酒粕で作られた甘酒の栄養は? レジスタントプロテインとは!


ここ最近は寒い季節が続いて、朝晩冷えますよね~。私も風邪をひいて何日か寝込んでしまいました。そんな時私は飲む点滴と言われている甘酒を飲むんです。

体が芯から温まってポカポカするし栄養価もたっぷりなので、風邪で体力が失われた時には効果テキメンなんですよ♪

甘酒1

さてそんな甘酒ですが、米麹で作った甘酒と酒粕で作った甘酒の2種類あります。それぞれの特徴は、米麹を煮詰めて作ったものは麹を糖に変えるので甘さは自然の甘さでアルコールは含みません。

酒粕で作ったものには甘さがないので砂糖を加えて作ります。酒粕自体にアルコールがあるのでアルコールを含む甘酒になります。

こう見ると自然の甘さだしアルコールも含んでないし米麹の甘酒にしか栄養がないんじゃないの?と思うかもしれません。ですがNO!NO! 酒粕の甘酒にだって栄養は十分含まれています!

酒粕の甘酒には米麹の甘酒とは異なった栄養成分が含まれちゃーんと体にいい効果が期待できるんです♪早速酒粕で作られた甘酒の栄養についてご紹介いたします!

スポンサードリンク

酒粕で作られた甘酒にはどんな栄養があるの?

酒粕で作られた甘酒ですが、まず酒粕自体の栄養素に注目します。酒粕の栄養素はまず不溶性食物繊維がたっぷり入っている事! そしてビタミンとたんぱく質は、米麹の数倍も含まれているんです。

もちろん米麹の甘酒にもブドウ糖や炭水化物が多く含まれていたり、ヘルシーだったりと良い面はありますが食物繊維ビタミンたんぱく質については酒粕の勝利です!

また酒粕には悪玉コレステロールを倒す働きがあります。そして善玉コレステロールを増やしてくれ、全体のコレステロールの値を下げてくれる作用があるんです。

さらに酒粕の中にはインスリンと同じように働く物質が含まれていて、インスリン不足によって起こる糖尿病などにも効果があります。

日本酒を絞った後に出た白い固形物である酒粕が、こんなにも体にいいと知って私酒粕を見直しました!でもその中でも優秀な栄養素があります。ヒントはたんぱく質です♪

スポンサードリンク

レジスタントプロテイン? なんか聞いたことがある!

はい! そのたんぱく質の中でも消化されにくく油を捕まえて、体の外まで運び出してくれるとっても優秀な栄養素ことレジスタントプロテインです!

油ものを食べても、消化吸収する前にレジスタントプロテインが油を捕まえてくれるので、悪玉コレステロールが減少します。

甘酒2

また便に脂質が含まれるのでお通じも快適になります。そして実はレジスタントプロテインは酒粕になったことで、その効果が発揮されるようになったんです!

お米から日本酒を作るときに、麹と酵母がお米に含まれるたんぱく質などを分解していく中、レジスタントプロテインは消化されにくいため酒粕の中に残り濃縮されているのです。

体の中で脂肪に変わりにくく、外に排出してくれてまたお通じの調子も良くしてくれるとなると、ダイエットや美容にもってこいの栄養成分ですね♪

酒粕は美肌にも効果的! シミ予防にも!

甘酒を飲んだら体にも良くてダイエットにもなって、さらに美肌にも? そんなうまい話あるんです♪その秘密は、米由来のスフィンゴ脂質にあるんです!

これよく聞くセラミドの成分です。化粧水とかボディソープとか、最近はセラミドが入っているものも多いですよね。

そのスフィンゴ脂質は肌の角質層の細胞同士をつなぎ合わせて、お肌の潤いを保ってくれます。

またシミの元となるメラニン色素のチロシナーゼの活性を、抑えてくれる効果もあるんです。そのため紫外線を浴びた時にシミができにくくなります。

またセラミド成分は保湿の効果もあり肌の潤いにも効果的です。酒粕には美白に良いビタミンBもたっぷり含んでいるので、保湿されて美白されてと肌に良い事ずくしなのです♪

おいしい甘酒を飲んで健康になってさらに美肌にもなるなんて、こんなに良い事はない! けど糖分もカロリーもあるので飲みすぎには気をつけて一日一杯程度にしてください。

また酒粕と米麹の甘酒どちらにも栄養はたっぷりですが、酒粕の甘酒には微量ながらアルコールも含まれているのでお子様や妊娠中の方は注意してくださいね。

酒粕には体を温める効果もあるのでまだまだ寒いこれからの季節私も飲み続けようと思います。

2015年02月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ