ぶどうの栄養♪皮にはレスベラトロールがっ!!


秋が深まってきましたね。この時期店頭で様々な果物を見かけるようになりましたね。

梨に柿、そしてこの時期売り場の面積をかなり占めるのがぶどうですよね。

ぶどう1

甘くてみずみずしいので大好きな方も多いのではないでしょうか。うちも家族全員大好きです。

でもこのぶどう、おいしいだけではないんですよ。実は栄養たっぷりなんです。

そして実だけではないんです。ぶどうにはにも豊富に栄養が含まれているんですよ。

それではこれから、ぶどうの実や皮にふくまれる栄養について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

え?ぶどうの皮ってそんなに栄養があるの?

ぶどうの実には多くの栄養がふくまれているんです。みなさんご存知ですか。

まずはエネルギー代謝に効果があるビタミンB1やビタミンB2。元気な日常生活を送るのに必要ですね。

次に抗酸化作用があり、動脈硬化や脳卒中予防効果が期待されるビタミンCやビタミンE。

ウイルスに対して強い殺菌作用が期待されているタウニンなどが含まれているんです。

さらに、利尿作用があり摂取しすぎたナトリウムを排せつし、血圧の安定化に効果があるとされているカリウムが含まれています。

そのほかにも脳の栄養となったり、すぐに体に吸収され効果的にエネルギーとなり疲労回復に効果が期待されるブドウ糖が含まれています。

そして近年注目されているポリフェノールが多く含まれているんですが、このポリフェノール、実よりも皮に多く含まれているんです。

まずはアントシアニンですが、これは視力回復効果について耳にしたことがある方も多いですよね。

でもアントシアニンは目にいいだけではないんですよ。動脈硬化や花粉症などのアレルギー症状の改善にも効果ありとされているんです。

そしてレスベラトロール。こちらはあまり聞きなれない方も多いのではないでしょうか。

このレスベラトロールはさきほどのアントシアニンと同じく、ポリフェノールの一種になります。

このレスベラトロール、皮に多く含まれているんですが、その効果がすごいんですよ。

まずは美容効果ですが、活性酸素を消してくれるためしみやしわを予防してくれるといわれているんです。若返りに効果があるとされてるんですよ。

そして健康効果ですが、まずは強い発がん抑制作用が期待されているんです。

さらに、認知症の予防や血糖値の安定にも効果があるとされているんですよ。すごいですよね。

ぶどう2

私もぶどうといえば実を食べるものというイメージが強く、家族全員をきれいにむいて食べていました。

しかし最近皮ごと食べることができるぶどうをお店で目にするようになってきましたよね。

そして皮に多くの栄養が含まれていることがわかり、家族みんなで皮ごとぶどうを食べることにしてみました。

するとまずは主人に変化が!毎日パソコン向かって仕事をしているため目薬が手放せない状態の主人の目。

そんな疲れ目の主人の目が、ぶどうを皮ごと食べるようになってから目薬がほとんどいらなくなってきたんです!

そしてすっかり私の顔にくっきりとでていたしみやしわも、ぶどうをごと食べるようになってから心なしか薄くなってきた気が!

本当にぶどうの皮ってすごい効果があるんですね♪これは摂取しないなんでもったいないですよね。

スポンサードリンク

どんなに食べてもいいの?

ぶどうを皮ごと食べたほうがいいのはおわかりいただけたのではないでしょうか。

かといって皮ごと食べて本当に大丈夫なの?お腹こわさない?って不安な方もきっといらっしゃいますよね。

確かに農薬などが心配な方も多いとおもいますが、ぶどうの皮を几帳面にむくのって日本人くらいだといわれてるんですよ。

でもやはり消化があまり良くないのは事実。食べ過ぎるとおなかの調子が悪くなることもあります。

それではどのくらい摂取するのがいいのでしょうか。皮ごと摂取する場合大粒なもので7~8粒がいいといわれています

小粒なものでも10粒くらいにするのがいいですね。そうすればおなかを壊さずに効果的に栄養を摂取できるのではないでしょうか。

ぶどうの皮を上手に摂取して、きれいで健康的な生活を送っていきたいですよね♪

2015年09月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ