今注目の甘酒! 効果的な飲み方とは?


昔は甘酒と言ったらお正月♪なんてイメージしか、できなかったのですが、最近その甘酒がジワジワ来てます!

店頭には冷やし甘酒なんてのも並んでいるし、なんと甘酒の専門店まで出来ているんですよ。そして栄養たっぷりな甘酒は、飲む点滴なんて言われているんです!

甘酒

体にいいのはもちろんなのですが、女性に嬉しいお肌の美容にも効果的ですし、ダイエットにも向いていて、便秘解消にもなる、今かなり注目の飲み物なんです。

また冬の寒い時期には体もポカポカに温まりますし、今流行りの温活にぴったりですよね♪甘酒には、米麹で作ったものと、酒粕で作ったものがありますが、今回は米麹で作ったものを前提にお話ししますね。

では、甘酒の栄養を十分に摂れる甘酒の効果的な飲み方 をご紹介いたします。

スポンサードリンク

甘酒は風邪に効果的!?

風邪の症状である咳や鼻水を抑えるかというと、薬効成分があるわけではないので、間違いになります。

しかし免疫を高め風邪をひきにくくしたり、風邪をひいた時に消耗される体力の回復には、効果テキメンなのです。

甘酒をかけ合う、甘酒祭りがあるそうです。

その秘密は、こーんなにたくさんの栄養のおかげ! ブドウ糖を始め、アミノ酸・ビタミンB類・葉酸・食物繊維・オリゴ糖などの栄養素が豊富に含まれています。

上記の栄養分は点滴(栄養剤)にも使われている事から、飲む点滴と言われているのですね。あっ!でも風邪を治すためといって飲みすぎにはご注意を!

甘いものは消化するのに体力も使いますから、程々に♪江戸時代には、夏に行商さんが「甘~いあまざけ~」と言って、冷たい甘酒を売りに来るのが夏の風物詩だったんですって。

体力を消耗して夏バテしないようにと、現代の栄養ドリンクみたいなものだったんですね。現代にも屋台をひいて「甘酒~」って家の近くまで来てほしいなぁ。復活求む!

スポンサードリンク

甘酒を効果的に飲んで栄養を最大限に引き出す!

まず、甘酒を効果的に飲むには、どうすればいいでしょうか。

  1. いつ飲むの?
  2. 飲み方は?
  3. どのくらい飲んだらいい?

1.いつ飲むか?
私は朝飲むことをおすすめします。

夜に飲んでも体が温まっていいと思いますが、夜寝る前に甘いものを飲むと消化に時間もかかる、なんだか太りそうという罪悪感があるんですよね。そのため私は断然朝派なのです。

上述した甘酒の栄養分は、体を動かしたり頭を使ったりするエネルギーになるため、朝飲むと1日を元気に過ごすことが出来ます。

朝の栄養補給に甘酒はもってこい!なのです。基礎代謝もあがるので、私も朝飲むと体がすっきりして動きやすい気がします。

カップ甘酒

2.飲み方は?
温めた方がいいのか、冷たいままのほうがいいのか、という問題に関して言うと栄養分は変わりません。

もちろん作ってすぐの甘酒は新鮮かつ酵素も生きていて、市販のものよりは栄養分が多く効能的にも良いですね。

私たちが手軽に飲める市販の物は殺菌のため、煮沸していて酵素は死んでしまいます。冷たいまま飲んでも温めて飲んでも同じという事になります。

ただ代謝アップや体を温める効果を期待するのであれば、温めて飲んだ方がいいですね。

また「生姜汁」をいれるとさらに温まり、冷え性の改善にもなります。甘酒の味が苦手な人も生姜を入れると飲みやすくなりますよ。

3.どのくらい飲んだらいい?

これについては、1日マグカップ1杯が目安です。

栄養があるからといって、たくさん飲んでご飯も食べると、カロリーの摂りすぎになります。

栄養補給の他に甘酒を飲んで体にいい事は?

はい、あります! 女性に嬉しいことばかりです。まずは、お肌に良いことです。甘酒ですべすべの美肌になると言われています!

甘酒に含まれているビタミン、アミノ酸はもちろん、お肌にいいのですが、実は麹にはコウジ酸という美肌成分が含まれているんです。

甘酒で色白になれる! なんて噂も聞いたことがありますが、麹作りをしている人には、実際色白の人が多いそうです。

続いての嬉しい事は、ダイエット効果についてです。甘酒に含まれるビタミンB類は、脂質の代謝を促進してくれるので、脂肪が燃焼しやすくなるんです。

ついついしてしまう間食ですが、甘酒を飲むことで満腹感も得られるし、米麹の甘酒は低カロリーでヘルシー。そして、食物繊維やオリゴ糖で腸の働きも良くするので便秘解消には効果的なんです。

最後にリラックス効果についてですが、アミノ酸が精神を落ち着かせてくれる効果があり、疲れを癒してくれます。

栄養たっぷりで体に良いことづくしなので、私はこの良さを知ってから甘酒が手放せません♪

2014年12月


スポンサードリンク

今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

ツイートボタン

このページの先頭へ