銀杏の栄養と驚きの効能とは!夜尿症にも効果が?


秋が近づいてくると、公園や道で黄色く色づいた銀杏の木をみかけます。この銀杏の景色は、本当に輝いていて、とてもきれいですよね。

銀杏

この銀杏からできる、銀杏の実は、においが気になりますが、味はおいしいです♪

でも、この銀杏、みなさんはどのようなイメージをお持ちですか??お酒のおつまみ?、それとも、茶わん蒸しに入っている具材?

そうですよね。銀杏の栄養を意識して食べるというよりも、添えのイメージですよね。私もお恥ずかしい話、そうでした。。

でも、この銀杏、すばらしい栄養を含んでいるんです。それでは、銀杏のもつ栄養とその効能について、一緒に見て行きましょう♪

スポンサードリンク

銀杏の栄養と効能

銀杏って、メイン料理にはならない、添えのイメージが強いとおもうのですが、葉や実は、栄養の宝庫なんです!

まずは、銀杏の葉、これにには、フラボノイドやギンコライドは、動脈硬化の改善や、血糖値の正常化に効果があります。

この葉は、抗菌、防虫の効果もあり、本に挟んでおくと、防虫の効果があるんです!

そして、銀杏の実には、こんなに栄養が含まれています。それがこちら。

ビタミンAとビタミンC
美容と健康に欠かすことのできない、免疫力を高めます。

ビタミンCは、ビタミンEを含む食材と一緒に摂取すると、ビタミンCの抗酸化作用があがるんですよ。ぜひ一緒に摂取してくださいね。

ミネラル
カリウムやマグネシウムといった、骨を作るのに欠かすことのできないミネラルが豊富に含まれています。

青酸配糖体
銀杏には少しの青酸配糖体が含まれており、を鎮める効果があります。漢方としても扱われているんですよ♪

ポリフェノール
銀杏の皮には、ポリフェノールも含まれており、このポリフェノールは、抗酸化作用が強く、若返りの効果があります。

他にも、抗ガン作用や、高血圧予防効果があるといわれているんですよー。

銀杏って、ポリフェノールを含んでいて、美容にも、効果があるんですねー、本当にびっくりですよね!!!

銀杏って夜尿症にも効果的?

これだけすぐれた栄養を含む銀杏ですが、夜尿症の治療にも、効果があるといわれており、昔から、銀杏を食べて、夜尿を治していたほどです。

私の息子も、夜尿がなかなか治らず、治療をしようかどうしようか、かなり迷っていました。でも、に頼るのはちょっと怖かったんですよねー。

そんなときに、銀杏に夜尿に効果がある成分が含まれているということを聞き、昨年の秋に、銀杏を一日おきに、2粒ほどたべさせてみました。

すると、毎日あった夜尿が、徐々に減っていき、今ではほとんど、しなくなってきました!本当にすごいですよね。

私もとてもうれしかったのですが、息子本人が、一番喜びと、うれしさを感じていたようです。

本当に、銀杏って、食べてよし、使ってよしの、すごい効果があるですね♪

スポンサードリンク

銀杏の適量って?

それでは、どのくらいの量をたべればいいのでしょうか?みなさんは、銀杏の中毒について、聞いたことがありますか?

みなさんは、銀杏拾いをしているときに、手を赤くはらしたり、たくさん食べ過ぎて気分が悪くなったことはありませんか?

これは、銀杏には、メチルピルドキシンという中毒をひきおこす成分が含まれているんです

この、メチルピルドキシンは、神経に働き、ビタミンB6の働きを抑えてしまうため、痙攣や、鼻血、下痢を引き起こしてしまうことがあります。

この中毒症状、子供が、引き起こしやすいという話を聞くのですが、なぜでしょうか。

大人の場合は、肝臓で分解する力をもっているのですが、子供は、まだもっていないため、中毒を引き起こしやすいのです。

では、どのくらい食べればいいのでしょうか。よく、年の数より多く食べないほうがいい。どんなに食べても年の数までという話を聞きます。

銀杏 栄養

しかし、子供の消化分解能力を考えると、5粒以内には抑えたほうがいいですね。

夜尿に効くからぜひ食べさたいわーーということで、食べさせたい気持ちはよーくわかりますが、決して食べすぎないようにしてくださいね。

銀杏の食べ方

銀杏に、優れた栄養があることは、お分かりいただけたと思いますが、どのように食べるのがいいのでしょうか。

一番、知られているのが、茶わん蒸しの添えですが、これは、銀杏に不足しているたんぱく質や、ビタミンB2を卵が補ってくれるんです♪

栄養的にも、非常にすぐれた食べ方なんですよ♪

銀杏効果を上手に利用して、健康的に、銀杏効果を取り入れていれていきましょうね♪

2015年09月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ