コーヒーでダイエットは食後がいい?飲むタイミングと気になる効果をご紹介♪


忙しい毎日にほっと1杯のコーヒー、いいですよね♪いい香りとほろ苦いおいしさで、仕事や育児の疲れもしばしすっきりさせてくれます。
コーヒー1
コーヒーといえば、有名なのはカフェイン。眠気を覚ましたり、ちょっと気合を入れて勉強や仕事にとりかかりたい時に飲む方も多いと思います。

コーヒーは大人の飲み物だから飲まない方がいいとか、飲みすぎは体に毒だとか、どちからと言えばマイナスイメージも強かったのですが、最近は健康維持やダイエットにいいと言われるようになりました。

コーヒーを飲んでダイエットできるなんて、なんだか得した気分♪ところで、コーヒーって食後に飲むことが多いけどいいのかな?

そこで今回は、コーヒーでダイエットするには食後がいいのか?飲むタイミングと効果についてご紹介いたします♪

スポンサードリンク

食後にコーヒーを飲むとダイエットにいいの?

レストランやカフェでランチを頼むと、コーヒーなどのドリンクは「食事中にしますか?食後にしますか?」って聞かれますよね。私はたいてい食後にしてもらいます。

なんとなく食べてからゆっくり話しながらコーヒーを飲みたいな~と思うからなのですが・・・。

実はコレ、ダイエットには良いタイミングだったんです。

カフェインは摂取20~30分後に働き始める!

カフェインには、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化する作用があります。食事をして、食べた脂肪分が徐々に消化されていくわけですが、その間20~30分くらいかかるといわれています。

食後にコーヒーを飲むと、消化とともにカフェインの作用も徐々に働き始めて、脂肪分解をすすめてくれるわけなんですね~♪これはうれしい!

カフェインはその他にも・・・

  • 血行を促進、代謝をアップ
  • 利尿作用でむくみ解消、老廃物の排出

などの効果も期待できます。

脂肪分解はカフェインだけじゃない!コーヒーのクロロゲン酸

テレビのCMなどでも耳にするクロロゲン酸、これもコーヒーに多く含まれていて、抗酸化作用の高いポリフェノールの一種になります。

クロロゲン酸の働き・・・脂肪分解を促進

つまり、クロロゲン酸の働きによって脂肪の分解をすすめるので、体脂肪の蓄積を抑えることができるんです。ここでさらに、クロロゲン酸の作用を受けやすくするポイントがあります!

インスタントよりドリップがおススメ♪
クロロゲン酸はドリップコーヒーの方が多く含まれています。お時間に余裕があれば、ぜひドリップで♪また、カフェインもドリップの方が多めに含まれます。

また、飲むときの温度ですが、ダイエット中ならホットで飲むほうがおススメです。暑いとアイスコーヒーを飲みたくなりますが、体を冷やさない方が代謝がいいので、できればホットで飲みましょう。

ただし、アッツアツでなくても大丈夫です!クロロゲン酸はにあまり強くないので、80℃くらいでドリップするのがいいですよ~。また、豆にもこだわってみる場合は、深煎りより浅煎りの豆を選びましょう。

クロロゲン酸はダイエットとともに、脳血管系の病気の予防にもいいんです。血管を正常に保つ作用があるからなんです。

スポンサードリンク

食後以外のおススメなタイミングは?体調によって気を付けることは?

コーヒーを飲んでダイエットにも役立てる、何かとしんどいダイエット法が多い中では、ちょっととっつきやすい方法ですよね。ところで、コーヒーは食後に飲まなければいけないんでしょうか?
コーヒー2
いいえ、決してそんなことはありません。ポイントは、摂取後20~30分後に作用し始めるということ。つまり、代謝を上げてエネルギーの消費をぐんぐん上げるタイミングに合わせたいところ♪

コーヒーを飲むタイミング

  • 食後
  • 入浴前
  • 運動の20~30分前

いずれも代謝の上がる状態になるので、前もってコーヒーを飲んでおくとカフェインやクロロゲン酸の効果が期待できます。

貧血の場合や妊娠・授乳中などは、食後控えましょう。

カフェインは鉄分の吸収を妨げる作用もあります。もし、貧血気味の時には食後コーヒーを飲むのは控えましょう。妊娠中や授乳中にもふだんより多くの鉄分を必要とするので注意が必要です。

ここまで、コーヒーのダイエット効果や飲むタイミングについてお話してきました。様々な研究を重ねて、コーヒーによってダイエット効果が期待できることが分かってきています。

これらの効果は、コーヒーを飲んでいれば何をしても痩せられる、というものではありません。大切なのは、ふだんの食生活を整えること。ダイエットは健康に長続きさせるのが、一番の成功の秘訣です!

コーヒーなら香りでリラックスすることもできるし、ダイエットが辛くてもよい助けになること間違いなしですね。

ちなみに、ダイエット目的でのコーヒーは原則無糖です。飲み辛い時は、低カロリー甘味料や牛乳、豆乳を加えてくださいね。

2017年08月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ