モロヘイヤの茹で方は電子レンジではどうするの?簡単調理の仕方はこれ♪


栄養豊富なことで知られているモロヘイヤ。最近ではお店でもよく販売されていますが、実は私、あまり自分では食べたことがなかったんです。

41ab378b6bb4c34bc35d4439b9e51a9f_s

でも栄養的には、βカロテンやビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カルシウム等が、ホウレンソウやニンジンといった栄養豊富な野菜よりも多く含まれているんですって!

これらの栄養素から、ガンや生活習慣病の予防や美肌・アンチエイジング、便秘解消などに効果があると言われているんですよ。

体にいい効果があって、くせも少なく食べやすいと聞いたら、ちょっと試してみたくなりますよね。

簡単に調理できたらもっといいなあ、と思っていたら、電子レンジで茹でることもできるらしいんですよ♪それなら簡単に食べられて便利ですよね!

モロヘイヤの茹で方って、電子レンジではどうするの?簡単にできる調理方法、お知らせします。

スポンサードリンク

モロヘイヤは調理前の下ごしらえが大事!

モロヘイヤはエジプトなどの中近東の地域が原産の野菜で、夏が旬なんですよ。主に葉の部分や柔らかい茎の部分を食べるんです。でも、食べるときには注意が必要なことが!

実は、モロヘイヤは種や果実、茎、若葉にが含まれていることがあるんです!家庭で栽培したものは毒が含まれているかの判断が難しいので、食べるのはしっかり育った葉だけにしましょう。

「モロヘイヤの茎には毒があるって本当?その注意点とは?」

ただし、店頭に野菜として販売されているものについては、事前に葉・茎・根ともに毒性がないことが確認されていますので、茎を食べても大丈夫ですよ♪

モロヘイヤの一般的な茹で方は、次の通りです。

  1. モロヘイヤを洗って、葉と柔らかい茎の部分に分ける。茎の硬い部分は切り落としておく。
  2. 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を入れる。
  3. 沸騰したお湯に、茎から投入する。40秒ほどしたら、葉も投入する。
  4. 茎は1分程度、葉は20秒程度茹でる。お湯から上げて冷水にとり、水をしっかり絞る。

モロヘイヤには、ホウレンソウと同じくシュウ酸が含まれていて、とりすぎると腎臓結石を起こすことがあるんです。加熱したら水にさらして、あく抜きを忘れずに!

お浸しなどはもちろん、炒める前にもさっと茹でてから調理すると、モロヘイヤの水分が油をはじいて、油の吸収を少なくしてくれるから、ダイエット中にはおススメ♪

また、加熱時間が長くなると、せっかくたくさん含まれているビタミンなどの栄養素が失われてしまいます。さっと茹でることで加熱時間を短縮できるので、栄養面でも効果的ですよ。

簡単便利!電子レンジでの茹で方

一度にたくさん食べるなら、お鍋で茹でるといいですが、薬味代わりに少しだけ使いたい時などは、電子レンジで簡単にできると、お湯を沸かす手間が省けていいですよね♪

洗って葉と茎に分けたら、電子レンジを使って次の手順で茹でてみましょう。

  1. 柔らかい茎の部分を耐熱容器に入れ、水と塩を入れ、ふたかラップをして電子レンジで1分加熱する。
  2. 葉の部分を加え、さらに電子レンジで1分30秒加熱する。
  3. 茹でたモロヘイヤを水にさらし、2~3回水を換えて冷ます。

加熱時間は目安なので、30秒ずつ様子を見ながら、お好みの固さになるように調整してみてくださいね。

これなら必要な分だけ茹でられて便利!洗い物も減るし、調理の手間も省けていいですね♪

スポンサードリンク

電子レンジの調理でシュウ酸は大丈夫?

モロヘイヤは電子レンジでも調理できることは分かりましたが、気になるのはシュウ酸ですよね…。

シュウ酸は茹でるとお湯に溶けるので、取り除くことができるのですが、電子レンジで調理しても取り除けるのでしょうか?

電子レンジで加熱した後は、茹でたときのようにシュウ酸が流出しやすい状態になっています。ですから何度か水を換えてさらすことで、シュウ酸を取り除くことができるんですよ!

それでも気になる方は、カルシウムを含む食品と一緒に食べると、体から排出されやすくなるんですって!乳製品や小魚などと組み合わせることで、より安心して食べられますね♪

モロヘイヤの選び方と保存の仕方は?

モロヘイヤは日持ちしにくい野菜で、鮮度が落ちると葉がしなびたり、茎の切り口が茶色に変色したりして固くなってしまい、栄養分も減ることに!

新鮮なモロヘイヤは、次のポイントで選びましょう。
・葉が濃い緑色で張りがあること
・葉の先が変色していないこと

生のまま保存するときは、湿らせたキッチンペーパーを茎に巻き、ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。1,2日で使い切るようにしましょう。

なるべく新鮮なうちに早めに茹でて、すぐに食べるのが一番ですが、食べきれない時には、茹でたものを冷凍保存することもできますよ♪

モロヘイヤを使ったおすすめ料理はこれ♪

モロヘイヤってあまりクセがないので、いろんな料理に使いやすいんです。おひたしや和え物、炒め物、お味噌汁、天ぷらなどがおススメ♪味付けも和・洋・中どんな料理にも合います。

b6ad45d444e5aacc5f74151ae8f0f6dc_s

細かく刻むとネバネバした食感に!だしや醤油、酢などで味付けして、そうめんや納豆、冷奴などの薬味にしてもおいしいですよ。ネバネバは夏バテ予防にもピッタリ♪

他にも、モロヘイヤは粉末にして使うこともできるんです。市販でも粉末のモロヘイヤはありますが、電子レンジを使えば、家でも簡単に粉末のモロヘイヤが作れます。

洗った葉をキッチンペーパーにのせて、乾燥するまで加熱しましょう。ビニール袋に入れて揉めば出来上がり♪フライの衣に混ぜたり、離乳食のとろみづけにも活用できますよ。保存もきくので便利!

電子レンジで調理すると、調理の手間が省けるだけでなく、料理の幅も広がりそうですよね♪私も電子レンジを上手に活用して、モロヘイヤ料理にいろいろチャレンジしてみようっと!

2016年06月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ