枝豆の栄養と効能は?ダイエットには?


枝豆というとビールのつまみのイメージが強いですよね。私も子供のころ父のビールのつまみに用意された枝豆を一緒につまんでいた記憶があります。

親となった今では、子供と外食するとお子様ランチにちょこんと枝豆がのっていることも結構あり、子供も小さい頃から喜んで食べています。

枝豆

沢山の品種があるので現在は枝豆専用品種というものもあるそうですが、そもそも枝豆とは大豆が緑色の未熟な状態で収穫されたもので、収穫せずにそのまま育てると大豆になります。

今では冷凍のものが年中出回っているのでいつでも手軽に手に入りますが、初夏に旬を迎える夏野菜のひとつで、時期になるとスーパーに枝つきで売っているのをみかけることもあると思います。

また東日本でおなじみの「ずんだ」は枝豆をすりつぶしてペースト状にしたもので、砂糖を加えたずんだを使った「ずんだ餅」などもやさしい甘さでおいしいですよね。

とっても身近な食べ物ですが、枝豆の栄養や効能をどのくらい知っていますか?またちょっと気になる枝豆ダイエットについても詳しくなってみましょう!

スポンサードリンク

枝豆に含まれる栄養素とその効能は?

「畑の肉」といわれる大豆と同様に、良質のタンパク質を多く含み、ビタミンやミネラルなど豊富な栄養素が含まれ、豆と野菜の両方の栄養的特徴を持った栄養価が高い野菜と言えます。

メチオニン
枝豆のタンパク質に含まれるアミノ酸の一種で、ビタミンB1、B2、Cと共にアルコールの分解を促して肝機能の負担を軽くして、飲み過ぎや二日酔いを防止する効果があるとのこと。

ビールに枝豆」はただ合うだけではなく、栄養的視点で見ても相性のいい組み合わせにという事になります。

お酒を飲む機会の多い会社勤めのころに知っていたら、豆知識として披露しつつ、枝豆をつまみにいっぱい食べてたのになんて今更ながら考えたりしちゃいますよね。

●ビタミンB1(水溶性ビタミン)
糖質をエネルギーに変える時に使われるビタミンで、体内の疲労物質を燃焼する時にも必要とされるビタミンなので、栄養ドリンクなどにも入っているのでよく耳にする栄養素のひとつだと思います。

●ビタミンB2(水溶性ビタミン)
タンパク質や脂質、炭水化物をエネルギーに変える時に使われるビタミンで、目や口等の粘膜を正常に保ちます。

眼精疲労で目が充血しやすく、よくご飯を食べている時に間違って口の中を噛んでしまい口内炎になってしまう私にはありがたい栄養素なのです。

葉酸
ビタミンと名前にもつかず、私も妊娠して初めて意識して取るようになったのであまり聞きなれない栄養素かもしれませんが、水溶性ビタミンの一種です。

胎児の発育に不可欠な栄養素で妊娠中には不足しないよう注意しないといけないビタミンのひとつですが、貧血予防にも効果があります。

●ビタミンC(水溶性ビタミン)
CMなどの情報で日焼けによるシミを防ぐ効果があるのは知っているかと思いますが、コラーゲンの生成に使われたり、抗酸化作用で体内のタンパク質や脂質の酸化を防いだり、鉄分の吸収を助けてくれます。

●カリウム
体内の余分なナトリウムつまり塩分を排出してくれたり、利尿作用によりむくみを解消する効果があり、高血圧予防にもなります。常にむくみと戦っている私には欠かせない栄養素です。

●食物繊維
便秘な私は常に意識して取るようにしている食物繊維は腸をきれいにし、大腸がんや高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果があるといわれています。

●鉄分 
ほうれん草や小松菜よりも多くの鉄分が含まれていて、貧血予防に効果があります。不足しがちな栄養素のひとつで、女性や運動している人、妊娠期にはしっかり取りたい栄養素です。

他に、更年期障害を緩和するイソフラボン、高血圧や動脈硬化を防ぎダイエット効果もあるサポニンというポリフェノール群も豊富に含まれています。

スポンサードリンク

枝豆ダイエットは効果はあるの?

ただ枝豆を食べていれば痩せられるというものではなく、ダイエットにも効果がある豊富な栄養素を含む枝豆を間食がわりに食べたり、食事に取り入れたりするダイエットになります。

枝豆 栄養

枝豆は50g(25さやくらい)で70kcalほどなので、間食する習慣のある人は、おやつを枝豆に変えるだけでも摂取カロリーを減らすことができます。

また、豊富に含まれる食物繊維の効果により便秘を解消し、腸内環境を整え太りにくくなります。便秘な私は枝豆でお腹を壊したことはありませんが、通常は過剰摂取するとお腹がゆるくなってしまうので注意です。

食事に取り入れる時には、野菜サラダを枝豆に変えるのではカロリーは減らないので、肉類などのタンパク源を枝豆を使ったおかずに置き換えることによってカロリーや脂質を抑えましょう。

いつもの豆腐ハンバーグのひき肉の量を減らして枝豆入りの豆腐ハンバーグにしてみたり、すべてを枝豆にするのではなくこれに枝豆入れたら?とオリジナルメニューを楽しむのもありですよね。

毎食必ず摂取したらいいというタイプのダイエットでもないので、バランスの良い食事の中で、枝豆を積極的に取り入れていく中でダイエット効果を期待すると考えた方がいいと思います。

栄養価も高くおいしくて魅力的な枝豆ですが、尿酸値をあげてしまうプリン体も含まれているので食べすぎには注意が必要です。

2015年08月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ