さつまいもの蒸し方で圧力鍋は使えるの?短時間で蒸す方法をご紹介♪


さつまいもといえば、秋になると食べたくなる食べ物の1つですよね。

焼いたりふかしたり、蒸したりなど様々な調理方法で食べることができる万能な食べ物ですよね。

日本だと鹿児島県で主に栽培されていて、その量は全国の約4割に相当するんです。

%e3%81%95%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%84%e3%82%82%e3%80%80%e8%92%b8%e3%81%97%e6%96%b9%e3%80%80%e5%9c%a7%e5%8a%9b%e9%8d%8b1

また、さつまいものスゴいところといえば、苗を植えれば実ができやすいということなんですよね。

言葉でも、「芋づる式」と言ったりしますが、まさにその通りで、少し広めの花壇や畑さえあれば、家庭でも育てられます。

そんなふうに、さつまいもは身近にある野菜の1つとも言えるのですが、いざ調理するとなると難しいこともあるんですよね。

いろいろ調べていて、なかでも特に知らない方が多いと感じたのが、圧力鍋を使った蒸し方です。

圧力鍋自体使い慣れなかったり、元々家になかったりということもあるので、仕方ないですよね。

そこで今回は、さつまいもの蒸し方で圧力鍋を使った方法について、時短レシピと合わせてご紹介します。

スポンサードリンク

圧力鍋を使ったさつまいもの蒸し方はコレ!

さつまいもは、どのように調理しても甘くて美味しく食べられますよね。

焼き芋にしたりふかし芋にしたりなど、いろいろな食べ方ができるので、私も大好きです。

調理法も様々ですが、さつまいもを蒸す時に圧力鍋が使えるのかどうかということを、よく耳にします。

答えはもちろん、さつまいもは圧力鍋で蒸すことができるんですよ♪

蒸すというと、電子レンジや蒸し器を使うことの方が、多いんですよね。

そのせいなのか、さつまいもと圧力鍋というと、なかなか結びつかないのでしょうね。

珍しい方法なのかもしれませんが、圧力鍋を使うとさつまいもは粘りが出て、よりしっとりとした仕上がりになるんですよ♪

想像するだけで美味しそうに感じますが、それだけではなく圧力鍋だと短い時間で蒸せるので、忙しい時にはぴったりですね。

ではここで、圧力鍋を使ったさつまいもの蒸し方をご紹介します。

1.さつまいもは水で洗って、皮などについている土を落としてきれいにします。
2.さつまいもを食べやすい大きさに切って、5分ほど水につけて、アクを抜きます。
3.圧力鍋に水とさつまいもを入れて、強火にして圧がかかるまでそのまま待ちます。
4.圧がかかったら、火加減を弱くして約5分蒸し、下がったら火を止めてそのまま置いておきます。

たったこれだけで、ふっくらホクホクのふかし芋ができるんですよ♪

鍋の大きさにもよりますが、時間も約30分ほどで出来上がるので、忙しい時でも試すことができますね。

スポンサードリンク

圧力鍋とシリコンスチーマーではどんな違いが?

さつまいもを蒸す時に、圧力鍋を使うことができるのは分かりましたよね。

ではこれがシリコンスチーマーだと、どのような違いがあるのかという話を耳にしたので、ご紹介します。

シリコンスチーマーは、シリコンで作られた容器で電子レンジで蒸す時に、使えるんですよね。

メーカーによっては値段の張るものもありますが、最近では100円ショップでも手に入るので、便利ですよね。

このシリコンスチーマーでさつまいもを蒸すことはもちろん、出来るんですよね。

ですが、私個人的にはあまりおすすめはできないです。というのも、シリコンスチーマーで蒸すと仕上がりが美味しくないんですよね。

水を容器に張れば、また違うのかもしれませんが、仕上がりがパサパサとした食感で、乾いたさつまいものようになってしまうんです。

圧力鍋で蒸すと、水分もさつまいもに行き届いているので、乾いたようにはなりませんよ。

圧力鍋より楽なのかもしれませんが、美味しいさつまいもを食べたいなら圧力鍋で蒸すことをオススメします。

電子レンジを使うとさつまいもは甘くない?

調理法で蒸すといえばきっと、電子レンジを真っ先に思い浮かべますよね。

そこで最後に、さつまいもは電子レンジに向いているのかどうかをご紹介します。

これは結論から言うと、さつまいもは電子レンジに入れると、甘味が落ちます。

%e3%81%95%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%84%e3%82%82%e3%80%80%e8%92%b8%e3%81%97%e6%96%b9%e3%80%80%e5%9c%a7%e5%8a%9b%e9%8d%8b2

理由は、さつまいもに含まれるでんぷんが糖になる前に、柔らかくなってしまうからなんですよね。

なので、さつまいもを蒸す時はやはり圧力鍋を使って、時間をかけた方がより甘く美味しくなるということなんですよね。

圧力鍋と聞くと、時間のかかりそうな方法のように聞こえますが、全然そのようなことはなく、時短したい時も使えます。

時間も短縮できて、かつ甘く美味しく仕上がるので、圧力鍋を使った蒸し方を、この秋にぜひお試しくださいね♪

2016年11月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ