カリフラワーの栄養と効果は? 肌荒れやダイエットにも良いその理由とは?


我が家で食べる頻度はそれほど多くはないですが、使い勝手が良い野菜の一つにカリフラワーがあります!

カリフラワーはにクセがなく、でも甘味があって食感も良いですよね~。比較的煮崩れしにくい所も魅力です。

カリフラワー4

私は、さっと茹でて温野菜サラダにすることが多いですが、炒め物にしたり、スープに入れたり何かと重宝していますよ♪

カリフラワーはつぼみがオレンジ色や紫色のものもありますが、白いものが多く、彩りを良くしてくれますよね。

カリフラワーは淡色野菜なので、あまり栄養がないのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかしビタミンやミネラルなど多くの種類の栄養が入っているので、期待できる効果も多いのですよ~。

そこで、カリフラワーの栄養と効果は?見た目以上に効果があるこの野菜について、詳しくご紹介していきます♪

スポンサードリンク

カリフラワーに含まれるビタミンCにはどんな効果がるの?ニキビの予防など美肌効果に注目!

カリフラワーは、多くのビタミンをバランス良く含んでいますが量的に多いのがビタミンC

生のカリフラワー100g中のビタミンC含量は81mgで、淡色野菜ではトップクラスに入る多さなんです!

この値はビタミンCが多いとされているレモン果汁やいちごよりも多いのですよ~。

そしてビタミンCの効果は美肌効果・風邪を防ぐ・ストレスを和らげるなどありますが、特に注目したいのは美肌効果!

シミやシワの予防にもなるんですよ。それは次のようなビタミンCの働きがあるからなんです。

メラニン色素の生成を抑えてくれる働き…シミの予防に

コラーゲンの生成を助ける働き…コラーゲンには肌のハリを維持する作用があるのでシワの予防に

これから日差しがきつくなるのでビタミンCが多いって魅力的!カリフラワーのは11月~3月ですが、比較的一年中出回っているので、夏でも食べれますよ。

そしてビタミンCは皮脂の過剰な分泌を抑えたり、炎症を軽くする効果もあるので、ニキビの予防や改善にも良いのです♪

またビタミンCは熱に弱いと言われていますが、カリフラワーのビタミンCは、加熱しても失われる量が少ないのが特徴!効率よく食べれますね。

スポンサードリンク

カリフラワーにはビタミンB群やカリウムなどダイエットにおすすめの栄養が盛り沢山♪

カリフラワーはビタミンB1・B2・B6そして葉酸などのビタミンB群が入っていて、特に葉酸は多く含まれているのですよ。

葉酸は貧血の予防に良いだけでなく、細胞の新陳代謝を良くする働きも。

そして、ビタミンB2とB6も美肌作りに関係が深い成分なので、ビタミンCとビタミンB群が豊富なカリフラワーは肌荒れの防止に良いのです♪

また、カリフラワーにはダイエットの効果も!?NYなどではカリフラワーダイエットが人気ですよね。

カリフラワーに程よく含まれているビタミンB1・B2・B6には、糖質や脂質をエネルギーに変える手助けをしたり、たんぱく質の代謝を助けたりする働きがあります。

さらに、生のカリフラワーは100gで26kcalと低カロリー!糖質も少ないので私も置き換えダイエットしようと試み中です。

茹でただけでは飽きそうなので、レシピを探してみました。カリフラワーのポタージュやグラタンなどが美味しそう♪

ところで、カリフラワーには何種類ものミネラルが入っていますが、中でもカリウムを多く含んでいます。

カリウムには血圧を下げる効果もありますが、むくみを防ぐのにも効果的。私は夏にむくみやすくなってしまい、体重がなかなか落ちません…。

むくみを解消することが効率よいダイエットに繋がっていくんですよね。

カリフラワー2

また、カリフラワーには飛びぬけて多い量ではありませんが、食物繊維も含まれています。不溶性食物繊維の割合が多いのが特徴。

食物繊維には便通をよくする働きがあるのですが、ダイエットに便秘は大敵ですもんね!私は特に夏場は便秘になりやすいので、試してみようと思います。

このように、ビタミンB・Cなどが肌荒れを防いだり、ダイエットに効果的だったりするので、カリフラワーはおすすめの野菜なのです!

カリフラワーの特有な成分と辛み成分にも注目♪

今まで有名なカリフラワーの栄養成分についてお話してきましたが、これから今注目の栄養成分2つをご紹介していきます。

1つ目はMATSという成分で、アブラナ科の植物に多く含まれているんです。

このMATSは抗酸化力が強くて、ガンの予防や血栓を防ぐ働きがあるのですよ。

そしてもう1つはカリフラワーの辛み成分でもある、アリルイソチオシアネート。こちらも、MATSと同様にガンや血栓を予防する効果が期待できます。

ざっとカリフラワーの栄養について見てきましたが、想像以上に働きがあるのに驚きました。もっとカリフラワーのレシピを増やしていけたらと思っています♪

2016年07月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ