麦茶でダイエットする方法は?血流やむくみの改善で痩せやすい体に!


毎日暑い日が続いていますね。暑い時に昔からよく飲まれていた麦茶。ノンカフェインで体に優しい麦茶は、老若男女問わず水分補給にピッタリな飲み物ですよね。

a81bf53a124915273cb275faac4bfc3f_s

我が家では毎日、多い時には朝晩2回も沸かして、冷蔵庫に常備しています。店でも多くの麦茶が品揃えされていますね。

夏の飲み物と思われがちですが、冬でも子どもたちには熱い緑茶よりも、飲みやすい常温の麦茶の方が好評で、スポーツの時などにもいいですよね。

そんな麦茶ですが、意外と知られていない、身体にとって良い効果があるんですよ。実は、ダイエットに効果があると言われているんです!

麦茶でダイエットをする方法は?効果的な飲み方や麦茶の驚きの効果をご紹介します♪

スポンサードリンク

ダイエットには水分補給が大事!

ダイエットをするには、まず水分を多めにとろう!というのはよく聞きますよね。これは、水を取ることで体の機能を健康に保ち、代謝を上げるのに効果があるからなんです。

運動した直後や、暑い時などに汗をかいた時には、体が水分不足になっていると意識して、水分補給をしますが、それ以外でも水分不足になっていると思われる状態があるんです。

・睡眠不足の時
・便秘気味の時
・ストレス過多の時
・アルコールやカフェインを多く摂った時
・体重・体脂肪率が減らない時

また、乾いた咳が出たり、鼻がつまったり、頭痛があったりするときには、水分不足の可能性がありますので、水分をとってみると症状がおさまることがありますよ。

ただし、何で水分をとってもいいわけではないんですね。ジュースなどの甘いものはカロリーが高いですし、カフェインを多く含むものは、利尿作用があるので、かえって体内の水分を減らすことに!

水を飲むのがいいのは分かっているけど、味もないし水ばかりをたくさん飲むのはつらい!という方も多いのではないでしょうか。

そんな時に代わりになるのが、麦茶なんです!麦茶は緑茶や烏龍茶などのようにカフェインを含まないので、胃に優しく、乳幼児や妊婦、高齢者の方も気軽に飲めるお茶なんです♪

麦茶ダイエットの方法♪飲む量やタイミングは?

麦茶は、体に水分を補給するのにいい飲み物なんですが、水と同じようにダイエットにも効果があるんですよ!

麦茶のカロリーは100mlあたり1kcalと、とっても低カロリー♪さらに亜鉛やカルシウムなどのミネラルも多く含まれているんですよ。

麦茶ダイエットの方法は、とっても簡単♪ジュースや牛乳など他の飲み物を飲む代わりに、麦茶を毎日1.5ℓ以上飲むといいんです。

次のような飲み方のポイントに気をつけると、より効果的ですよ♪

・1度にたくさん飲むよりも、1回量はコップに1杯にして、何度かに分けて飲みましょう。
・冷えたものを多く飲むと、代謝が上がりにくくなるので、常温か少し温めた状態で飲みましょう。
・冷え性の方は麦茶に生姜を少量加えて飲むことをおすすめします。生姜にも代謝を上げる効果があるので、冷え性の回復も期待できます。
・飲むのにおすすめの時間帯は、起きた直後と寝る前です。起きた直後に飲むことで便秘改善にもつながります。

でもこれって、水でも同じような効果が得られるのでは?実は麦茶にはダイエットを助けてくれる成分が含まれているんです♪

スポンサードリンク

麦茶ダイエットで効果を発揮するピラジンとGABAとは?

太りやすい方というのは、血流が悪くて冷え性だという人が多く、血流が悪いと代謝も悪いので太りやすい体質になるんです。

そこでご紹介したいのが麦茶に含まれるピラジンです。ピラジンは血流を改善させる効果をもっているため、麦茶を飲む習慣をつけると徐々に代謝が上がってくるんですよ!

代謝が上がると運動をした時はもちろん、何もしていない時でも体内ではエネルギーがより多く消費されるようになります。結果として、体重が落ちてダイエットしやすくなるというわけなんです♪

また、血流が悪いという方は手足などの末梢部分の冷えだけではなく、脳の血流も滞りがちです。脳の血流不足が続くと、なかなか集中することができず、勉強や仕事の効率が上がらないことに!

ここまで血流が滞りがちになってしまうと生活習慣病にもつながりますので、そうなる前に麦茶を飲む習慣をつけましょう。

ピラジン以外にも麦茶ダイエットに効果を発揮する成分があります。それはGABAです。以前、チョコレートに含まれているということで、話題になりましたよね。

このGABAですが、ピラジンと同じように血流を改善してくれるので、代謝を上げるきっかけとなるだけではなく、体内に溜まったコレステロールや中性脂肪を取り除く作用もあるんですよ!

それにより血流改善しつつ、体脂肪も減らして体重を落とせるのです。この作用は以前、農林水産省が研究された内容からもダイエット効果が証明されています。

3a095ccd9caac53735545cbf29ab066f_s

さらにGABAには、摂りすぎた塩分を排出して体内のナトリウムとカリウムの濃度のバランスを調える作用もあります。

塩分を摂りすぎると身体がむくみやすくなったりしますよね。つまり、GABAを摂ることでむくんだ身体を元に戻すこともできるんです♪

身体がむくむと体重が増えますが、麦茶を飲むことでむくみもとれて、結果的に体重が落ちます。

つまり、麦茶に含まれるピラジンとGABAが、血流を良くして代謝を上げ、むくみを取り除いてダイエットをしやすい体に整えてくれる、ということなんですね。

麦茶ダイエットと緑茶ダイエットはどう違うの?

最近特定保健用食品と言われるお茶に、緑茶などのカフェインを多く含むお茶がよく出回っていますね。

カフェインには脂肪分解酵素を活性化する効果があるので、緑茶を飲むことで直接的に脂肪を減らす効果があるんです。

しかし、カフェインは刺激が強く、胃に負担がかかりますし、子どもや妊婦、高齢者などには不向きなんです。

また利尿作用もあるので、体の水分を排出してかえって水分不足になることも!カフェインの摂りすぎや飲むタイミングには注意が必要なんです。

その点麦茶にはカフェインが含まれていないので、体に優しく続けられます。ただし、ダイエットといっても体質改善をするところから始まるので、結果が出るまでに時間がかかります。

ですが、代謝を上げて痩せるということは、リバウンドをしにくい体を作ることになるので、麦茶を使ったダイエットは、少しずつでも着実に痩せたい方には特におすすめです♪

冷え性で代謝が上がりにくい私にとって、麦茶ダイエットは救世主になるかも?!根気よく続けて、痩せやすい体を目指しましょう♪

2016年06月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ