緑茶に含まれるカフェインやカテキンって?身体に与える効果を一挙ご紹介♪


緑茶。仕事や家事の合間に、ちょっと一息つきたい時に飲まれる方も多いですよね~。

緑茶 カフェイン カテキン

よく身体によい効果があるとか、テレビや雑誌などで紹介されていますよね。

その体にとって良い効果をもたらすというのが、カフェインだとか、カテキンだとか、いろいろ聞いたりします。

似たような名前なのでややこしいですが、カフェインは苦味成分で、カテキンは渋味成分です。

そして緑茶には両方含まれていますが、コーヒーほどカフェインが多く含まれているイメージがありません。

これは、カテキンとカフェインが一緒に含まれることである効果を発揮できるからなんです。

両方とも、身体にとっては良い効果をたくさんもっているので、それを知らずに緑茶を飲むのはもったいないですよ!

そこで今回は、緑茶に含まれるカフェインやカテキンについて、身体に与える効果をご紹介します♪

スポンサードリンク

緑茶カテキンはカフェインの作用を抑えます

カフェインもカテキンも、名前はよく見たり聞いたりしますよね。

まずカフェインについてですが、緑茶にはもちろん、コーヒーや紅茶、コーラなどに含まれています。

コーヒーには種類にもよりますが1杯あたり約140mgのカフェインが含まれています。

これに対して緑茶ですが、玉露はそれよりも多く150mgもの量が含まれています。他の緑茶はそこまでではなく、約30mgです。

このように緑茶にもカフェインが多く含まれていますが、一緒に含まれているタンニンというカテキンがカフェインの作用を抑えてくれます。

そのため緑茶にもカフェインが多いのに、コーヒーが特にカフェインの多い飲み物だと言われてしまうというわけなんですね。

カフェインにはこんな良い効果もあります!

よく知られている話ですが、カフェインには覚醒作用があり、特に夜に摂りすぎると不眠症になりやすくなります。

ですが、これはあくまで摂りすぎた場合の話であって緑茶を毎日1杯飲む分にはまったく問題ありません。

むしろ、毎日緑茶を飲むことでこんなに良い効果があるので試してみてくださいね♪

カフェインを摂って勉強や仕事をするとはかどるようになり、成績アップや能率の向上がみられます。

また、気分転換したい時に緑茶を飲むとカフェインにより、気持ちも落ち着き疲労回復の効果があることが実験で証明されています。

最近はストレスを感じやすいことが多いので、イライラしやすいという方には特に、緑茶を飲む習慣をつけることをおすすめします♪

さらにカフェインには持久力をアップさせる効果もあるので、運動をよくされる方にもおすすめの成分です。

ただし、カフェインは高温でお茶を入れると量が少なくなってしまうので、緑茶は冷たいものを飲みましょう♪

スポンサードリンク

緑茶カテキンにもたくさんの効果が!

カフェインも身体にとって良い効果がありますが、カテキンにもたくさんの効果があるんです!

1つは、カテキンには抗菌作用があることです。この作用により、緑茶を飲むことで歯周病や虫歯を防ぐ効果があります。

それだけではなく、この作用は喉に対しても良く、緑茶でうがいをすることで風邪やインフルエンザの予防にもつながります。

緑茶 カテキン うがい

うがいだけでなく、1日に1~2杯飲む習慣をつけることでインフルエンザへの感染率が低くなるということも最近の研究で分かっています。

毎年流行する型は違いますが、どの場合であっても低くなるという結果がみられているので、おすすめの方法です♪

また、緑茶カテキンにはO-157や腸炎ビブリオなどの菌を殺菌する効果もあるので、食中毒の予防もできます。

緑茶を1日に約2杯飲むだけでこれだけの効果を得られるなんて、すごくお得ですよね!

飲む時間は空腹時では気持ち悪くなってしまうことがあるので、食後少したってからくらいがベストです♪


鉄分
が体内に吸収されにくくなるので食後すぐに飲むのは、おすすめできません。もちろん、寝る前の摂取も不眠につながるのでやめましょう。

効果を期待して飲むのであればやはり毎日少しずつ飲む方が良いので、まずは緑茶を飲む習慣をつけることをおすすめします♪

私もお茶はよく飲みますが、ほうじ茶や麦茶が多かったので緑茶を飲む習慣をつけてみようと思います。

2016年06月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ