唐辛子と鷹の爪の違いはコレ!赤唐辛子との関係は?


かなり暑くなってきましたが、唐辛子などを使った辛い料理が美味しいですよね♪

以前の記事では唐辛子と食欲の関係についてお話しました。辛味成分のカプサイシンが大きく関わっているのですよ。

また、スーパーなどには、比較的小容量の鷹の爪が並んでいて、いつでも買うことができます。

保存もききますし、付けダレや炒め物の味付けなど多くの料理に使えてとても便利です♪

唐辛子も鷹の爪も日頃何気なく使っていて、なかなか区別がつきにくいですよね。

そこで、唐辛子と鷹の爪にはどのような違いがあるの?鷹の爪や他の品種の特徴や辛さなどを見てみました。

スポンサードリンク

鷹の爪の特徴をチェック!唐辛子との違いは?

唐辛子は、少量加えただけでも味が引き締まりますよね。また、市販のコチュジャン・豆板醤・ラー油などの原材料に使われていることが多いです。

唐辛子は16世紀頃日本に伝来し、江戸時代には京都や江戸などで栽培されるようになりました。

気候への適応力が高く、世界各国で栽培されていて品種もとても多いです。

日本では、栃木県・東京都・兵庫県・福岡県・大分県などが主な生産地ですよ。

鷹の爪は、先端の部分が鷹の鉤(かぎ)爪のように見えることから、そう名付けられました。

唐辛子と鷹の爪は、同じものとして使われることもありますが、鷹の爪は、唐辛子の品種の1つなのですよ。

鷹の爪の特徴をチェックしてみたのがこちらです!

・唐辛子は大きく辛味種か甘味種に分かれ、鷹の爪は辛味種。日本で代表的な品種である

・唐辛子の中でも割と小さい(長さ約3cm~6cm)

・生の鷹の爪は主に9月~11月頃収穫される

・主に乾燥した状態で売られているので、長く保存できる。

・まるごと(さや状)か輪切りにしたのものが売られている

・鷹の爪は品種名なので、市販品では名称と原材料がともに唐辛子と表記されている

・粉末にしたものは一味唐辛子

・殺菌効果が高いので、食用以外に虫よけのために米びつに入れることもある

鷹の爪は辛いだけでなく、旨味成分も豊富なので、パスタ・きんぴら・漬物・麻婆豆腐などに加えると、味に深みが出るのですよ♪

スポンサードリンク

赤唐辛子と鷹の爪は同じ?辛くしたい時には?

お店では鷹の爪以外の赤い唐辛子をあまり見かけなく、鷹の爪=赤唐辛子と思う方もいらっしゃるはずです。

レシピ本の材料でも、赤唐辛子の輪切りや赤唐辛子1本などと表記されることが多いですよね。

しかし、赤唐辛子も多くの品種があり、鷹の爪はその一つです!

日本で栽培される主な赤唐辛子を簡単にチェックしてみました。

・鷹の爪…国内産の唐辛子の中では辛い方

・本鷹…鷹の爪の仲間で辛いがコクもある。大型な方

・八房…収穫量も比較的多く鷹の爪の代用品になることも。辛さは控えめのものが多い

・熊鷹…細長い形をしている。かなり辛い

・三鷹…鷹の爪と八房の交雑種。辛い方

唐辛子の辛さは品種による違いが大きいですが、同じ品種でも育てる土地によって辛さが違うそうですよ。

鷹の爪は、生の状態でも胎座(種に付いているワタのような部分)に辛味成分が多く含まれています。

乾燥することで、胎座の辛さが種などに広がるので、辛味を出したい時には種が多く入っている鷹の爪を使うのがおすすめです♪

輪切りのものをお使いで、あまり辛くしたくない場合は、種や胎座を取り除くなどして調節して下さいね。

鷹の爪でも青唐辛子の時期があるの?辛さは?

お話したように唐辛子は種類が多く、辛味の少ないピーマンやパプリカなども、ナス科トウガラシ属なので、唐辛子の仲間です!

また、ししとうなどの青唐辛子は、野菜売場で生の状態で比較的よく見かけますが、これも唐辛子の仲間ですよ。

青唐辛子は生の状態で使う事が多いです。赤唐辛子は生で使うこともありますが、乾燥して使うことが多いです。

しかし、たいていの唐辛子は未熟な時は緑色をしていて、完熟すると赤色になります。

収穫時期によって青唐辛子と赤唐辛子に分ける場合があり、赤唐辛子の代表格の鷹の爪も、緑色のうちに収穫すればそれは青唐辛子なのです。

また、鷹の爪のように成熟していくうちに辛くなっていく品種も多いです。

八房系の内藤とうがらしを栽培したこともありますが、辛いのが苦手な方は実が緑色のうちに収穫して下さいとアドバイスをいただきました!

一方、成熟していくうちに辛さが和らいでいく品種もありますよ。

今は、その地方に昔からある在来種が見直され、再び人気が高まっている品種も多いので、いろいろな唐辛子に出会って新たな良さを見つけたいと思います♪

2020年06月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪


こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check