キャベツって栄養ないの?気になる栄養と使い方のポイントをご紹介♪


健康な食生活に欠かせない野菜の中でも、一番身近な野菜といえばキャベツ。どこのご家庭にもキャベツは常備されているのでは?野菜炒めなどメインにもなるし、付け合せやサラダとしても幅広く使えます。
a8cb36f252b44008d0254e386dab49fa_s
ダイエットのためにキャベツを食べる例もありますよね。キャベツをたくさん食べて、食べ過ぎを予防してカロリーを抑えるというダイエット法です。

キャベツは低カロリーだから、たくさん食べても大丈夫というイメージは大きいですが、カロリーが低いということは栄養価も低いんでしょうか?

もし栄養がなかったとしたら、これは大問題です!キャベツは結構出番の多い野菜ですから、栄養もしっかり摂りたいですよね。

そこで今回は、キャベツは栄養ないのか、どんな栄養があってどんな使い方をすればいいのかについて、ご紹介いたします!

スポンサードリンク

キャベツって栄養ないのかな?低カロリーだけど大切な栄養はちゃんとある!

ダイエットにも活用されることの多いキャベツは、確かに低カロリーです。

キャベツ100gあたり 23kcal

ご飯だと100gあたり168kcal、食パン1枚(60g)158kcalですから、断然キャベツはカロリーが低いですね。

カロリーが低いのは、カロリーのもとになる炭水化物・たんぱく質・脂質をほとんど含まないからなんです。

ご飯やパンは炭水化物が多く、肉や魚などはたんぱく質が多いです。揚げ物や洋菓子には脂質が多くて高カロリー。じゃあ、キャベツを食べても意味がないの?大丈夫、ちゃんと体にいい栄養が含まれています!

キャベツの栄養

  • ビタミンC・・・美容やアンチエイジング、風邪予防など
  • ビタミンK・・・血液の凝固を促す、骨を作るのを助ける
  • ビタミンU・・・別名「キャベジン」胃や腸の潰瘍を予防する
  • 葉酸・・・赤血球を作るのを助ける、胎児が正常に育つのを助ける
  • カリウム・・・むくみを解消する、血圧を調整する
  • ジアスターゼ・・・消化を助ける

こんなにたくさんの栄養が含まれているんですね♪安心できますね~。

スポンサードリンク

カットキャベツは栄養ない?便利に使って栄養も摂れるかな

コンビニやスーパーでよく見かけるようになったカットキャベツ。もうせん切りになっていたり、さいの目にきってくれていたり、忙しい時にはとっても便利!だけど、心配なのは栄養・・・。

はい、これも心配ご無用!カット野菜の栄養がそれほど少なくないことは、きちんと研究結果がでています。例えば、ビタミンCは洗浄して殺菌処理をほどこしたとしても、大幅な減少はなかったんです。

おうちでふつうにキャベツを洗ってせん切りした場合と、カットキャベツとでは栄養には大差ないといえます。茹でる方が断然ビタミンCの減少は大きいんです。

これならカットキャベツも安心して使えますよね♪カットキャベツの何よりの利点は、手軽に使えること。野菜を食べるとなると、洗ったり、刻んだり手間がかかるけど、洗ってカットされててそのまま使える!

忙しい時や、野菜不足を手軽に解消したい時などにとても便利です。とくに料理の習慣がない方にとっては、調理の必要がないのでとても助かります。

毎日こまめにキャベツをとることで、野菜の摂取量も増えて健康的な食生活を送ることができますね。

調理の仕方でキャベツの栄養がなくなる?

キャベツのせん切りを食べて苦みを感じたことはありませんか?私、時々あるんですよね~。いつも通りに切ってるのに、どうして苦みが出たのか皆目見当もつかなかったんです。

今回調べてみて分かりました。手順がよくなかったんです!
a3935ed7b05b9869fe5365e56aebec4f_s

キャベツをせん切りしてから水にさらすと苦くなる

よく思い返すと、確かに刻んでから水をはったボウルにいれていました。まさかこれが原因だったなんて・・・。

刻むと細胞がたくさんこわれてしまって、水にさらすとそこからどんどん栄養分やうまみが逃げ出してしまいます。そのため、栄養分が減ったり、苦みを感じるようになります。

可能であれば、キャベツをよく洗ってからせん切りして使う方が栄養の損失を抑えて、おいしさも残すことができますよ。パリッとさせたい時は、冷たい水で数分さらすだけでOK!

ただ、大量にキャベツのせん切りを使うお店や大人数の来客の際などは、切ってから水さらしする場合もあります。すぐ食べなくてもキャベツの乾燥を防ぎ、シャキシャキ感を残すためです。

栄養面からみると、水さらしの時間は短めにしておくのがポイント。これからは私も、状況によって水さらしのタイミングを使い分けていきたいなと思います。

今回の記事で、キャベツが栄養ない?っていう心配が少しでも解消されるとうれしいです♪

2017年05月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ