甘酒にはどんな効能があるの?飲む時間はいつがいい?


健康に良い!と言われているものはたくさんありますが、その中でも最近注目され続けているのが、甘酒

私たちが子供の頃は、冬の飲み物というイメージでしたが、今は冷たい甘酒もあるほど、一年を通して飲まれているメジャーな飲み物となっています。
→→→ノンアルコール・無加糖の飲む点滴!安心の甘酒はコレ♪

※大人気で注文受付が一時休止中でしたが、受付が再開されました♪このページをブックマークしてお忘れなく♪

甘酒

最近は、スーパーにも色々な種類の甘酒が並んでいますよね。私は元々甘酒が好きなので、とっても嬉しいです♪


子供から大人まで誰でも飲める甘酒ですが、実は、たくさんの栄養価を含んでいて、とても身体にいい飲みものなんです!ここでは、甘酒の効能と、ニーズに適した飲む時間を紹介します!

スポンサードリンク

甘酒には美肌を作る効能がある!?

まず、甘酒には種類が2つあります。1つは、麹を発酵してつくったもの、もう1つは、酒粕に砂糖を加えたものです。

美を高く意識しているのであれば、麹を発酵してつくったものをオススメします!砂糖を加えていないのでカロリーが低く、発酵によっての自然の甘みを味わうことができますよ。

この酒粕や、麹には美肌成分であるコウジ酸というものが含まれていて、美肌に効果があると言われています!

コウジ酸にはシミの発生原因となる、メラミンを生まれだすことを抑制してくれる作用があるのです。

それによってシミやくすみを防いでくれるのです。暑い夏に焼けた肌を、この冬の時期によく見てみると、シミができていたりしますよね。

シミを取り除くことはできませんが、次の夏にシミができにくくなるように、甘酒を飲んでみるのはいかがでしょうか。

→→→モンドセレクション受賞の老舗酒蔵の甘酒ならコレ♪

※大人気で注文受付が一時休止中でしたが、受付が再開されました♪このページをブックマークしてお忘れなく♪

そして、肌の悩みといえば乾燥!その悩みも、甘酒が解決してくれるかもしれません。甘酒にはビタミンB2が多く含まれているので、皮膚を活性化させ肌の保湿をしてくれるのです。

飲むだけでもいいですし、直接肌に塗るのも効果があると言われています。しかし、甘酒も飲めば飲んだだけ効果があるというわけではありません。

1日200㎜、コップ1杯で大丈夫です♪コップ1杯で、美肌を獲得できたらいいですよね!

スポンサードリンク

甘酒が疲れ切った身体をサポートしてくれる?

甘酒には別名があり、”飲む点滴”といわれています。消化の吸収を助けてくれる消化酵素と、エネルギーに転換してくれるビタミンB群が豊富に含まれていることで、体力回復に優れているとされています。

風邪をひいた時、食事から摂取した栄養を効率よくエネルギーに変換してくれ、身体の回復の手助けをしてくれます。

→→→ノンアルコール・無加糖の飲む点滴!安心の甘酒はコレ♪

※大人気で注文受付が一時休止中でしたが、受付が再開されました♪このページをブックマークしてお忘れなく♪


風邪の病原菌を、やっつけてくれるというわけではありませんが、身体が辛い中、頑張って食べた食事をエネルギーに変換しようと、甘酒も頑張ってくれるのです。

夏には、夏バテ。出産後の産後疲れ。身体の不調に全力でサポートしてくれる、甘酒。ぜひ味方につけたいものですよね♪

甘酒2

甘酒でお腹スッキリ!腸もキレイにしてくれる?!

まだまだ、甘酒の効能はとどまることを知りません!今度は、甘酒で今流行りの腸美人になりませんか?

便秘をしない腸には不可欠な、食物繊維とオリゴ糖!この2つも、甘酒に含まれているのです!麹に由来する食物繊維とオリゴ糖が、腸内環境を整えてくれます。

下剤を飲まなければならないくらいの便秘の方でも、甘酒を飲む習慣をつけて、毎日スッキリとした気持ちで過ごしたいですよね。また、甘酒はノンアルコールですので、妊婦さんにもオススメです!

妊娠後期には、お腹が大きくなればなるほど便通の調子も悪くなって、妊娠前は便秘とは無縁だったのに、妊娠を機に下剤にお世話にならなければいけなくなった、そんな方も多いかと思います。

でも、ただでさえ妊娠中は薬は避けたいのにも関わらず、今まで縁のなかった便秘のせいで下剤を飲みトイレで苦しみ、、そんな苦痛を甘酒で取り除いてしまいましょう。

甘酒を飲むのに良い時間は?いつでもいいの?

甘酒を飲む時間は、どのような効果を求めているかによっても異なってきます。

先ほど書いたように、甘酒は、身体を動かすエネルギーを作ってくれますので、朝に飲めば、エネルギーチャージができ、今日も1日頑張ろう!と背中を押してくれるものになります。

はたまた、1日の疲れを温かい甘酒で癒したいなという方は、夜に飲むと体力回復をサポートしてくれるのです。その日その日で、自分の体調に合わせて、甘酒のサポートを受けてみるのもいいですね。

2015年01月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

“甘酒にはどんな効能があるの?飲む時間はいつがいい?” への2件のフィードバック

  1. 松本良一 (1 comments) より:

    甘酒の効用が多々紹介され、甘酒メーカーと米麹で作っております。

    保存方法で困惑しています。

    説明書では1煮たちさせて、冷蔵庫で保存。

    他の説明では60℃以上で麹菌は死滅するから栄養価は無くなる。
    暖かくして飲む甘酒はダメ。との事。

    造った甘酒はその日のうちに全部飲めません。

    ????????どうしたらいいのやら

    • ugougo (14 comments) より:

      コメントありがとうございます。
      甘酒メーカーを持ってらっしゃるんですね!羨ましいです♪

      ご質問頂いた保存方法ですが、仰る通り、1煮たちさせて冷蔵庫保存だと、1ヶ月ほどもちます。
      ですが、煮たたせることで麹菌が死滅してしまうのも事実です。

      そこで、米麹の甘酒は、作ってすぐの冷凍保存をおすすめします。
      飲む時には、冷蔵庫でじっくり解凍すれば、休んでた麹菌も復活します。

      今後、甘酒の保存についての記事も書いていこうと思います。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ