トウモロコシのカロリーってどうなの?ダイエット中だけど食べちゃって平気?


夏の風物詩、夏祭り。香ばしく、美味しそうな香りに誘われて屋台の間を歩いていくと、こんがりと焼かれているトウモロコシが・・・もう、買うしかない!

73eb04b04b26d00a3d9536adb7dc0b7e_s

スーパーでも房付きのトウモロコシを見かけると、つい買ってしまいます。茹でたてのトウモロコシにかぶりつくと、プチプチっとした食感が口の中に広がりますよね。

そんな、誰もが大好きなトウモロコシですが、甘くて美味しいだけに、食べ過ぎてしまうことも!女性にとってはそのカロリーが気になるところです。

トウモロコシって野菜かと思いきや、分類はイネ科で、米、麦と並ぶ世界三大穀類といわれています。国によっては主食としている地域も多くみられます。

トルティーヤやコーンフレークなどの加工品として使われることも多いですよね。米や小麦と同じように、やっぱりダイエット中は制限した方がいいんでしょうか?

トウモロコシのカロリーについて、ダイエット中の女性が気になる情報を、掘り下げていってみたいと思います。

スポンサードリンク

トウモロコシってカロリー高いの?

よくスーパーで見かける、中ぐらいのトウモロコシ1本のカロリーは、茹でた状態の可食部で、約150~200kcalです。

茹でることにより、トウモロコシの甘みは格段と増し、重量も増えることから、カロリーもグンッと跳ね上がるイメージがありますが、その数値は大幅なものではなく、心配する必要はありません。

日本人の主食である、ごはん、食パンと、それぞれ100g当たりのカロリーを、比較してみましょう。

ごはん    100g ⇨ 168 kcal
食パン    100g ⇨ 264 kcal
トウモロコシ 100g ⇨92 kcal

ごはんや食パンと比べると、意外にも、思ったほど高カロリーではないことがお分かり頂けたと思います。

トウモロコシの主成分は炭水化物!ダイエットには不向き?

最近注目されている「低糖質ダイエット」。糖質を摂る代わりに、タンパク質や脂質を摂ることで、血糖値が急激に上がることを防ぐダイエットですよね。

血糖値が急激に上がると、体で糖が消費しきれずに、脂肪としてため込んでしまうため、太ることにつながるといわれているんです。

ただし、糖質は筋肉や脳のエネルギー源なので、全くとらないと集中力に欠けたり、体がだるくなったりするんです。だから、上手に糖質を摂ることが必要なんですね。

トウモロコシの主成分は、甘〜いことからも分かるように炭水化物 (糖質)です。これってやっぱり、トウモロコシはダイエットには不向きということなのでは?

糖質には、単糖類(ブドウ糖など)、二糖類(オリゴ糖、乳糖、麦芽糖など)、多糖類(でんぷん、グリコーゲンなど)の3種類があり、吸収されやすいと急激に血糖値が上がります。

トウモロコシの炭水化物はその内の、多糖類に分類されます。トウモロコシに多く含まれるでんぷんが消化されるとき、麦芽糖(二糖類)に分解され、その後ブドウ糖(単糖類)に変わって腸から吸収されます。

このように、トウモロコシの主成分である炭水化物(多糖類)は、ゆっくりと穏やかに腸に吸収されるという特徴を持つため、急激に血糖値が上がることがないんです。

血糖値の上がりやすさを表す数値にGI値というものがありますが、精白米84や食パン91に比べると、トウモロコシのGI値は70とやや低めなんです。それゆえ太りにくい食材だと言えるでしょう。

スポンサードリンク

トウモロコシはダイエットをサポートする栄養がいっぱい♪

トウモロコシが太りにくい食材であることはお分かり頂けたと思いますが、ダイエットに向いている食材と言えるのでしょうか?

実はトウモロコシ、食物繊維の宝庫と呼ばれていて、その表皮に豊富に含まれる食物繊維は、コレステロールを対外に排出し、腸壁を刺激するので、肥満、便秘や大腸がんの予防効果が期待できます。

それでいて、食物繊維は、胃の中で膨らんで、満腹感を得られますので、食べ過ぎも防いでくれるんです。

他にも、貧血予防効果のある鉄分が多く含まれていますが、この鉄分は、脂肪を燃焼してくれる、リパーゼという酵素を活性化させる為に必要な、酸素の吸収を助けてくれるのです。

ダイエット以外にも、美肌やアンチエイジング、疲労回復やホルモンのバランスを整えるなどの効果のある、さまざまなビタミン群やミネラルを、バランスよく含んでいます。

ビタミンB群は、糖質を分解し、脂肪を燃焼させる作用もあります。血圧を下げる効果のあるカリウム、骨粗鬆症防止に欠かせないリン、動脈硬化予防に効果的なリノール酸が含まれています。

他にも貧血を予防する葉酸や血圧や血糖値を調整してくれるマグネシウム、抗酸化作用のあるβカロテンなどなど・・

炭水化物=太ってしまうんじゃないかと、つい遠慮してしまいがちなトウモロコシですが、バランス良く含まれた豊富な栄養素が、ダイエットを上手くサポートしてくれているのですね♪

ダイエットに効果的な食べ方はこれ!

茹でる、蒸す、焼く、レンジでチン、などいろいろな食べ方がありますが、ダイエット中でしたら、を使った調理は控えた方が良さそうです。

一般的な食べ方は、茹でてそのままかぶりつく、でしょうか?ただし、トウモロコシに含まれる栄養素は水溶性のものが多いので、栄養を上手にとりたいなら、茹でるよりも蒸す方がおススメです♪

電子レンジで調理するなら、ラップをして600Wで5分程度加熱するだけでOK!栄養も逃げないし、何より手軽なのがうれしいですね。

水煮缶や冷凍コーンを使えば、もっと手軽に料理にも活用できますよ。コーン粥やリゾットなどで、お米の代わりにコーンでかさ増しすれば、カロリーもダウンするし、色どりもきれいですね。

トウモロコシには必須アミノ酸が少ないため、肉や卵、乳製品、大豆などと一緒に摂ることで、より効果的に栄養を摂ることができます。コーンスープやオムレツなどもおススメ♪

e010b32537437215d90195dfa72c6ab0_s

そして、トウモロコシの実だけではなく、トウモロコシのひげにもダイエット効果があるんですよ!

トウモロコシのひげはめしべの花柱で、「南蛮毛」と呼ばれる生薬です。利尿作用がありむくみを改善。コレステロール値を下げる作用があり、こちらもダイエットに適していますね。

トウモロコシのひげ茶は、ダイエットティーとして、美容に関心の高い方にも愛飲されています。

このように、ダイエットにも効果があるトウモロコシですが、穀物の中ではカロリーやGI値が低めだとは言え、他の野菜などに比べると低いとは言えないんです。食べる量には気を付けてくださいね。

私には未だに忘れられないトウモロコシの味があります。子供の頃、家族旅行で北海道の札幌に行ったときに食べた、香ばしい「焼きもろこし」です。

大量に食べなければ、ダイエット中の方も大丈夫!今年の花火大会は、浴衣に焼きもろこし。日本の夏ですね〜♪

2015年08月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ