冷麺のカロリーとダイエットの関係♪レジスタントスターチの働きとは?


暑くなる季節、ちょっと食欲がなくなってきたな~というときに食べたくなる冷麺。さっぱりしてて食が進むし、具もいろいろ工夫できて、ヘルシーなイメージがありますよね。

9b80c4ca652eba9c10ec81417c27ca72_s

焼肉の〆にも、さっぱりしていて肉の脂っこさが流されていくようで、お腹がいっぱいと思いつつも、つい食べてしまいます。

一皿で手軽に食事がすませられるのも、魅力ですよね。ラーメンに比べたらカロリー低そうだし、栄養バランスもよさそうだし…暑いときの昼食にはちょうどいいんです。

でも実は、冷麺って結構カロリーが高いらしいんですよ!これはダイエット中の私にとっては、重大な情報です!ダイエットしている人は、冷麺を食べちゃいけないってこと??

冷麺ってどれくらいカロリーがあって、ダイエット中に食べちゃダメなの?カロリーを減らす工夫もお知らせします。

スポンサードリンク

冷麺のカロリーは意外と高くて太りやすい

冷麺って、具に野菜がのっていることが多いし、それほど脂っぽさも感じないので、あまりカロリーは高くないと思っていたけど、どれくらいなんでしょうか?

一般的な冷麺のカロリーは、500kcal程度なんです。これって、ラーメン1杯のカロリーとあまり変わらない!

冷麺の中身って、ほとんどが麺なんですよね。麺はジャガイモやサツマイモのでんぷんや小麦粉、そば粉でできていて、炭水化物なんです。

小麦粉などの炭水化物はGI値(血糖値の上がりやすさ)が高いと言われていて、急激に血糖値が上がることで、体内に脂肪がたまりやすくなって、太る原因に!

それに麺がメインのメニューなので、一食分の麺の量は結構多くなりがち。ごはん1膳分と比べるとカロリーは高めなんです。

さらに、冷麺って具もたくさん入れたくなるので、余計にカロリーが高くなってしまうんです。食べやすいからといって、たくさん食べるとカロリーオーバーしてしまうんですね。

ヘルシーだと思っていた冷麺が、カロリー高めなんて!のど越しもいいし、さっぱりしているので、ついつい食べ過ぎていたかも。焼肉の〆に食べられなくなっちゃいますね…

韓国冷麺と盛岡冷麺どっちがヘルシー?

ちなみに、冷麺には大きく分けて、韓国冷麺と盛岡冷麺の2種類があるんですよ。何が違うのかというと、麺の原料なんです。

韓国冷麺はそば粉が主な原料で、つなぎにでんぷんや小麦粉を使っているのですが、盛岡冷麺はそば粉ではなく、小麦粉が原料なんですよ。だから韓国冷麺の方が、色が濃い目なんですね。

カロリー自体は、どちらも500kcalとあまり変わりませんが、そば粉は小麦粉に比べてGI値が低めだし、ビタミンBやルチンなどの栄養素も含まれているので、韓国冷麺の方がヘルシーかも♪

ただし盛岡冷麺も、小麦粉の代わりに米粉を使ったり、こんにゃくを練りこんだりする工夫をしていることがあります。歯ごたえも韓国風よりあるので、かむ回数が増えて、食べ過ぎを防げる効果も♪

カロリーを意識するなら、冷麺の大半を占める麺の原料にも気を付けるといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

冷麺にもダイエットの効果が?レジスタントスターチって?

特に夏場は、一皿で栄養も取れて満足感もあるし、簡単に作れて便利なんですけど、ダイエット中に冷麺は食べちゃいけないんでしょうか?

実は、冷ごはんや冷麺などの冷たい炭水化物には、ダイエットを助けてくれるものが含まれているって最近話題になっているんです。それがレジスタントスターチ

レジスタントスターチは、消化されにくいでんぷんのことで、もともと多くの炭水化物に含まれているものなんです。それが、加熱した炭水化物を冷やすことで、量が増えるんですよ。

普通のでんぷんは、小腸できれいに消化されて体に吸収されるんですが、レジスタントスターチは消化されにくいので、食物繊維のように消化されずに体から排出されるんです。だから、

・消化されにくく肥満になりにくい 
・消化がゆっくりになるので血糖値が急激に上がりにくい 
・便秘が解消される   という効果が!!

ちなみに、レジスタントスターチは加熱された後、4~5℃程度の温度で冷やされるとできるんですって。冷蔵庫に入れるか、麺類なら氷水で冷やすと効果的♪

冷麺のように、一度茹でて冷やした麺は、ダイエットを助けてくれる働きがあるっていうことなんですね。これなら安心して食べられそう♪

ただし、冷たい麺は早く食べることができるので、満腹感を感じる前に量を食べ過ぎてしまうことも!

栄養的にダイエットに効果があるとは言っても、カロリーをとりすぎると太ってしまうのは当然ですよね。食べ過ぎは禁物!ですよ。

ダイエット中の冷麺の食べ方!カロリーを下げる工夫はこれ♪

適量ならダイエット中に冷麺を食べてもいいとわかってホッとしましたが、やっぱりダイエットを効果的にしようと思ったら、カロリーを下げる工夫をした方がいいですよね。

上手にカロリーカットしながら、満足感があってダイエットにも効果的な冷麺の工夫をご紹介します。

○麺を低カロリーのものと置き換える
冷麺のカロリーのほとんどは麺なので、こんにゃくが入ったダイエット麺を利用すれば、かなりのカロリーカットに♪

手に入らなければ、ところてんや糸こんにゃくでもOKです。歯ごたえがある方が、かむ回数が増えて満腹感を感じられます。

○腹持ちの良い具を選んで麺の量を減らす
冷麺はあっさり食べられるのがいい反面、腹持ちが悪くたくさん食べたくなるイメージがありますよね。

野菜を多めにすれば、ヘルシーだしカロリーも低いし、食べたときには満腹感もあるのですが、物足りなさを感じることも。少し肉等のタンパク質を加えることで、満足感もアップします。

c3f5710f47efbb4e1266657725e0b0c9_s

例えば豚の冷しゃぶや蒸し鶏を入れると、カロリーカットでき、ボリュームもアップして腹持ちも良くなります。焼肉などと一緒に食べる時は、麺の量を減らしても十分満足感がありますよ。

同じカロリーをとるなら、GI値の高い麺よりも、野菜などのビタミンや肉などのタンパク質を多く摂った方が、ダイエットには効果的なんですね。

○味付けはシンプルに
調味料もいろいろ入れると結構なカロリーに。油分が多いものより、できるだけあっさりしたものを選ぶようにしましょう。

お酢に豊富に含まれている酢酸やクエン酸は、腸内環境を整えたり、内臓脂肪を減らしたりする効果があるんです!キムチに含まれている唐辛子などの香辛料も、脂肪燃焼効果が♪

ただし、お酢や唐辛子には食欲を増進する効果もあるので、ついつい食べ過ぎてしまう原因になることも!食べる量をセーブする意識は必要ですね。

ちょっと工夫すれば、冷麺も立派なダイエット食になるんですね!この夏は、ダイエットしながら、冷麺を食べてヘルシーに乗り切りましょう♪

2016年06月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ