うちの子供たちはスイートポテトが大好きなのですが、みなさんのおうちではどのように食べることが多いですか?

大人から子供まで大好きなさつまいもなんですが、本当に栄養がたっぷりと含まれているんですよ。

そしてそのさつまいもの栄養なのですが、ぜひぜひ小さなお子様特に幼児に摂取してもらいたいんですよ。

え?なぜ幼児って思われる人も多いと思いますが、さつまいもの栄養こそが幼児向きなんですよ

それではこれからさつまいもの栄養について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

さつまいもの栄養

あの甘くておいしいさつまいもの中には多くの栄養が含まれているんですよ。

まずはたんぱく質。これは人間が生きていく上でなくてはならない栄養ですね。なんといって細胞にはたんぱく質が必要なのですから。

次にビタミンE、これは抗酸化作用があり動脈硬化を防いでくれます。また肌荒れを防いだりがん予防効果も期待出来るんですよ。

そしてビタミンC。これは肌荒れを予防し美容に効果があり、さらに風邪の予防にも効果があることはよく知られていますね。

さらに骨にいいカルシウムや摂取しすぎたナトリウムを排せつしてくれる効果があるカリウムなどが含まれているんですよ。

そしてさつまいもといって一番に浮かぶ栄養といえば食物繊維ですよね。この食物繊維ですがぜひ幼児に摂取してもらいたいのです。

乳児の頃はミルクや母乳を摂取して成長してきた赤ちゃんも幼児になってくるとそれだけでは足りなくなります。

成長に必要な栄養をミルクや母乳以外で摂取するようになってくるのですが、このころに目立つ症状と言えば、そう便秘

まだ消化吸収がうまくできなかったり量も食べられなかったりする幼児は便秘に悩まされることも多いですよね。

かといってあまり薬に頼るのはまだまだ小さい幼児だと心配ですよね。できれば使いたくないですよね。

この便秘に効果があるのが食物繊維なのですが、その食物繊維を摂取するのにさつまいもをぜひおすすめしたいのです♪

スポンサードリンク

さつまいもには食物繊維だけではなくヤラピンが含まれているんです。ヤラピンって聞いたことがありますか?

わたしも最近知ったのですが、さつまいもを切った時に出てくる乳白色の液がヤラピンなんですよ。

このヤラピンですが、整腸効果があり便を柔らかくしてくれる効果があるんです。便秘予防効果があるんですよ。

食物繊維とヤラピンの効果で便秘を予防してくれるんですよ。ぜひ便秘気味のお子様に食べさせてあげたいですね。

うちの娘も卒乳したとたん、ひどい便秘になってしましました。本当におなかがパンパンになっていて食欲も落ち辛そうでした。

でも小さな子供に薬を使うのが心配でおなかをマッサージをしたり、水分を多くとらせてみましたがあまり効果がありませんでした。

便秘に効くといわれている食物繊維を摂取すると効くのではと思い、食物繊維を含まれている食べ物を積極的に摂取させることにしてみました

ひじきなどいろいろ試してみましたが、さつまいもを食べさせてみたとたん今までおなかにため込んでいたものがすっきりと出始めたんです。

苦しそうであったおなかもすっきりして、食欲が戻ってきたんです。やっぱりさつまいもって便秘に効果的ですね。

さつまいも2

どうやって食べればいいの?

これだけ便秘に効果が期待出来るさつまいも、ぜひ効果的に摂取したいですよね。

ただこのヤラピンですが実は皮の近くに含まれているです。なので皮を捨てないでほしいのです。

ぜひぜひ、皮ごと摂取してくださね。そうすれば食物繊維とヤラピンのダブル効果を期待できますよ。

大人から小さな幼児まで上手にさつまいもを摂取してすっきり快適な生活をおくりましょうね。

2015年10月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ