さつまいもは便秘に逆効果!?食物繊維がカギを握っていた!


やーきいもー♪やきいも~♪な~んて、懐かしい感じがするのは私だけ??サツマイモが美味しい季節になりましたね!

秋から食卓をにぎわせるさつまいも。便秘対策に食べておられる方もいらっしゃることと思います。食物繊維が豊富で、便秘によさそう!と一番に思いつく食材ですね。
d0032abce150b6e401f8e614cb1f35af_s
私も子供たちが便秘気味の時、ふかし芋やお菓子にしてよく使います。ほんのり甘くて食べやすいので、喜んで食べてくれて、比較的お通じも良くなりました。

確かにさつまいもを食べると、消化器が活発になってるような。でも、中には逆に便秘がひどくなった!とういう声も聞かれます。

本当だったら大変です!!そこで、さつまいもが便秘に逆効果なのかどうかについて、ご紹介します♪

スポンサードリンク

さつまいもが便秘にいいと言われてる理由って?食物繊維とヤラピンの働き

さつまいもは、100gあたり2.3gの食物繊維を含んでいます。これって、実は少ない方なんです。食物繊維含有量だけで比較すれば、ゆでいんげん豆13.3g、おから11.5g、納豆6.7gなどの方が豊富です。

では、どうしてさつまいもが食物繊維豊かだと言われるのか・・・、それは1回に食べる量が多くなる傾向があるからです。焼き芋にしても、煮物にしても、1回に1個分ペロリ、食べちゃえますもんね。

そして、食物繊維と同じく便秘にいい成分が、さつまいもに含まれています。それは、ヤラピン

生のさつまいもを輪切りにすると、白いミルク状の汁が出てきますよね。これがヤラピンなんです。古くから緩下剤として使われてきました。

緩下作用とは、胃の粘膜を保護したり、腸の動きを促したりして、便をやわらかくする作用です。お通じが良くなるのはヤラピンの働きもあるんですね。

本当に逆効果!?カギは食物繊維の種類にある

こうしてみると、食物繊維もとれるし、ヤラピンも含まれているし、まさに便秘にいいことづくめ、のはず!

そこで、食物繊維についてもう少し詳しくみてみると、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。さつまいもの繊維の多くは、水に溶けにくい不溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違い
・水溶性・・・水に溶ける
       ペクチン、グルコマンナン、アルギン酸など
       腸内の余分な水分を吸収し、便を程よい固さにする
・不溶性・・・水に溶けにくい
       セルロース、キチン・キトサンなど
       腸内の水分を吸収し、便量を増やし、腸を刺激する

腸の動きが比較的保たれていれば、どちらの食物繊維でも効果的なんですが、便秘が続くと困ったことになります。

長い間、腸に便が留まっていると、水分をすいとられて、便がどんどんかたくなってしまっています。そこへ、不溶性食物繊維を摂ってしまうと、ますます便のカサが増えて、出にくくなってしまうんです!

そう、さつまいもは頑固な便秘のときには、かえって逆効果になってしまうんですね。

同じように、食物繊維を強化したシリアルやサプリメントの中には、不溶性食物繊維が多いと便秘が改善しにくくなります。

以前、便秘が続いている時、食物繊維強化のシリアルを食べていましたが、なかなか治りませんでした。なにもシリアルだけのせいではなかったと思いますが、今から思えば原因のひとつだったんですね。

スポンサードリンク

どうしたらいいの?さつまいもを上手に食べて便秘解消しよう♪

食物繊維がとれて、こんなに美味しいのに、便秘にはNG食材なの??でも、安心してください!ちゃんと活かせますよ!

便秘解消には、水分の取り方も大切なんです。水分をしっかりとれているか、これが意外とポイントです。朝起きたらまず1杯の水、便秘解消の話でよく聞きますよね。

水分をとると、腸を刺激することができますが、消化の過程で腸管を通る間に、多くの水分が吸収されてしまいます。便を適度な固さに保つには、最後の大腸・直腸まで、水分がある程度必要なんです。
135dd783f52ce93bc7b6b20fe6eee6ed_s
ですので、便秘解消にさつまいもをとりいれるなら、水分もしっかりとりましょう。そして、不溶性食物繊維が過剰にならないように、さつまいもを食べ過ぎないよう心がけたいですね。

また、便秘解消には運動も効果的です。寝る前や朝起きた時、ストレッチやなどプラスしてみてください♪これで、さつまいもを食べてお腹がはったり、便秘がひどくなったり、という心配はなくなります!

いかがでしたか?さつまいもが、便秘に逆効果なのかどうか、そこには食物繊維の種類と水分の取り方が関係していたのですね!ちなみに、さつまいもには美容効果のあるビタミンCも含まれています。

また、活性酸素を抑えるアントシアニンやビタミンEも含まれおり、アンチエイジングにも効果的です。便秘対策と美活、まさに一石二鳥のさつまいも♪上手に取り入れていきたいですね!

       
       

2016年01月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ