いちごの栄養と効能ってすごい!風邪予防とダイエット効果も?


冬から春にかけて、いちごが青果売り場の多くの面積を占めてきますね。とよのか、とちおとめ、女峰と様々な種類が並び、どれもいい匂いがしています。

そのまま食べてもおいしいですし、デザートとして食べてもおいしいですけど、いちご狩りにでかけて自分でとったものをその場で食べるのもいいですね。

いちご

このとてもいい匂いをかもしだす、おいしいいちごですが、実はすごい栄養を秘めているんです。これを知ったら、いちごをすぐに食べたくなりますよ♪

それではこれから、いちごの栄養と効能についてお話します!!

スポンサードリンク

いちごに含まれるビタミンCの効果

いちごの栄養ってきくと、まず思い浮かべるのはビタミンCという方も多いですよね。ご存知の方も多いと思いますが、いちごには多くのビタミンCが含まれています。

いちごに含まれるビタミンCは、100g中50㎎~100㎎と、あのビタミンCを多く含まれているといわれているレモンよりも多くのビタミンCがふくまれているんですよ。

ビタミンCは、メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを予防してくれるのに役立ちます。また、コラーゲンの生成を促してくれるので、美肌効果が期待できますね。

ほかにも、ビタミンCは、風邪予防に非常に効果が高いんです♪冬にはもってこいですね。

毎年私たち家族は、冬のこの時期になると、誰か一人が風邪を持ちこんできた途端、次々と感染してしまうんです。冬中部屋中に響き渡るゴホゴホという音。

風邪薬が毎年手放せず、どうにかならないかなを思い悩んでいたのですが、そんな時、いちごに含まれるビタミンCは、非常に多いということをテレビで知りました。

ビタミンCは、風邪予防に効果があることは聞いたことがあったので、多くのビタミンCが含まれるいちごを積極的に摂取してみることにしました。

すると、この冬は、まだ誰も風邪をひいていないんです。あれだけ咳の大合唱になっていたのがウソのようです。

それだけではないんです。私の顔にできていたシミが、こころなしか薄くなってきた気がするんですよ。毎年冬になるとガサガサになっていた肌も、プルプルのままなんです。

もしかしたら、いちごをたくさん食べたおかげかも♪ますますいちごが大好きになってしまいました♪

ビタミンCだけじゃない?いちごに含まれる栄養とその効果は?

いちごに含まれる栄養は、このビタミンCだけではないんですよ。ほかにも私たちの体になくてはならない素晴らしい栄養が含まれているんです。

まずはアントシアニン。こちらは、ポリフェノールの一種で、眼精疲労や視力回復で知られていますが、体内の活性酸素を減らしてくれるため、ガン予防にも効果的!!

そしてペクチンですが、これはコレステロールの吸収を抑制し、血糖値の上昇を防いでくれる効果があります。生活習慣病予防にもってこいですね。

さらに、このペクチンですが、腸内の善玉菌を増やしてくれるため、大腸がんを防いでくれる効果も期待できるんです。

また、体内の余分な塩分を排出してくれるカリウムもふくまれているので、高血圧やむくみを予防してくれるんですよ。

まだまだありますよ。虫歯予防効果で知られているキシリトールや、脂肪燃焼や代謝を上げてくれるといわれているカルニチンも含まれているんですよ。

いちごにダイエット効果があるなんでおどろきですよね。美容と健康ためにもぜひとも積極的にたべていきたいですね。

スポンサードリンク

どうやって食べればいいの?

この栄養の宝庫のいちごですが、どのように摂取すればいいのでしょうか。

まず、赤く鮮やかに熟していて、へたがぴんとそり立っているものが、甘くておいしいといわれています。

ただ、傷みやすいので、できるだけ早く食べるようにしましょう。

いちご 栄養

食べる際に洗うと思うのですが、へたを取らずに洗うようにしてください。へたをとってしまうと、ビタミンCが流れ出てしまいます。

そして、ビタミンCはに弱いので、生で食べることをおすすめします。

おいしいいちごをいっぱい食べて、健康な生活を送っていきましょうね。

2016年02月


スポンサードリンク


今日何食べる?を応援してください♪

こちらも美味しい記事です♪

    

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ