里芋のカロリーって?ダイエットにも効果があるの?


里芋ってきくと、どのようなイメージをお持ちですか?メインの料理ではなく、煮物になんとなくはいっているというイメージをお持ちの方も多いですよね。

またイモ類のため、カロリーが高いのでは?と食べるのを敬遠されている方もいらっしゃるのでは?

さといも ダイエット1

いえいえ、そんなことはないんです!里芋はそんなにカロリーは高くないんです。それどころか、ダイエットに効果的でダイエット中の方にこそ、ぜひともとってもらいたい食材なんですよ。

えー?ほんと?って思っていている方もこの記事をみたら、きっと里芋のファンになりますよ。

それでは、これから里芋のカロリー、そしてダイエット効果について紹介します。必見ですよ♪

スポンサードリンク

里芋のカロリーって?

里芋はイモ類のため、食べると太るのではないかと、以前の私はそう思っていました。

でもそんなことはないんですよ。里芋のカロリーを知っていますか?

里芋のカロリーは100g当たり58㎉、Mサイズの里芋がだいたい40gですが、そのカロリーが23㎉程度なんです。

里芋は、さつまいもやジャガイモなどの他のイモ類に比べて低カロリーなんですよ。

なのでたくさん食べても他のイモ類に比べて太りにくいんです。カロリーを気にせず安心して食べたいですね。

ダイエットに効果的な成分は?

里芋が低カロリーなのは、わかりましたよね。でも里芋はそれだけではないんですよ♪

里芋には、ダイエットに効果的な栄養素がたくさん含まれているんですよ。

まずは食物繊維、これは排せつを促しコレステロールや体にとって不要な毒素などを体外に出してくれます。

次にガラクタン、これは消化を促進し、整腸作用があるため食物繊維と同じく便秘を解消してくれます。

このガラクタン、脳細胞を活性化し、痴ほう症の予防や免疫活性化の効果があり、風邪予防やガン予防にも効果があるといわれているんです。

そしてビタミンB1、これは糖質を分解してくれる効果があり、ダイエットはなくてはならない栄養ですよ。

さらにムチンはたんぱく質の消化吸収を助けてくれる効果があるので、ダイエット中にも疲れにくい体を維持できますよ。

そのほかにも、多くのカリウムが含まれているため体に不要な塩分を外に排せつしてくれるため高血圧を予防してくれますよ。

本当に、里芋ってダイエットに効果的な栄養が多く含まれているんですね♪

私もイモが大好き♪でもやはり太るイメージがあり、あまり摂取しないようにしてきました。

でも母から、里芋は栄養価が高くカロリーも低いためダイエットに効果があることを聞き、それならばと積極的に摂取してみました。

すると、便秘気味で苦しんでいた私と娘が、毎朝快便になってきたんですよ。パンパンだったおなかがすっきりとしてきたんです。

それだけではないんです。毎年冬になると風邪をひいてしまう我が家。順番に全員が咳をしてる状態が冬になると続いていました。

しかし、里芋を積極的に摂取したところ、その冬だれも風邪をひかなかったんですよ。

毎年インフルエンザの流行にのっていた息子も里芋摂取効果でインフルエンザを受け付けず。健康にもなくてはならない食材なんですよ。

スポンサードリンク

どのように食べればいい?ダイエットに効果的な食べ方とは?

これだけ栄養たっぷりでダイエットに効果的なさといも、ぜひとも積極的に摂取したいですよね。

それではどのように食べればいのでしょうか。それでは里芋の効果的な食べ方を見ていきたいと思います。

食べ合わせとしては、なんといってもこんにゃくがお勧めです。こんにゃくと一緒に食べると整腸作用と肥満予防効果が期待できますよ♪

さといも ダイエット2

また、昆布やみそと一緒に食べると、新陳代謝がアップし、これまたダイエット効果が期待できますよ。

ほかにも、ブロッコリーと一緒に食べると、美肌効果が期待できたり、エビと一緒に食べると脳活性化が期待できますよ。上手に食べ合わせてくださいね。

里芋の選び方ですが、購入する際には泥がついていて湿っていいるものがおすすめです。

さらに縞模様がくっきりしているものや、ひびなどがないものがいいと思いますよ♪

そして保存する際には土がついたまま、新聞紙にくるんで冷暗所にほぞんすると新鮮な状態で保存できますよ。

ぜひとも購入する際や自宅で保存する際には気を付けてみてくださいね。

これからの季節、里芋を食べる機会が多くなると思います。ぜひとも積極的に摂取して上手にダイエットを成功させてくださいね。

2015年10月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ